2006年09月21日

オリンピック選手やプロスポーツ選手への道、成長期や現役活躍、ケガの治療は漢方薬で。


未病は体の危険信号 健康に役立つ漢方薬のウソ・ホント ぐらんざ塾 

〜関西 オータニ漢方薬局相談会のご案内〜2010年9月19日(日)神戸市中央区三宮 センタープラザ西館





スポーツ医学
体を鍛錬する為、または激しい競争を打ち勝ちオリンピックやプロの世界で代表選手を目指す方、又捻挫、打撲、骨折等大けがで体を支障した方々、又日々の激しい運動で腰痛や様々な持病を持たれている方、漢方薬を服用する事をお薦めいたします。

中学、高校時代は成長期です激しい運動をされる方は腎臓、肝臓、心臓、胃腸、肺臓の五臓六腑を補いながらしませんと成人に達した時、体のあちこち全体故障持ちの体となります。
運動選手の寿命が短いということ、毎日、鍛えているにも関わらず、大事な試合前に、練習中ケガが多い、プレッシャーに弱いなどに、関連があるのではないでしょうか?
私の漢方の先生は太極拳や中国の武術、たとえば、棒術などで体を 常に鍛えている方でした。太極拳は朝、大濠公園で行ない出勤、棒術は長さ1メートル直径5cmほどの棒の中心部を手に持ちグルグル回すなど、その棒は10本にも20本にも見えアゼンとする程でした。
その先生の体格は身長180センチほど、肩幅も広く胸も厚く立派な体格でしたのでピエールカルダンの背広などいつもピシッと決めていました。
成長期や厳しい鍛錬の運動中は、漢方薬をせっせと服用したそうです。骨、筋肉の丈夫さと堂々たる体格は漢方薬お陰だそうです。
その先生曰く「少年期、青年期において体を鍛える場合、漢方薬で五臓六腑を養いながら運動しないと体は、疲弊して強い丈夫な体にはなれないと常々仰っていました。

また、服用する事で学業やスポーツ面で素晴らしい成績を上げることが可能です。
以前、中国で馬軍団(まーぐんだん)というマラソン実業団が世界的に脚光をあびていました。
NHKの番組で馬軍団を紹介する中で漢方薬はドーピング反応にひっかかるのか?という疑問を投げかけていました。
私に言わせればドーピングには漢方薬は、無関係のものです。薬草です。食物です。

番組の中で馬監督は選手全員に同じ漢方薬をブレンドして同じ漢方薬を服ませていました。
人間の体は、体質の違いが有り、同じ漢方薬を服むという事は異状としか考えられません。
最初の1〜2ヶ月は良いでしょうがそれ以上過ぎますと漢方薬の合わない選手も出てきたり又その上、風邪や持病が発生したときはその様な漢方薬は服むべきでは有りません。
季節が変われば、同じ症状でも処方を季節に合わせて、変更しなければなりません。

漢方薬を素人の方が少し漢方薬をかじった程度で漢方薬を人様に服用させる。

知らないと言う事の恐ろしさを理解されてない故に、できる事なのか“血や気は絶えやすく作るのは難しい また血を知って気を知ざるは世の中に人殺しの医師がふえると”漢方薬の本には昔から書かれています。

その格言故に、私は必死で漢方薬を学び、全ての基本たる知識をマスターするまでは問診や処方は一切行なえませんでした。

真の漢方薬は一身にスポーツを練習される方が服用されれば素晴らしい記録を達成させます。

その事を立証させたいと思い、ある実業団の監督を紹介して頂きました。早速、5人の選手を紹介して下さいました。
その体を問診してビックリしました。とてもマラソンをさせられるような体ではないのです。
皆さん、体ボロボロの方ばかりです。
マラソン選手が貧血、立ちくらみに、足のこわばり大きな大会においてこむら返り、足のつり、けいれんを起こす事態が理解できました。

正に漢方の先生が言われたとおり、スポーツをする場合は必ず漢方薬で五臓六腑を養わなければ、体は疲弊する。
毎日鍛錬している人が何故足がつったり、ケイレンしたりするのか疑問でした。
普段運動しない方が急に激しい運動をして足がつる、ケイレンするというのであれば理解できますが・・
毎日の様に10〜40キロのマラソンをした場合、筋肉は肝臓が支配します。血液は肝臓や骨髄で製造します。
故に貧血となり、貧血になりますと、体は身を守る為、骨からカルシウム等血液に必要な成分を奪います。
その様な事から走りすぎますともろく弱い骨や、異常に細い骨の体格となります。

中国で成長期運動で鍛え、体が成人に達しても体がガッシリ病気、故障もちでない選手は子供の頃より漢方薬を服用している可能性が高いと思います。
その様な体はスポーツ時においての事故などがあってもすぐに回復する体であり、故障しにくい体であり、また大きな手術する程の事故でも回復が早くすみます。

ここに一年間漢方薬を服用してのK君の例を報告させていただきます
平成6年5月23日より服用  K君27歳
症状  貧血(立ちくらみ)  足のこわばり 両脇腹の痛み
眠りが浅い 

