青梅市議会議員 大勢待としあきのblog

青梅市議会議員 大勢待利明(おおせまち としあき)の公式ブログです。

カテゴリ : 教育

『霞台中学校の入学式2019』

本日(2019.4.9)は、
霞台中学校の入学式でした。

印象的だったのは
来賓祝辞の中で

幻冬舎・箕輪さんの話が語られていたこと。
(→箕輪さんについてはyoutubeへGO)

とにかく
「ワクワクすることをトコトンやる!」

これにつきますね。

霞台中の体育館に来ると
卓球部の経験を思い出します。
いつも練習していた場所ですからね。

私、かっ中時代は、
ハッキリ言って
卓球しかしていません!

・朝練

・放課後の練習

・夜は有志で総合体育館に行き、地元のおっちゃん(O河原さん達)と練習

・家では、カーテンに向かってサーブ練習

と、ほぼルーティンが確立されていました(笑)。

そして、今、
自分の中で再び卓球熱が
沸き起こっており

まずは、一般の部での
青梅市優勝を狙いたいと思います。
※初心者の部は昨年優勝。

それと
「卓球をしていたからこそのプロジェクト」を
実行、実現したいです。

東京オリンピック・パラリンピックに合わせて
ドイツ代表のティモ・ボル選手と
オフチャロフ選手を青梅市に誘致します!

ジョブズの「点と点をつなげる」話。

「何かに打ち込んだ経験」が
どこかの時点で
また新たな展開につながる。

この感覚を体感していきたいです。

うぉー。ワクワクしてきた。

新入生の皆さん。
入学おめでとうございます。

p.s.
英語とドイツ語を勉強しとこ。
さっそくTOEIC申し込みました

かっちゅう01
かっちゅう02

若草小学校の入学式。

来賓受付に行くと、

後ろの壁に、
「ミュージックイヤー」
と掲げてあり

今月の音楽家は、
モーツァルトでした。

すると、校長先生が
「大勢待さん!PTAとして、ミニライブ申し込んでくださいね。」
と、一言かけられまして。。。
申し込んでしまいました。

モーツァルトやってみるか!
きらきら星とか。

p.s.
写真は、オーストリアのモーツァルトの家。
ふと思い出しました。
(10年くらい前に行ってみました)

20190408_01
20190408_02
20190408_03
20190408_04

本日は、若草小学校のPTA総会でした。
来賓で出席。

その中で、校長先生が

「若草といったら『若草物語』(作者オルコット)、英訳だと「Little Women」。
単なる幼い少女ではなく、一人の立派な女性という意味です。
若草小でも生徒一人ひとりを、子どもではなく、一人の小さな大人として指導いたします」

という話をされていました。

そういえば今から8年前。

アメリカ・ボストンにある
オルコットの家に行ったことを思い出しました。
『若草物語』が執筆された場所です。

それと日曜19:30から放送されていた
「ハウス世界名作劇場」。
『若草物語』やってましたよね。

ストーリーの結末が思い出せない。。。
アメリカ南北戦争の中で果たして!?
今一度、『若草物語』読んでみようと思います。

若草PTA01
若草小総会資料。
若草PTA02
若草03
オルコットの家(ボストン)。ここで『若草物語』が書かれた。

昨日、
若草小学校の入学式
霞台中学校の入学式

に来賓で出席させていただきました。

公園等で出くわすたびにカランでくる小学生たち(汗)が
かっ中生(霞台中学生)となり

月日が経つのは本当に早いと思いました。

私が舞台上に立ってあいさつする機会はありませんが
「もし、私が挨拶をするとしたらどんなことを話そうかな~」
と、席に座って考えていまして

河辺駅北口の
「かごしま眼科」の待合室に置いてある
『暗殺教室』
に書いてあるようなことを
新入生に話したいですね。

以下のような感じです。

マンガ中より抜粋。

1)
テストは良い
一夜漬けで得た知識など
大人になったらほとんど忘れてしまうだろう
それでいい
同じルールの中で力を磨き
脳みそを広げ結果を競う
その結果から得る経験こそ宝物だ

2)
どんな人間にも殻を破って大きく成長するチャンスが何度かあります
しかし1人ではそのチャンスを活かし切れない
集中力を引き出すような強敵や経験を分かつ仲間達・・・
生徒の成長の瞬間を見逃さず、高い壁を、良い仲間を・・・

3)
恋愛!若いうちなんてデリカシーも無いから失敗して当然!
一杯ミスって学習しながら最終的にはあったかい家庭を築いてください。
入学式01
母校のかっ中
入学式02
「かごしま眼科」の『暗殺教室』

先日、多摩六都科学館(西東京市)に行ってきました。
http://www.tamarokuto.or.jp/

新青梅街道をずっと行けば着きます!

ガラガラなのかと思って行ってみたら・・・。

すみません。。。...
子どもで、ごったがえしていて
世界一と言われているプラネタリウムは、
当日券が完売。

臨時で上映になった最終回のチケットを
やっと買うことができました。

そのほか、鉱石資源やら、地震発生のしくみやら
昆虫、魚、体のしくみ、宇宙関係など
息子も大喜びで、一日中いても飽きません。

楽しかったです!!!

さて、この施設の運営について調べてみると・・・

・小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市(当時は田無市と保谷市)が組合を作り
東京都の協力により建設。
・運営は5つの市が、毎年、3億8000万円(5市の合計)を出資し、指定管理者が管理しています。
年間の来場者は、年々増えていて平成25年度は、約20万人。

となると・・・。
わが町、青梅市ですが、
単独で、多摩六都科学館のような施設を運営するのは
チョイと厳しいので

西多摩広域行政圏協議会。
つまりは、
青梅市、福生市、羽村市、あきる野市、瑞穂町、日の出町、檜原村、奥多摩町
で、共同出資して、
西多摩科学館とか運営できないものだろうか?

西多摩地域の学力の向上。生涯学習の場として有効に使うことができます!

ちなみに、西多摩広域行政圏協議会。
各市町村の首長、議長、副議長が集まる会議で
西多摩地域の政治のトップが集まる重要な協議会なのですが

実際に、進められているのは、
西多摩地域での「スポーツ大会」と「図書館の共同利用」だけです。

地域連携がこれほど叫ばれているのに
一番の大もとになるところが、あまり機能していません。

例えば
各市町村の教育委員会で連携して、
西多摩広域行政圏協議会に、
科学館設置の提案(具体的な建設・運営方法を含む)
ができれば、かなり実現性はあると思います。

その他、地域連携でできそうなことしかり

西多摩地域のスポーツ&文化団体で連携。
西多摩広域行政圏協議会に提案して、明星大学の跡地を買うとか。
六01
六02
六03
六04
六05
六06
六07
六08
六09
六10
六11
六12
六13
六14

このページのトップヘ