2012年10月07日

トップチューブバッグを購入

スマートフォンが入れられるトップチューブバッグをAmazonで購入。1700円でした。
なんのために買ったかというと、iPhoneをナビに使おうという作戦。
今更といえば今更ですが、
自転車ナビタイムの記事をみて、ちょっと、使ってみたくなりました。
http://www.navitime.co.jp/pcstorage/html/bicycle_navi/

あと、Mapfan for iPhoneというアプリをインストール済みです。
Mapfan for iPhoneはオフラインでも使えるので、電波がない山の中でも使えます。

下の画面は、Mapfan for iPhoneです。
http://www.mapfan.com/mobile/iphone/howto.html
 


最初、iPhoneにケーブルをつないだままでは装着できませんでした。 しょうがないので、ナイフで切れ目を入れました。これで、充電器をバッグの中に入れて、使えます。
iPhoneナビ、実際にはあまり使う機会はないかもしれませんが、知らない場所でコンビニやファミレスなどを探すときには、便利そうです。
あと、このままスピーカーから音楽流して走るのもありですね。 

  

Posted by ohtako at 19:31Comments(0)TrackBack(0)

2011年10月12日

ブルベのときに背負っているバッグ

最近、ブルベでは、DeuterのBike1という リュックサックを背負っています。
本当はリュックサックなど背負わずに走ったほうが、
身体に負担がかからず楽だということは良く分かっています。
それでも、
「夜は寒いんじゃないか。」とか、
「ひょっとして雨に降られるかも。」などと、
いろいろ心配になって、荷物が増えてしまう私にとっては、やはり、リュックは必需品です。

以前はメッセンジャーバッグを背負っていたのですが、
最近、DeuterのBike1というリュックサックを購入して、2度ほど、これを背負ってブルベに参加しました。
使いやすいリュックで気に入りました。
買ってよかったです。

特に気に入っているところは、
1.背中がムレが気にならない。ムレが少ない。 
2.ヘルメットホルダーが内蔵されているので、輪行のとき便利。 
3.レインカバーが内蔵されている。
4.20Lの大容量。
5.ほぼすべてのハイドレーションシステムが利用可能。
といったところです。
deuter-bike-1-zoom
  
Posted by ohtako at 01:36Comments(0)TrackBack(0)

たかがボトル、されどボトル。

ボトルなんて、なんでも同じだと思っていました・・・。
でも、違いました。こいつは凄いです。

Camalbakのボトルです。
バルブが通常のボトルと異なります。
うまく説明できませんが、すごく飲みやすいです。
飲むのが、ちょっとした快感になります。
驚きました。

「今後、私はCamelbak以外のボトルは使いません。」
と宣言しても良いと思わされるほど、良いです。
k_1821611_cl-bl

  
Posted by ohtako at 01:01Comments(0)TrackBack(0)

2011年10月05日

テールライトを変更

これまでは、ずっと、キャットアイのコレを使っていました。
かなり明るいテールライトで気に入っていたのですが、これまで、3回壊れています。
TL-LD610-R
げんを担ぐわけではないのですが、きっと、このライトは私との相性が悪いのだろうと判断し、
今回、こんなライトに変えてみました。
オールイノヴェーションのFibre Flare Short テールライトです。
Fibre Flare Short テールライト

なかなか明るくて、アピールします。
良い感じで気に入りましたが、評価はしばらく使ってみてですね・・・。
ショートとロングがありますが、
下の写真の位置につけるのなら、ショートを選んだほうが良さそうです。
私のロードバイクでは、ショートでギリギリでした。ロングだとたぶん装着できなかったと思います。
IMG_1915
 
  
Posted by ohtako at 22:14Comments(0)TrackBack(0)

2011年08月20日

ホイール(カンパZONDA)購入

今はいているカンパのNeutronは、記憶も定かでなくなっていますが、確か2004年に購入したホイールです。
もう6〜7年使っています。
まだまだ使えると思いますが、最近ではブルベで長距離を走ることもあり、トラブルとかが、少し心配になったので、新しいホイールを購入することにしました。

