2007年07月20日

防風通聖散の副作用



FM KITAQラジオ「町の情報ステーション」木室ミエ子が毎週生出演です。

FMKITQのホームページです。
こちらからFMKITAQラジオの番組を動画でご覧いただけます。



オータニ漢方薬局の症状改善別レポートはこちらからどうぞ




警告、防風通聖散誤った服用の仕方
★防風通聖散(ぼうふうつうせいさん)はメタボリック症候群に使用する薬ではありません。
★お腹の脂肪の多い方が使用する漢方薬ではありません。

(過去に大柴胡湯、小柴胡湯の風邪薬を間違った長期連用で間質性肺炎を発生させた過ちをまた繰り返そうとしています。

防風通聖散は表裏(ひょうり)の剤の風邪薬です。
表と裏が共に實(じつ)の風邪です。
一切の傷風(しょうふう)、傷寒(しょうかん)、夏の暑さや湿気で水分代謝が悪い
飢えすぎたり、食べ過ぎたり重労働したり、内的要因と外的要因の様々の原因の
邪(じゃ)で体が傷つけられた。

表裏、「三焦=さんしょう( 上焦、中焦、下焦)」が皆、熱という事は
心臓、肺臓、脾臓、胃腸、肝臓、腎臓、大腸、小腸、膀胱、胆嚢が熱という事です.
よって下記の症状が発生します。

悪寒したり高熱、めまい、目が赤く腫れたり、耳鳴りしたり、鼻づまり、口も苦く、舌が乾燥する、咽喉が痛く、唾がねばり、咳、便秘、尿が出にくい、急な発疹、皮膚の腫れ、精神の発狂、斑点が出たり、人間が狂った状態だとか
体全体が熱で犯され、非常にきつい症状の風邪時に使用する漢方薬です。



大便が出れば、熱は治まり上記の症状は激減する大変素晴らしい風邪薬です。
熱が下がり症状が改善後は、服用をただちに中止します。
この漢方薬は決して、長期に連用する薬では有りません。

防風通聖散の成分
防風、荊芥、連翹、麻黄、薄荷、川芎、当帰、芍薬、白朮、山梔子、大黄、芒硝、黄芩、石膏、桔梗、甘草、滑石、       
生姜と葱を加えて煎じる

防風(ぼうふう)、荊芥(けいかい)、麻黄(まおう)、薄荷(はっか)、は発汗させて熱を下げます。
大黄(だいおう)、芒硝(ぼうしょう)、は大便を出して熱を体外に出します。
山梔子(さんしし)、滑石(こっせき)は火を下げて利尿します。
また山梔子は肝臓の熱を消します。

石膏(せっこう)、桔梗(ききょう)は肺の熱を下げて胃腸の熱を出します。
川芎(せんきゅう)、当帰(とうき)、芍薬(しゃくやく)は血を平和にして肝臓を補います。
連翹(れんぎょう)は集まりすぎている気と滞っている血を散じます。
甘草(かんそう)はお腹を調和します。
白朮(びゃくじゅつ)は脾臓を健康にして湿気を乾燥させます。

防風、荊芥、麻黄、薄荷、は発汗させて熱を下げますが必要以上に服用いたしますと、発汗しすぎて、体を冷やしすぎ、乾燥させます。

夏風邪をひき風邪薬を連用しすぎて、咳が治らずに喘息にまで進むのはこのような原因です。
風邪薬の発汗剤(消炎解熱鎮痛剤)で肺臓を冷やしすぎと乾燥しすぎで咳から喘息へと進行するのです。
オータニ漢方薬局では、そのような咳、喘息の改善ができます。

連翹、黄芩(おうごん)、石膏、滑石、山梔子、桔梗は体を冷やします。
大黄、芒硝は排便させて、熱を下げます。
体を養う成分は当帰(とうき)、芍薬、白朮のみです。
防風通聖散は大便が出ますと体全体の熱が体外に排出され、上記の酷い熱の症状が神業(かみわざ)のごとくに改善される漢方薬です。


従って排便後、または服用5日目ぐらいで症状は改善されますので改善後はただちに服用を中止すべき漢方薬です。

それ以上に服用を続けますと、体内のエネルギーを奪いすぎて
冷え症、消化不良、下痢、食欲不振、腹痛、倦怠感、精力減退、暗記力低下、記憶力低下で自信喪失となり仕事に対する意欲も低下します。

また、免疫力低下、体力低下で、アリとアラユル病気を発生させる事となります。

そのような不健康な方法で一時的に痩せたとしてもすぐにリバウンドするでしょう。
怖いのは、リバウンドよりも
「痩せました、健康も害して、仕事にもやる気が起きず、持病のある方は悪化するという事」

また、成分の濃度の高い輸入製剤(東洋薬行)(オースギ製薬)はすぐに大便を出す事ができる程、効能効果が早いですので、飲み続けてはいけないという事に気づきやすいのですが、日本のメーカー品は成分の低い物が多く、副作用になかなか気づかず服用し続けていくというところに大きな危険性が潜んでいます。

製造メーカー各社は副作用の事故に対しての保障の覚悟はできているのでしょうか?

