2006年07月16日

暗記力低下 自信喪失 能力低下から 男性の鬱、女性の鬱への入り口

   2009年12月9日移転のお知らせと漢方薬 化粧品の注文の件について



暗記力低下
10代、20代、30代〜60代迄 現在は暗記力に自信を失った方が 非常に多くいらっしゃいます。

10代までが一度 解けた問題が 一週間もすれば完全に忘れていたり 
20代の女性までが 便秘 冷えと同時に

30代、40代はなおさら
男性までもが 最近はリストラで過度の長時間労働されている方が暗記力に自信をなくして 来局されます。

怖いのは男性の場合 部下に何を言ったのか? 言われたのか?
上司に 何を言ったのか?いわれたのか?

まだらな 記憶で百パーセント完全に 思い出せない 思考力 判断力が低下し  だんだん自信をなくし 言葉では あやふやにぼかしながら
この様な方の 今一番恐れていることは 精神の抑圧 不眠 睡眠誘導剤 睡眠薬 そして 鬱 そのような事が続きますと自殺という危険性がやがて生じます。

あなたの周りにいらっしゃいませんか?
以前は アイデアに富んでいた方が その様子無し

何度も何度も同じ事を 思い悩み決断出来ない。
性格 能力によるものでは ありません。
臓器が 病んでいるのです。

イライラ 煩わしく 激怒の心
 (家族の方だけに見せる方と その逆の方もいらっしゃいます。どちらにも 心を出されない方心配です。ガンになる危険性が高いですよ。)
心を出して下さい、休養も取られて下さい。肝臓によいたべ物 酸っぱいもの 青物野菜を 胃腸、脾臓には甘い物 黄色の食物をいただかれてください 体が要求しますよ。

それでも治らない場合 大丈夫 原因があるのです。
ストレスを多く受けますと 肝臓 胆のうを患い 肝臓は思考力を司り、胆のうは判断力を司どります。

また肝臓は血を造血する臓器
(他の機能として栄養分の分解や合成、解毒、貯蔵、胆汁の生産)

ですので 男性で有りながら貧血となり 脳への血液供給不足で 暗記力、思考力低下

また ストレスを受けて高ぶり 興奮した 肝臓が胃腸、脾臓を攻撃して 胃酸が多量分泌され胃壁を攻撃 十二指腸潰瘍 過敏性大腸炎 胃をわずらいますと消化不良で胃もたれ

 次 食欲不振 気力不足となり 気力、抵抗力、生命力をおとしていくのです。

胃潰瘍の原因として タバコ お酒 薬 ピロリ菌等ごさいますが 来局される方の多くはストレスが引き金です。  

しかし 肝臓 胆のうが未病段階で GPT GOTが正常値の方も多くいらっしゃいます。

頭に十分な血が足りませんと 記憶力、暗記力が落ち 気が足りませんと鬼を見るという様に 気(陽)が中心の男性の体は 気が不足しやすく 女性より鬱になり易く自殺が多くなるのです。

自覚症状は 体のSOS なのです。
それぞれの症状を治す 漢方薬を 服用される事が 結局は気や血が補われて 行動する気力がおこり 記憶力 暗記力が復帰
 
児童、学生さんは成績が上がり 大人の女性は暗記力に自信が戻り
男性の方は十分に発揮できなかった能力を取り戻す事ができるのです。


2008年4月
お肌の悩み解消サイト『ケアナビ.Com』を開設いたしました。ご覧下さい

アドレスは http://www.keanabi.com/です。
     
関連ブログです。
2010.3.7 統合失調症が漢方薬65日分で正常な体になりました。

2008.6.28 パニック症候群が漢方薬108日分の服用で終了しました。

2008.3.16 統合失調症 漢方薬2包服用で魂が体に戻ったみたいです

2007.12.28パニック症候群、抗うつ薬や安定剤が漢方薬で不必要となりました。 

2007.10.17 睡眠不安(NHK クローズアップ現代放映)不眠症は漢方薬で改善できす。

2007.9.26 異常な眠気が漢方薬で改善されました

2006.8.19 冷や汗 生理の多量出血 自律神経失調症 安定剤 社会不安障害

2006.8.02 女性の鬱 原因と改善できる漢方薬

2006.8.01 産後の鬱 女性の鬱 原因と改善方法 漢方薬は最適です。

2006.07.16 暗記力低下 自信喪失 能力低下から 男性の鬱、女性の鬱への入り口




























ohtani_kanpou at 10:00│Comments(0)TrackBack(0)慢性症状について 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