私、長年Neutronを使っていたため、カンパのホイールの大ファンです。
当然、次もカンパのホイールにすることは決定済みです。
長距離を乗るので、頑丈さも必要です。
ということで、Neutron Ultra、Eurus、ZONDAで検討しました。どれもアルミホイールです。

検討していたら、Wiggleで20%オフのキャンペーンが始まっちゃいました。(笑)
20%オフだと、ZONDAのクリンチャーが3万円ちょっとで購入できます。
今のZONDAは前後輪で1555gなので、今使っているホイール(2004年Neutron)と重量もほとんど変わりません。
Eurusにもかなり未練がありましたが、この破格値には勝てず、Zonda購入を決定。
ポチっとしてしまいました。

Wiggleで注文するとき、「在庫なし」の表示だったので、「下手をすると到着は1ヶ月ぐらい先かな。」と思っていたのですが、なんと、きっちり1週間で到着しました。
ちなみに、通関料で200円、消費税で800円かかりました。
IMG_1743
IMG_1744

で、今日、ちょこっと1時間ほど走ってみました。
同じカンパのホイールだからかもしれませんが、
いままでのNeutronと比べても、あまり違和感を感じませんでした。
しいて言えば、
やはり、若干、踏み出しが重い感じもします。
リアのG3システムのおかげなのか、逆に巡行性はZondaのほうがよくなった印象です。

これで、3万円ちょっとなら、まったく問題なしです。
というか、
満足です。

今なら、お買い得です。
みなさんも予備のホイールに1セットどうぞ。(笑)  
Posted by ohtako at 21:31Comments(0)TrackBack(0)

2011年05月28日

ヘッドライトをヘルメットに装着する方法

300km以上のブルベでは、ヘルメットにヘッドライトをつけています。
ヘッドライトをヘルメットにどのように装着するかで、悩んでいる方もいると思いますが、 
簡単なのは、ゴムバンドをヘルメットの穴に通して固定してしまう方法です。
これで、走行中、ズレることは、ありません。
IMG_1587
IMG_1588

  
Posted by ohtako at 13:14Comments(5)TrackBack(0)

2011年02月09日

なぜか雨対策。

私の場合、1日中雨が確実なブルベはDNSする可能性が高いですが(弱っ)、長い距離になってくると、思いもかけず雨に見舞われることもあろうかと。。。
暖かい時期なら、多少の雨はOKですが、
冬場のブルベでは命に関わります。 

雨具(上)は持っているので、
ズボンを探していたら、レインレッグスというのを発見。
パンツの前面だけをカバーしてくれる雨具です。
エプロンみたいなものなので、後ろ側は覆われませんから、蒸れの心配はありません。雨だけでなく当然、風もブロックしますので、寒い日には防寒具としても使用できるとのことです。
たたむと、すごくコンパクトになる点も気に入りました。
靴をはいたまま、簡単に装着できるところも良いです。
ズボンタイプと比べると、冬場の雨対策としては、あまり効果が期待できないかもしれませんが、逆に冬以外の季節では使い勝手が良さそうです。なので、これに決定。
33578000001_02

あと、ヘルメットカバーも購入しておきました。
これは、ビジネスホテルなんかにおいてあるシャワーキャップでも良かったのかもしれませんんが。。。
33500200097-l0
これに、手持ちの雨具(上)、シューズカバー、防水の手袋で雨対策完了です。
でも、基本的に雨の日は走りません。(笑)  
Posted by ohtako at 17:42Comments(2)TrackBack(0)

2011年02月04日

また、ライトを買った。TrustFire TR-801

また、ライトを買いました。
ちょっとしたライトおたくになっています。
また、例の香港のサイトです。(笑)

