青梅市議会議員 大勢待としあき

青梅市議会議員 大勢待利明(おおせまち としあき)の公式ブログです。

カテゴリ: 読書

67278072_2343980742349199_7216349500359573504_o
横浜への行き帰りの電車の中で
読んでみました。
マスコミ等でお見かけする
内田良先生の企画本です。
以下は、内容メモです。
---
『学校の部活動と働き方改革』より抜粋。

・給特法によって、公立学校の教員には残業代が出ない。
・教員の労働時間は限られているのに、子どもに対する教育内容の充実が優先されてきた。
→教員は、長時間労働になる。
・多くの教職員が過労死ラインを超えている。
→2016年「教員勤務調査」過労死ラインを超え、小学校33.4%、中学校57.7%。
・多くの教員が「忙しさ」と「やりがい」の両方を感じている。
・長時間労働の主な要因の1つが部活動。
・学校指導要領 第1章 総則によると
部活動は、教職課程外。教職員が必ずしも担わなくてよい。
・部活動指導を上手くできるかは、顧問の経験・専門知識により差異がある。
・教育免許取得の課程で、部活動指導方法を学ぶ機会は無し。

○外部委託の例
・杉並区…民間企業・団体の専門コーチが土日に部活動指導
・大阪市…一部の学校で部活動の民間委託
・岐阜県多治見市…平日17:00~と土日は、学校ではなく保護者や地域住民の下で活動を展開
・外部委託の費用の割合
→国:都道府県:区市町村 = 1:1:1 (1/3ずつ)

○教員の働き方改革の鍵
・トップダウンによる改革が必要
・労働時間の上限規制と業務の削減
・部活動等の外部委託

○具体策
・部活動の活動総量の規制
・学校閉鎖日の設置
・電話対応の時間帯の限定
・登下校指導を地域住民に任せる
・運動会・体育祭を半日にする。
・全国学力テストの廃止
・学校が担ってきた業務をゼロベースで見直す。
・教員の労働安全衛生の確保の上から断行していく。

『青梅再発見あの人この人』(大倉十彌也)
読んでみました。
大倉

話のネタにレジュメ作成。

以下、興味のある方だけどうぞ。...

----

「都市近代化の先達 中村信吾氏」

0 中村信吾氏
・青梅ガスの先代社長。もともとは染色業。大門あたり!?
・「青梅ガス株式会社」を立ち上げた
・都市基盤に欠かせない都市ガス事業に取り組む。
・現代のインフラ施設を民間主導で作り上げる。

1 青梅市の上水道は東京府下で一番
・根岸太助(青梅町長)の尽力で1928年(昭和3年)3月末に上水道工事を完了
・同年4月、東京府下で一番早く公共水道の給水を開始

2 「ガチャ万景気」と市制誕生
・戦後の物不足の中、青梅がいち早く取り組んだのが綿織物の「ふとん地」の生産
・町全体の産業を盛んにし、いわゆる「ガチャ万景気」と称される。
・夜具地を織る織機がガチャと動くたびに〇万円も稼げたと言う意味

3 初代青梅市長・中村来内氏は、中村信吾氏の岳父
・戦後の民主化政策の課題として、自治消防署の設置が求められた折、青梅町と隣接する調布村と霞村との三者が協同で消防署を設置
・消防署の設置が契機となり、町村合併の協議が進み、1951年(昭和26年)4月、東京都で五番目、三鷹市につぐ市として「東京都青梅市」が誕生
・合併時、青梅町最後の町長を務めていたのが、信吾氏の岳父の中村来内氏。青梅市の初代市長。

4 区画整理と新市街地
・合併による市制誕生1951年(昭和26年)で、町村時代には考えられなかった大規模な区画整理や水道のなかった地域への給水計画がたてられた。
・市立総合病院が建設され診療が始まったのは、1957年(昭和32年)の12月

5 将来のガス需要
・中村信吾氏は、青年実業家らしく、新規ガス事業への出資を地域の人々に呼びかける。
・伝統産業としての織物業が盛んであった青梅や長淵地区では、当時も石炭がひろく使用
・繊維関連の染色工場や紡績工場の石炭ボイラー用の煙突は、青梅の風景の一部。
・石炭に代わって、プロパンガスのボンベが、エ場のわきに並ぶさまは、見慣れない光景であった。