大柴胡湯、小柴胡湯の成分は
大きく冷やす製剤の黄芩
また、冷やすとともに排便させる大黄
また、排便のゆるやかな枳実
肝臓の熱を取り除く柴胡が含まれていますが熱を取り除く成分と体を滋養する成分比較でみた時に滋養する成分が防風通聖散よりも多く比較いたしますと体の熱を出す製剤としてはまだ軽い製剤にも関わらず、間違った服用方法で間質性肺炎が発生というぬれぎぬ事件が起きています。



また防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん) と同じ様に痩せ薬として、販売されている漢方薬に大承気湯(だいしょうきとう)、桃核承気湯(とうかくしょうきとう)がございます。

上記、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)  大承気湯(だいしょうきとう)、桃核承気湯(とうかくしょうきとう)はともに表裏の剤の風邪薬です。
  大承気湯(だいしょうきとう)、桃核承気湯(とうかくしょうきとう)は 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)よりも一段と下剤作用が強く、ストレスによる過敏性腸症候群で下痢、軟便症状の方が増えている日本においては非常に危険すぎる使い方です。 

 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)  大承気湯(だいしょうきとう)、
 桃核承気湯(とうかくしょうきとう)  を長期服用されないよう警告いたします。


誤った効能書き
芎帰膠芠湯(きゅうきぎょうがいとう)は女性が生理時に多量出血したおりに止血薬として使用する漢方薬です。
出血した血液を補うための造血薬と多量出血を止める為の止血薬の成分構成です。

しかし、日本ではこの漢方薬を製造または輸入する際には効能書きを 痔の出血と記載しなければ許可されません。


※太るのはは水分代謝、脂質代謝、ストレスによる過食、異常な甘い物の要求女性ホルモンの服用などの原因が挙げられます。
従ってリバウンドせず健康的に痩せるには臓器を健康にして、上記の症状を改善すべきです。
当局には痩せるお粥や健康的に痩せる漢方薬が揃っております


オータニ漢方のお粥 6食 2200円  30食 7350円
おかゆ


















2008年4月
お肌の悩み解消サイト『ケアナビ.Com』を開設いたしました。ご覧下さい

アドレスは http://www.keanabi.com/です。

関連ブログです。
2008.12.27防風通聖散の副作用、漢方薬7日分でダルイ、きつい、大便状態が改善されています。

2008.12.26防風通聖散の副作用 ダルイ、きつい、浣腸しても大便が出ません

2007.7.20 防風通聖散の副作用

2007.6.4.柴苓湯での慢性腎不全 漢方薬での改善結果

2007.5.20.柴苓湯と慢性腎不全

2007.2.24.桂枝加茯苓加ヨクイニン湯と女性疾患

2007.1.11.冷え性と当帰芍薬散


2006.8.22常習便秘というアリ地獄から抜け出る事のできる漢方薬  (宿便 慢性便秘)

2006.7.28.漢方薬に副作用ある?小柴胡湯、大柴胡湯

2006.12.13.間違った漢方の服薬指導






ohtani_kanpou at 10:00│Comments(2)TrackBack(0)漢方薬について 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 島田   2007年08月13日 22:05
5 ご相談させてください。私は6月の中頃から防風通聖散を心療内科でもらい3週間飲み続けました。2週間目ぐらいから胸が苦しくなって軽い運動をしただけで
動悸がするようになりました。3週間目に服用をやめましたが、やめてから1ヶ月以上たった今でも、動悸が治りません。夜も眠れない日があります。心療内科の先生は「防風通聖散のせいではない」と仰います。
私は麻黄の副作用ではないかと思うのですが。
私が飲んだら良い漢方はありませんか?防風通聖散の副作用について書いてあるサイトは他にないので、拝見しうれしく思いました。とても悩んでいます。どうか教えて下さい。
2. Posted by   木室ミヱ子   2007年08月15日 11:44
お返事遅くなりました。
早速ですが、不眠、動悸は心療内科にいかれる方々には特徴的な症状です。
防風通聖散の副作用でそれらの症状が発病もしますし、持病が悪化して酷くなる場合もございます。
麻黄だけの副作用ではありません。
他の寒冷剤の成分も作用しての事です。
上記の副作用も心療内科の症状も漢方薬は改善する事ができます。
8月17日は営業しております。
お電話予約の上ご相談ください。
貴方の体質、諸症状を把握する事でお答えできます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