今回、購入したのは、TrustFire TR-801というライトです。
電池は18650リチウムバッテリーです。
長さはGENTOS SG-305より1cmほど長いですが、一回り細身のボディになっています。このコンパクトな外観で、max 230ルーメンの明るさがあります。
先日の南房総200㎞の時に使いましたが、これ1本で外灯のない暗い道もOKでした。
2時間程度しかつけていませんが、その2時間は明るさに変化がなかったように思います。次のビーフライン300㎞で、実用的なランタイムを測ってみます。
モードは1モードで、点滅機能などはありませんが、私には逆にそのほうが使いやすいです。下手に5モードとかあっても、ほとんどのモードは使用しませんし、切り替えも面倒です。
前に使っていたMTE SF-15よりも、コンパクトで軽いので、しばらく、こっちをメインで使ってみようと思います。MTE SF-15は確かにHiモードで900ルーメンをたたき出す強力なライトですが、Hiモードだと1時間程度しかもちません。それで結局、Midモードで使用することになるのですが、MTE SF-15のMidモードだと、TR-801と変わらない明るさです。たぶん、電池のもちはTR-801がよさそうです。

写真:上がTR-801/下がGENTOS SG-305
IMG_1137

  
Posted by ohtako at 00:03Comments(0)TrackBack(0)

2010年12月05日

2011年のブルベと追加装備

来年、どのブルベを走るか検討中。
とりあえず、いまは、こんな感じです。

◎BRM109静岡200km
◎BRM123千葉200km 南房総
○BRM226埼玉300kmビーフライン
◎BRM313宇都宮200
◎BRM402青葉300km 本栖みち
○BRM423埼玉600km アタック福島 受付:3/1
○BRM507宇都宮400 受付:1/7
◎BRM604近畿600km 紀伊半島一周
○BRM723千葉300 つくば
○BRM917千葉600km 喜多方
○BRM1009埼玉400km アタック三保


去年は夏から参戦したので、冬のブルベは初めてです。
ということで、Wiggleでこれを買いました。

●Craft Pro Zero Extreme WS Long Sleeve Base Layer
ウィンドストッパー素材が前面に入っているので、このインナーを着てれば、そこそこ暖かいのでは、と期待。
4494円でした。173cm/80kgなので、Mサイズにしました。

craft-wmn-zero-ex-bslyr-10-zoom

●Altura Night Vision Waterproof Winter Cycling Gloves
冬用のグローブです。Waterproofなので、多少の雨でも大丈夫。3594円でした。

altura-ngtvis-wtrpf-glv-10-zoom
●Assos Chamois Cream
ついでにこれも。シャーミークリームです。1,034円でした。
長距離になると、ジャージのパッドの部分とお尻のが擦れて、悪くすると皮がむけたりすることがあります。
昨年のアタック日本海(600㎞)では、ワセリンを使いました。機能的にはワセリンで充分かもしれませんが、ワセリンだと塗ったあとに、手がベトベトになって、洗っても簡単には落ちないので、取扱いがすごく面倒でした。


assos-chamois-creme-10-med
  
Posted by ohtako at 10:12Comments(3)TrackBack(0)

2010年11月04日

dealextreme(DX)から荷物が届いた

dealextreme(DX)で注文してたものが届いた。
dealextreme(DX)は香港のサイトなのですが、数百円のものを買っても送料無料なのを良いことに、気になるものを見つけたら、とりあえず注文している。
注文してから手元にとどくまでに時間がかかるの難点。
だいたい2週間から3週間ぐらいはかかります。(笑)
いままで、4回ぐらい注文していますが、届かなかったことはないので、その点は安心してよいみたいです。
注文したら、注文したことを忘れてしまうのがコツです。

こんな封筒に入って届きます。$15以上の注文だと、書留扱いになり、配送状況がトラッキング可能となります。
IMG_1021

今回は、USB出力の外部電源を購入。これに、単4電池を4本入れれば、USBの外部電源になります。 $9.77なり。
IMG_1022

試しに、エネループを入れて、iphoneを充電してみましたが、とりあえず100%近くまで充電できました。
Garmin705にもつないでみましたが、外部電源として認識されました。
ちなみに、エネループへの充電もできます。
http://www.dealextreme.com/details.dx/sku.3205 

こっちは、シャレで買いました。
手動の電源です。 $3.09なり。
IMG_1025

iphoneに接続して、ハンドルをぐるぐる回してみましたが、充電されてる気配なし。(やはり)
いちおう、Garminでも試してみる。
USBケーブルを接続して、ハンドルを回すと、Garminの画面が起動して、画面表示からすると、充電されている模様。(笑)
http://www.dealextreme.com/details.dx/sku.24036 