6 はるか遠い「都市ガス管」
・中村氏の苦労
・世界最大規模のガス会社「東京ガス」の配管は、当時、立川市までで途切れる。
・青梅ヘガス管を延長する計画は無いとされる。

7 独自方式のブタンガス
・大手供給元からのガスが得られない。
・中村氏は発想を切り替え、ブタンガスによる独自方式の供給が実現できることを探しあてた。
・地元ゆかりの六人の出資者を得て株式会社設立に向けて、具体的な準備を1959年(昭和34年)12月、青梅商工会議所の一角で開始。
→質問・6人の出資者はだれか?
・翌1960年(昭和35年)5月「青梅ガス株式会社」設立。

8 需要は当初565件
・最初のガス供給プラントは、勝沼2丁目の山間に建設。1960年11月、都市ガスの供給が無事開始。
・社史にはこの時の需要がわずか565件にとどまったとある。
・日常生活の変革に関わる新規事業は立ち上げが困難。
・青梅の地形…丘陵と多摩川の変化に富む青梅の自然、複雑な地形の上に市街地で、ガスの供給管の設置が困難
・時に、社長の中村信吾氏は弱冠37歳

9 中村信吾氏の先見性
・公共性の高いガスの供給事業を、大企業の後ろだても無しに、多摩川の南がわの地区に、また山間部にも展開。
・都営や公社の住宅団地をはじめ、各駅周辺の市街地に限らず、長淵地区の高層マンションの建設を可能した大きな要因
・起業初期の困難な時代を経て、事業は発展。
・半世紀を過ぎた現在、初代社長のあとを継いだのが信吾氏の長男・中村洋介社長(現・安全協会会長)
・現在は20,000件を超える需要へ、
・新潟県の南長岡からの天然ガスに切り替えての供給も円滑におこなわれ「青梅ガス」は、青梅市での快適な住環境を得る上で公共性の高い企業となっている。

先日、御茶ノ水にある
日本サッカー協会への行き帰りの
電車の中で

三浦展さんの
『東京は郊外から消えていく!』を
読んでみました。

以下、エッセンスの抜粋。

---
若い世代がいなくなれば、高齢者だけの地域になる。
高齢者ばかりの自治体は税収が減り、
福祉予算ばかりが増えて、いずれ財政破綻するだろう。

そういう意味では、これからの時代は、
自治体が若い世代を奪い合う時代になるはずだ。

人口減少社会では、住民がどんどん減っていき、
地域としての力も低下していく危険性がある。

だから、働く場所、遊ぶ場所、娯楽の場所、散歩に行く場所、知的な交流の場所、
文化を発信する場所、(+スポーツをする場所)など、
様々な都市的な機能を郊外でも発展させていく必要がある。
---
書籍01

若草小学校の卒業式。

卒業証書授与の際に、
一人ひとり決意を述べます。

気になった一つに
「将来は、夏目漱石のような小説家になる!」
という発言。

小学生で漱石!

「こころ」とか、
西野カナの曲よりも、かなりディ~プな内容だぞ!!
大丈夫か!!!

思い返すと
私が漱石を読み始めたのは
高校2年の時。

当時、国語の先生
青梅市本町の齋藤慎一先生の授業でした。

一年かけて、夏目漱石の「こころ」を読むという、
今では、先生の趣味以外の何物でもない授業でした。
受験対策は一切なし!!!
(しかしインパクトありすぎて今も覚えている。。。)

そして高校3年生の時に、
担任のM家先生の熱烈な推薦により
夏目漱石の全集を買ってしまいました。

総額およそ87,000円なり~。

ブックオフで買えば、
3,000円くらいで済むなり~。

歴史的仮名遣いで読みにくいなり~。

まさに悪夢の「漱石全集」なり~。。。

できれば、卒業式の子に
引き継ぎ、託したいと
フト思いました。

※ちなみに「漱石全集」
本文印刷は、青梅市に本社を構えている「精興社」です。
豆知識。
漱石01
漱石02
漱石03

先日、吉川英治記念館で

小説家・赤川次郎先生と写真をパチリ!

小学5年~中学1年くらいに
赤川次郎先生の作品、読みまくりました!
...
三毛猫ホームズ、三姉妹探偵団、幽霊シリーズなどなど。

こうしてお会いできて感無量。

私もまずは1作品、書いてみるか!!!
akagawa

↑このページのトップヘ