青梅市議会議員 大勢待としあきのblog

青梅市議会議員 大勢待利明(おおせまち としあき)の公式ブログです。

カテゴリ : 経済

「2017中央大学経済研究所・都市経営シンポジウム」

―東京西多摩圏の地方創生~その新たな展開―
首都圏の魅力的な”観光立圏“をめざす選択こそ!

1.日時:2017年11月17日(金曜日)
午後18:00~20:45(開場17:30)
募集人員200名(先着順、無料)

2.会場:羽村市生涯学習センターゆとろぎ小ホール
TEL : 042-570-0707
交通案内:JR青梅線羽村駅東口下車:徒歩8分

3.テーマ:「東京西多摩圏の地方創生―その新たな展開」

4.プログラム
〇開会の挨拶
三船毅(中央大学教授、都市経営研究会幹事)
 
〇来賓の挨拶
馳平耕三(羽村市議会議長)「私の地方創生論」

⦿基調講演(30分)
山﨑朗(中央大学教授、経済学博士)
「人口減少と地域間競争―地方創生の決め手は」

⦿実践講演(30分)
橋本正裕(茨城県境町長)
「わが町の創生、私の実践論―ここがツボだ」

●パネルディスカッション(80分) 
「西多摩圏の地方創生を考える―新たな飛躍の道」

・コーディネーター
佐々木信夫(中央大学教授、法学博士)

・パネリスト
青山彰久(読売新聞企画委員、中央大学客員研究員)
―ミニ講演(10分)「自治体の人材育成からみる」

大勢待利明(青梅市議会議員、中央大学客員研究員)
―ミニ講演(10分)「地域圏経済分析からみる」

橋本正裕(前掲)

山﨑 朗(前掲)

●地方創生宣言(10分)
宣言「西多摩圏の地方創生はこうあるべきだ!」
研究会の提言(清水洋邦、増田俊一、松尾紀子)
----------------------------------------------------------------------

□総合司会
川井綾子(フリーキャスター、中央大学客員講師)

〇ホームページ
http://www.chuo-u.ac.jp/research/institutes/economic/event/2017/10/61261/

主催:中央大学経済研究所・都市経営研究会

本日の朝は、自治会の資源回収。

集まった空き缶を
アルミとスチールに
毎回、分別しているのですが

ここの数年の傾向として
「発泡酒」
の割合が増えたように感じます。

・アサヒ・スーパードライ
とか
・キリン・ラガー
・プレミア・モルツ
などの

高めなビールの缶が
なかなか見当たりません。

この現象は
・アベノミクスの効果が表れていないのか
または
・日本人の味覚が変わり、発泡酒の趣向が高まったのか

日本経済論や日本文化論で
話が盛り上がりました。
資源回収01
資源回収02

中央大学経済研究所のシンポジウム。
私も出ることになりました。
シンポジウム

プログラムは以下の通り
----

2015年度中央大学経済研究所・一般公開研究会...

1.テーマ
「西多摩地域の地方創生を考える―人口減少時代を迎え撃つ」

2.日時2016年1月23日(土)13:30~16:30
(開場13:00、閉場17:00、一般市民向け公開、無料)

3.場所 青梅市民会館ホール(先着申し込み500名)
当日の申し込みも可、青梅市上町374(電話0428-22-1131)

4.プログラム
司会:清水洋邦(中央大学客員研究員)

開会挨拶:佐々木信夫(中央大学教授、研究会総括)

挨拶・ミニ講演:
浜中啓一(東京都青梅市長)「青梅市の課題と今後の展望」

*以下の講師による30分ずつのリレー講演方式
講演1:
山﨑朗(中央大学教授、経済学博士)「地方創生のデザイン」

講演2:
佐々木信夫(中央大学教授、法学博士)「西多摩の広域連携の選択」

講演3:
坂本義次(東京都桧原村長)「次世代が活かせる村を」

講演4:
大勢待利明(青梅市議会議員、客員研究員)「青梅市の経済のゆくえ」

講演5:
青山 彰久(読売新聞編集委員)「自然との共生を生かす道」

質疑応答

閉会挨拶:三船 毅(中央大学教授、研究会幹事)

先日、川場村へ。

関東でナンバー1と言われている
道の駅「川場田園プラザ」へ。

※NHK番組『サキどり』でも取り上げられています。
...
道の駅というと、
駐車場があって、地元の野菜が売られていて
人がパラパラと・・・。

というイメージがありましたが

この道の駅は、半端なかったです。

とにかく人が多い!!!

水戸黄門的な(ワンパターン)な作りではなく
特色ある建物・配置。

観光協会、地域の物産、
地元野菜、地元の食材、地ビール

子どもの遊び場、

アートの展示

などなど

川場村あげての道の駅ですね。

ここで働く従業員は全員、地元の川場村の方たち。

野菜の納品者の方も
「いつもこんなに多くのお客さんに来ていただきありがたい」
と話されていました。

ただ単に、道の駅を作れば良いというわけではなく

その場にいるだけで、心地良くなる空間を演出しています。
そして、人が集まってくる。

さて、青梅市の今井インター地域では、
物流センターという話がでていますが

「道の駅」という選択肢も考えてみるべきですね。

圏央道、交通量が増えてます!
川場01
川場02
川場03
川場04
川場05
川場06
川場07
川場08
川場09
川場10
川場12
川場13
川場14
川場15
川場16

NHKの「サキどり」という番組を撮り貯めてあります。
http://www.nhk.or.jp/sakidori/

2015年6月16日放送の「道の駅」を
見てみると・・・

まず道の駅とは・・・...
・24時間使える駐車場やトイレなどの要件を満たし、
・市町村が国に申請することによって「道の駅」として登録される。
・地域振興の拠点と認められると国からの交付金・助成金がもらえる。
・今や全国に1059カ所

最初に出てきたのが

「群馬県川場村」

人口3,500人の村に、年間150万人が押し寄せているという。

地元の食材を使ったピザ。
ソーセージ、地ビール、野菜販売。

子どもの遊ぶスペースなどがある。
道の駅01
道の駅02
道の駅03
道の駅04
道の駅05
道の駅06
道の駅07
道の駅08
道の駅09
道の駅10
道の駅11
道の駅12

このページのトップヘ