長く使ってみないと、実用に耐えるかどうかわかりませんが、とりあえずOKかと。
ひまなときに覗くと楽しいです。   
Posted by ohtako at 12:36Comments(2)TrackBack(0)

2010年11月02日

ローラー台導入

今年のブルベでは、山が上れず、苦労しました。
そこで、平日も少しはトレーニングできるように、ローラー台を導入しました。
これで、寒い日も風の強い日もトレーニングできる。
そう、できるはず。
自宅がマンションなので、静粛性を重視して、ミノウラのV270-2にしました。
ヤフオクで26,500 円(送料込み)でした。

空部屋がないので、ベランダに設置。
なかなか静かです。
(ローラー台を回しているときは、ローラー台の音より、あきらかに私の「ハアハア、ゼイゼイ」のほうがうるさいです。)

リモコンの負荷装置も付いていますので、パワートレーニングもできます。
これで、がんばれば、少しは山が速くなるはず。
がんばります。
IMG_0994
 

  
Posted by ohtako at 22:37Comments(1)TrackBack(0)

Garmin 705のワークアウト機能を使ってみた

Funride11月号にインターバルトレーニングの例が載っていたので、Garmin 705のワークアウト機能を使って、ローラー台の練習メニューとして、このインターバルトレーニングを登録してみた。

パソコンで、Garmin Training Centerを起動し、[編集]-[新しいワークアウト]を選択し、以下のようなダイアログボックスを表示して、設定を行います。
直感的な操作で簡単に登録できました。
tc

上のダイアログボックスでは以下のようなメニューを設定しています。

1.10分間ウォーミングアップ。
2.2分間心拍数を最大心拍の85~90%に保つ。
3.2分間休む。
4.2と3を5回繰り返す。
5.10分間クーリングダウン

これを、[デバイスに送信]で、Garminに転送して、実行します。
タイマーで時間をはかってくれますし、設定してある心拍数の範囲を外れると警告されます。
この機能、なかなか使えます。
何よりも、このように時間を細かく区切ってやるとローラー台の40分が短く感じます。(笑)

ちなみに、心拍数のほかに、速度、ケイデンスなども目標値として設定できます。

tc2
   
Posted by ohtako at 22:17Comments(0)TrackBack(0)

2010年09月22日

Garmin 705のCourse機能(メモ)

やっと、Course機能の使い方が分ってきました。
・・・って、遅すぎますよね。(笑)

ブルベなどの場合、ルートをCourseとして登録しておくと、便利なようです。少しずつ、実践で試していきたいと思います。

使い方の手順をメモしておきます。

1.ルートラボでルートを作成します。
2.作成したルートをgpx形式のファイルでダウンロードします。

3.ルートラボからダウンロードしたgpxファイルはそのままではGarminに取り込めないので、gpsies.comで「Garmin Course TCX」形式のファイルに変換します。
http://www.gpsies.com/upload.do?uploadMode=convert

convert to: Track 「Garmin Course TCX」
[show options]を押すと、時速なども設定できる。ここで設定した時速がバーチャルパートナーの時速となる。

gpsies

4.Training Centerを起動して、gpsies.comで変換したTCXファイルを読み込む。([ファイル]-[インポート]-[コース])
5.コースポイントツールで、峠の頂上やブルベの場合はQシートに記載されているポイントなどを登録しておくと便利かも。
6.GarminをPCに接続して、Training Centerからコースを転送する。([デバイスへの送信])
※コース名は適当に変えておきます。英語版のGarminの方はアルファベットのコース名にしてください。

tc

7.Garminを起動して、Menuボタン-[Training]-[Courses]を選択して、コースを選択し、[Do Course]を実行します。

コース機能が実行されました。
IMG_0913

上のコースの画面で、スティックを押すと、画面がコースマップ→標高図→バーチャルパートナーに切り替わります。

コースマップの画面です。
下の写真では、コースが表示されていませんが、
コース近くに行くと、コースがピンク色で表示されます。
IMG_0914

標高図の画面です。標高図の左端に黒丸が表示されていますが、これが、自分の現在位置になります。
IMG_0915

バーチャルパートナーの画面です。
コース作成時に時速などを登録しておくと、その時速で走るバーチャルパートナーと競争できます。
バーチャルパートナーから遅れたときは、赤色の文字で距離が表示されるようです。
IMG_0916

