ゴッドフット企画の神足(こうたり)さんから、本を出した案内が届きました。『エクセルで操る ここまでできる科学技術計算』です。神足さんの会社の名前は、苗字を個別に英語にしたものです。

SOHOのイベントで講演を頼まれたころからですので、10年くらい前からいろいろ教えてもらっています。もともとは物理屋さんです。JR福知山線の脱線事故をエクセルで解析したり、地球温暖化問題を計算したりと、いろいろ物理法則を使って、しかもエクセルで計算されています。もちろんやたら難しいプログラムも作成されます。

koutariamazon: Excelで操る!ここまでできる科学技術計算 著者:神足史人
http://www.amazon.co.jp/gp/product/462108173X?tag=maruzen06-22

本の中に書かれているファイルは、出版社のHPからダウンロードできるようですので、ブラックボックスの解析ソフトと、問答無用の技術基準書に飽き飽きしている人は購入されてみてはいかがでしょうか。

「おわりに」に非常に良いことが書かれています。副題が「鶴と亀の足の数を数えるアホはいない!」となっています。こんなアホがいないので、鶴亀算などは社会で役に立たないというのも当然だ。学園ドラマでは「勉強は役に立たない。でも一生懸命に取り組むことに価値がある」で終わってしまう。「勉強は(社会で)役に立たない」が前提になってしまっている、と書かれています。そして最後に、「科学技術は役立つものである」と結ばれています。

その場しのぎ、テストまでの勉強ではなく、一生記憶され身に着いた知識は必ず人生を充実させるための役に立つ、というポジティブな教育が必要なのでしょう。子どもに一生懸命の価値を教えるのも大事ですが、一生懸命だけではなく一生役立つ勉強という価値観も植え付けることが必要なのでしょうね。

有限会社 ゴッドフット企画
http://homepage1.nifty.com/gfk/