2007年06月04日

柴苓湯での慢性腎不全 漢方薬での改善結果




FM KITAQラジオ「町の情報ステーション」木室ミエ子が毎週生出演です。

FMKITQのホームページです。
こちらからFMKITAQラジオの番組を動画でご覧いただけます。



オータニ漢方薬局の症状改善別レポートはこちらからどうぞ




2007年5月20日に柴苓湯と慢性腎不全で登場して頂いた方のその後の服用結果です。

 漢方薬での改善結果2006年6月1日(金)
検査結果のお電話頂きました。
「内シャント手術は見送りになりました」との事です。
自覚症状改善状況
★ 尿素チッソ(BUN)が2007年5月15日63.1が
2007年5月25日の血液検査では58.2に下がりました。

※ 尿素チッソ(BUN)正常値は8.0〜22.0/㎗
尿素チッソは老廃物の一種で、腎臓から尿中に排泄されますが、排泄機能が悪くなると、血液中の尿素チッソ濃度が高くなります。
★ むくみ80%無くなりました。
★残尿感無くなり全く気にならなくなりました。
★ 痒み全く無くなりました。
★ 心臓の動悸無くなりました。
★血圧高い時で最大血圧160〜130―最小血圧83
普段最大血圧110―最小血圧83

★ 足の裏のほてりと体のほてりが無くなりました。
★ 便秘気味です。1日1回便の量が少ない。
※ 本人さん曰く、これは1日の摂取カロリーを1600calに落としている為ですとの事です。

上記の改善状況は腎臓の機能が復活している事をあらわしています。

しかし、今回不思議な事に
血液検査結果は変化があまり見られません。
どころが逆に数値が悪化している点もあります。


●クレアチニンは(基準値0.42−0.78)5/15 6.63 
5/25 6.76と逆に上昇
●尿の潜血反応は5/15 2+ が
       5/25 3+ に悪化。
●尿中白血球5/15  −が
       5/25 1+に悪化。
●沈渣(細菌)5/15  −が
       5/25 1+に悪化。
●ヘマトクリット値(基準値31.7−42.3) 5/15 23.1が
          5/25 21.6に悪化。
●白血球数(基準値3500−9500)5/15  5900
            5/25  4400に下降
●尿蛋白 5/15 3+ 
     5/25 3+

■検査結果は悪いのですが体調は非常に良い。
考えられる事は尿蛋白が3+で変化なしという事は私生活で無理しているのではないか?体が元気になられた事で仕事も夜も無理されているのではないかという事です。

■血液検査は血液を遠心分離機にかけて血清と血球を分けて血清を検査するのですが、血球が完璧に取り除かれてなく血清に混ざっている場合検査数値に異常値が出ます。

■検査試薬の量が多すぎても少なすぎてもキチッと入れているつもりが間違う事も多く自分としては検査数値は信用しません.

■検査機器に血清を入れて検査する場合に検査機器が良好であるか無いかという点も検査結果に大きく影響する為、検査数値はあくまで参考という事で、大事なことは自覚症状が悪化が良好かが大事です。

内シャントの手術が見送られたというのはこれが1番に期待した結果でしたので漢方薬での目標はクリアした事になります。
次回の検査結果を楽しみに待つ事とします。
2007年6月1日
漢方体質改善薬 14日分購入 ¥8820※ 病院(柴苓湯を4年間連用処方)はまだ変わっていないとの事その地域には病院が2つしか無く、他の病院は
は到着するまでに3時間かかるとの事です。



2008年4月
お肌の悩み解消サイト『ケアナビ.Com』を開設いたしました。ご覧下さい

アドレスは http://www.keanabi.com/です。

ケアナビが貴方の町へ行きます。こちらをクリックして下さい。


関連ブログです。
2010.6.11.漢方薬6日分服用で足のむくみが軽くなった写真です。

2010.5.20.多発性嚢胞腎漢方薬90日分でクレアチニン値が0.75尿素窒素値が19.8下がりました。透析を回避できています。

2010.5.1 漢方薬90日分でクレアチニン値が0.66 尿素窒素が19.8下がりました。

2010.4.14.多発性嚢胞腎 漢方薬服用して透析中断7ヶ月目まだ透析していません


2010年漢方薬でクレアチニン値4.07 尿素窒素の数値が50.2に落ち医師より透析回避ですねと言われました3月31日



2010年3月20日漢方薬390日分でクレアチニン値が0.34 尿素窒素が41.8下がりました透析は完全に回避です。



2010年2月23日・漢方薬でクレアチニン値が1.72 尿素窒素が52.9下がりました。


20102.18.漢方薬でクレアチニン値が0.54・尿素窒素が40.1下がりました


2010.12.16漢方薬60日分でクレアチニン値が0.54 尿素窒素が31.6下がりました



2009.12.3.漢方薬120日分でクレアチニン値6.35が5.20尿素窒素113.7が67.5です。



2009.10.26.漢方薬13日分でクレアチニン値4.89が4.13に尿素窒素99.1が62.3に改善です.



2009.10.20漢方薬で7月に10日14日21日3回のクレアチニン検査が8週間に1度に改善致しました。



2009.10.1.漢方薬服用で透析を中断してから1か月目になります



2009.9.11漢方薬を42分服用クレアチニン値が1.45 尿素窒素が7.5下がりました」



2009年8月5日クレアチニン5.85 尿素窒素88.2で下がってきている中 内シャント手術をしました。



2009年7月24日クレアチニン数値6.35が5.85に尿素窒素113.7が88.2漢方薬服用4日目の結果です


2008.12.31漢方薬30日服用クレアチニン数値8.5が6.5に尿素窒素128が86になりました

2008.11.19.漢方薬30日服用クレアチニン数値8.5が6.5に尿素窒素128が86になりました


2008.7.23クレアチニン数値8.58が→5.5 尿素窒素77.3が→55、尿酸値8.3が→7、血糖値300が→247、漢方薬44日間の服用結果です。



2008.5.16内シャント手術をして透析準備中の方が漢方薬で透析せずに済みました



2008.3.19浮腫みで利尿剤を服用、透析への道に要注意です。




2008.3.18漢方薬を服用されている御家族の方へのお手紙を差し上げました。



2007.9.10人工透析値、クレアチニン数値6.24が5.2に下がりました。



2007年6月4日の関連ブログです。柴苓湯での慢性腎不全 漢方薬での改善結果



2007年5月20日の関連ブログです。柴苓湯と慢性腎不全



20075.7腎生体は無理の体、漢方での改善報告



2007.4.24人口透析漢方薬での改善報告 第2弾



2007年2月27日の関連ブログです。人口透析2ヶ月目に漢方薬改善結果



2007年2月15日の関連ブログです。慢性腎臓病は漢方薬で改善が可能です。



2006.7.27腎臓の人口透析目前内シャント手術の方がのむ漢方薬





関連ブログです。
2008.12.27防風通聖散の副作用、漢方薬7日分でダルイ、きつい、大便状態が改善されています。

2008.12.26防風通聖散の副作用 ダルイ、きつい、浣腸しても大便が出ません

2007.7.20 防風通聖散の副作用

2007.6.4.柴苓湯での慢性腎不全 漢方薬での改善結果

2007.5.20.柴苓湯と慢性腎不全

2007.2.24.桂枝加茯苓加ヨクイニン湯と女性疾患

2007.1.11.冷え性と当帰芍薬散


2006.8.22常習便秘というアリ地獄から抜け出る事のできる漢方薬  (宿便 慢性便秘)

2006.7.28.漢方薬に副作用ある?小柴胡湯、大柴胡湯

2006.12.13.間違った漢方の服薬指導


















トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