コースポイントツールでポイントを設定している場合は、以下のような画面も表示できます。現在位置からポイントまでの距離と予想時間(この時間はコース作成時に設定した時速で計算されている様子)が表示されます。
IMG_0912

ブルベじゃなく、普通のサイクリングでルートを作成するには、Googleマップの方が便利そうです。
Googleマップのデータをgpx形式に変換するツールやサイトもあるみたいなので、そのうち、試してみます。
おもしろそうな動画がありましたので、リンクしておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=gVg_Tn7sqBs&feature=player_embedded  
Posted by ohtako at 09:10Comments(0)TrackBack(0)

2010年06月15日

Garminに立石バーガーの場所を登録してみた

GarminにはWaypointという機能があって、任意の場所を登録することができます。
ということで、巷でウワサの「立石バーガー」の場所を登録してみました。

1.GarminをPCにUSBで接続しておきます。
2.まず、google等で「立石バーガー」のキーワードで検索して、立石バーガーの住所を調べておきます。
3.Google Mapに調べた住所をコピペして、立石バーガーの位置を検索します。
4.立石バーガーの場所にピンが立ちますので、これをクリックしてポップアップを表示し、[その他]→[送信]と順番にクリックしていきます。こんな感じです。
waypoint1

5.送信の画面が表示されたら、送信先でGPSを選択します。こんな感じです。
waypoint2

6.私のGarminは英語版なので、日本語は文字化けしてしまいます。なので、名前をローマ字に変更しておいて、[送信]ボタンを押します。
waypoint3

以上の操作で、立石バーガーが私のGarminに登録されました。(笑)
簡単ですね。
これで、近くまで行ったときに、登録した「Tateishi Burger」を選んでナビさせればOKです。
Google Mapで検索して場所を登録できるのはとても楽ですね。
いくつか、雑誌や他の方のブログなどで紹介されていて気になっていたB級グルメな店を登録しておきました。  
Posted by ohtako at 16:53Comments(4)TrackBack(0)

2010年06月13日

Garmin edge 705

先日、イギリスの通販サイトwiggleで4万円を切る価格になったので購入しました。心拍計、スピード、ケイデンスにGPSがついているので、考えようによっては安いのかもしれません。
IMG_0608

Garminユーザーは、Garmin ConnectというWebサービスが無料で利用できます。
走り終わって、GarminをPCにつなぎ、データをアップロードすると、走ったコース、高度、スピード、心拍数、ケイデンスなどの情報をこのように表示することができます。
garminconnect

ナビ機能は車のナビと比較すると、貧弱です。
走っている途中に、目的地を検索してナビさせるという使い方は、ほぼあきらめたほうが良いです。
ただ、別売りのUUDの日本地図には駅の情報が入っていますので、駅を選択してナビさせることは可能です。ポタの途中に、駅名は知ってるけど、行ったことのない駅を選んでナビさせましたが、ちゃんと着きました。(笑)
目的地までの距離が離れすぎていると、微妙なルートを提示することもあるみたいですが、まあまあ実用的に使えそうです。ちなみに道の駅の情報も入っていました。
ただ、ナビ機能を利用する場合は、初期設定を変更して、Recalculateはoffにしておきましょう。そうしないと、ちょっとルートを外れただけで、思いっきり再計算をはじめて、使い物になりません。
また、ルートラボなどで作成したルートを取り込んで表示することができます。この機能を使うと、Garminの地図上に取り込んだルートが太線で表示されますの。これを見ながら走れば、そんなに迷うことなく目的地に到達できそうです。
みなさん、こちらの機能をメインで使われているようです。

Garmin edge 705の導入で、知らない道をもっと走りたくなりました。
これから、いろんなところでやっているブルべの200?とか300kmに挑戦したいと思います。  
Posted by ohtako at 22:32Comments(3)TrackBack(0)