漢方薬服用後のK君の陸上競技部の成績
発行人 陸上部後援会会長
第39号 (平成6年6月6日)
ゴールデンゲームズ・イン・延岡 第5回長距離記録会
<男子5000メートルA>
1位 13分52秒4
6位 14分00秒8 K君の成績

第40号 (平成6年7月25日)
第37回札幌国際ハーフマラソン(平成6年7月17日)
<21.0975キロのコース>
K君5位入賞(1時間5分14秒

第40号 (平成6年7月25日)
延岡市記録会成績 平成6年7月20日
<男子5000めートルA>
1位     13分56秒3
3位     14分03秒6  K君の成績

第44号 (平成6年12月20日)
第19回熊本甲佐10マイル公認ロードレース大会 
平成6年12月11日 スタート
1位   46分50秒
12位  47分26秒 K君の成績 自己最高記録
第45号 (平成7年1月10日)
第39回全日本実業団駅伝
6年連続優勝達成
K君6区 区間賞1位 18・0キロメートル 54分58秒

第47号 (平成7年3月7日)
95東京国際マラソン大会 平成7年2月12日
K君 無念の9位 不運の腹痛

第48号 (平成7年5月19日)
第38回 九州実業団陸上競技選手権大会 
平成7年5月13〜14日の2日間
<男子10000メートル>
1位  28分25秒16
9位  28分48秒4  K君の成績

<男子5000メートル>
2位   13分58秒86   1位は記載無し
12位  14分07秒3    K君の成績

兵庫リレーカーニバル 平成7年4月23日
<男子10000メートルA>
4位  28分39秒32 1位記載無し
14位 29分24秒04 K君の成績


第3回・・・陸上部後援会総会
陸上部後援会員が選んだ今年の表彰選手
<この1年間で最も興奮させてくれた選手>でK君が選ばれました。

号外 (平成7年6月6日)
世界陸上選手権参加標準記録(A)
<男子10000メートル>
1位  28分17秒0
2位  28分28秒7 K君自己新記録

第49号 (平成7年7月21日)
第79回に本陸上競技選手権大会
<男子10000メートル> 平成7年6月10日
4位  27分56秒05  1位記載無し
13位  28分50秒54

第38回 札幌国際ハーフマラソン  平成7年7月16日
札幌・円山競技場発着点とするコース
2位 K君自己新記録 1時間02分07秒
(これまでの自己新記録は1時間05分21秒を大幅に更新)

第50号 (平成7年8月25日)
第9回サフォークランド士別ハーフマラソン大会
士別市内の周回コース
K君 独走 V達成 1時間3分24秒の大会新記録で初優勝
 以上 
漢方薬は自然の生薬から成り立っておりドーピング反応といえる物とは無関係です。
以前ホテル日航福岡のスポーツジムのインストラクターの方が来局され、お宅の漢方薬を服用している糖尿病をお持ちの〇さん(50代後半)なのですが、自転車こぎ等いくら激しい運動をしてもある一定の脈拍、呼吸数に達しますとそれ以上数値が上がらないのです。
不思議に思い服用している物を尋ねましたら漢方薬服用後病院の薬は全て止め、他にはなにも服用されていないとの事
「何か麻薬でも入っているのではないかと疑問に思い参りました。
との事 漢方薬は血液中の成分が正常値以下でしたら正常値まで引き上げます。赤血球の数や血色素であるヘモグロビンの量が増加し、組織への酸素供給量が上昇する事により、臓器や組織の機能が活性化されるのだと思います。



2008年4月
お肌の悩み解消サイト『ケアナビ.Com』を開設いたしました。ご覧下さい

アドレスは http://www.keanabi.com/です。


関連ブログです。
2010.5.29 漢方薬58日分服用でチック症状の心配がなくなりました

2008.11.27 漢方薬服用2年7ヶ月で身長が24cm伸びました。

2008.6.16 漢方薬服用前が悪夢のようです。少年期に過激な運動は体を壊します。

2008.3.19 漢方薬で過呼吸症状、体力低下、不眠等が解消され大学に合格しました。

2008.3.15漢方薬を服用させて頂き国立大学の推薦入学の入試に合格しました 

2008.2.27漢方薬8日間服用で、身長が2cm伸びました。 

2008.2.22 漢方薬で育った子が春の選抜甲子園大会に選手として出場します

2008.1.31 受験勉強中、過呼吸・不安感・不眠・自信喪失・倦怠感・暗記力低下漢方薬で改善しました。」

2008.1.16 漢方薬服用1年8ヶ月で身長が14.2竸びました 

2008.01.07受験勉強中、過呼吸・不安感・不眠・自信喪失・倦怠感・暗記力低下漢方薬で改善しました。


2007.04.19漢方薬は身長が伸びるんですね。お客様からのお喜びのお声です。 

2006.10.26 子供の病気 急性中耳炎

2006.9.21 オリンピック選手やプロスポーツ選手への道、成長期や現役活躍、ケガの治療は漢方薬で。

















 



ohtani_kanpou at 10:00│Comments(0)TrackBack(0)漢方薬について 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