2007年09月08日

夏の心臓、動悸、息切れ、心臓痛に良い苦瓜の薬膳スープ



FM KITAQラジオ「町の情報ステーション」木室ミエ子が毎週生出演です。

FMKITQのホームページです。
こちらからFMKITAQラジオの番組を動画でご覧いただけます。



オータニ漢方薬局の症状改善別レポートはこちらからどうぞ



苦瓜(にがうり)のスープ
■材料
苦瓜(佐賀県産)・・・・・1本
豚バラのかたまり・・・・・250g
自然塩・・・・・・・・・・小さじ1
ハイミー・・・・・・・・・・適宜

■作り方
ゞ豈擦論って、縦半分に割り中綿(白い種のある部分)をスプーンで出す。
豚肉は2cm角柱に切る
6豈擦禄槌省に割り、中綿と種をスプーンで出して2cm幅に切る。
た紊鉢の苦瓜と豚肉を鍋に入れて強火で煮る沸騰したら、火を止めるて翌朝まで放置
ツ、強火で火をつけ沸騰したら火を止める。
δ2時間後もう1度沸騰するまで、 強火で煮る。
夕方、強火で沸騰させる。
※沸騰させて、また沸騰のやり方は高熱費の大きな節約になります。
また、この方法は苦瓜もトロトロ柔らかく豚肉もほどよい硬さです。

■薬効
夏は火の季節で心臓を悪くする時期です。
また、暑いために水を多量に飲みますと湿で動悸の原因となります。
苦瓜は苦味が体を冷やして、口の渇きを止め、利尿作用で水分を対外に排出して動悸を取り除きます。
動悸、息切れ、心臓痛等心臓の持病のある方には心臓の熱や余分な湿をして取り除きますので夏には最適な食べ物です。

●注意事項
苦瓜(にがうり)は夏に食するものです。
冬の季節に食するものではありません。
冬に食しますと、体を冷やしすぎて、冬の寒の季節には逆に体に悪い作用を致します。
夏でも熱帯地域で太陽が強い地域は食して下さい。


材料です
材料です

















豚肉は切ってボイル、苦瓜は2cm幅に切る
豚肉は切ってボイル、瓜は2cm幅に切る

















鍋に水と材料をいれます。
鍋に水と材料をいれます。


















出来上がりです。"
出来上がりです。




















 2008年4月
お肌の悩み解消サイト『ケアナビ.Com』を開設いたしました。ご覧下さい

アドレスは http://www.keanabi.com/です。



※エピソード
主人はこのスープ皿で2杯食しました。
夏の季節には苦瓜の苦味が非常に美味しいと好評です。
熱く温めて頂きますが、クーラーが効いている室内にも関わらず、主人と2人して上半身から汗が吹き出る薬膳スープです。

農林水産省 食事バランスガイド

関連ブログです。
2009.3.14.春野菜を食べましょう.鬱やストレスまた肌を紫外線から守ります。

2008.3.14.プラセンタエキスを食べ物から取る方法

2008.2.8.咳、痰、精神安定、美白効果のユリ根の薬膳

2007.9.7.コラーゲンたっぷりスープストック

2007.9.5.薬膳料理 きゅうりのお漬物 利尿、むくみ、日焼けのほてり取りに効果的

2007.9.4.関節痛、腰痛、捻挫を治す薬膳スープ

2009.9.3.関節痛、腰痛、捻挫を治す薬膳料理.

2007.8.29.夏のむくみ、できもの対策、利尿の薬膳料理

2007.8.28.夏のむくみ、日焼け、夏バテ対策の薬膳スープ

2007.8.5.便秘の方または便秘ぎみの方はごぼう(牛蒡)を食べましょう.


2006.8.6.夏バテ克服 自家製にんにく粒の作り方

206.8.5.登山でこわした足を治した漢方薬と鳥の足のスープ

2006.7.30.夏バテにおすすめ、ニガウり 日焼け肌、メタボリックシンドロームに効果あり

2006.7.29.山芋の効果すごいですね、アトピー性ひふ炎、はだ荒れ、むくみ、ひまん

206.7.22.山芋の効果 アトピー性ひふ炎、肌あれ、むくみ、肥満  .





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