我が国の性感染症の実態は深刻な状態です。


性感染症に対する正しい知識と、性交に伴うリスクについての認識の無い青少年が多いため、性器クラミジアの感染が10代の女性に多く、 HIV/AIDSも先進国の中で日本のみが増加している。


文部科学省は、平成16年から、学校・地域保健連携推進事業として 「性感染症予防のための講習会」 を希望する高校に、産婦人科の専門医 を学校に派遣し講習会を開催することに決まり。


大阪府 教育委員会は 平成17年より 希望する高校に 講習会を開催することになり、大阪府医師会を通じて、大阪産婦人科医会に依頼がありました。



平成 17年度は、 高校 22校、中学校 4校、
平成 18年度は, 高校 42校、中学校 2校
平成 19年度は、高校 39校、 中学校 数校の講演を行い
平成 20年度は 高校 24校 小学校先生、父兄 1校、学校保健研究会 1
平成 21年度 高校30校  8172名  講演
平成 22年度 高校33校 
これまでに 約5万人 の生徒に講演してきました。



平成20年度より
「大阪府子どもの健康を守る地域専門家総合連携事業(文部科学省委託)」の一環として、府内公立高等学校(府立・市立高等学校、府立工業高等専門学校を含む。以下同じ)に専門医師(産婦人科医等)を派遣し、学校と地域保健の連携を推進するとともに、生徒の性感染症予防等に関する指導・助言を行い、性感染症予防教育の充実を図る。






続きを読む