2007年10月16日

ヘルペス(帯状疱疹)漢方薬の服用直後に痛みが取れました。



FM KITAQラジオ「町の情報ステーション」木室ミエ子が毎週ラジオ生出演です。

FMKITQのホームページです。
こちらからFMKITAQラジオの番組を動画でご覧いただけます。



オータニ漢方薬局の症状改善別レポートはこちらからどうぞ




71歳 女性

娘に2007年10月9日
 ヘルペス(帯状疱疹)漢方改善薬 7日分¥4410 御購入

早くオータニ漢方薬局さんへ行きなさいと叱られまして!
病院に行きましたが、全然治りません。
ヘルペス(帯状疱疹)がお腹半分急速に広がりまして。
最初はポツポツで翌日バーと広がりまして、病院に行きました。
ブロック注射は良く効きました。
でも、痛みが止まったのはその時だけで、痛くて腕の付け根のリンパ節の脇のところから横腹全体痛くて、痛くて 常に抑えています。

ヘルペス(帯状疱疹)改善薬の漢方薬を服用して頂きました。木室  「苦いですか」
御婦人  「イイエ、苦くありません。」
木室 「ヘルペス(帯状疱疹)の無い方が服用しますと、大変苦いですよ。」
「 ヘルペス(帯状疱疹)に丁度よい加減で消炎、解毒剤が配合されて入るために苦くないんですよ。」
「その苦味はすべて、ヘルペス(帯状疱疹)のできている部分にいきます」
「痛みはいかがですか?軽くなっていませんか?」
御婦人「アー、先生痛く有りません」
「これは何包でも服用して宜しいんですか?」
木室「痛みが出ましたらすぐにいつでも服用して下さい。」
「体の消炎、解毒成分がヘルペス(帯状疱疹)に使い果たされたという事です」
御婦人「ハイ、分かりました。」

病院でのヘルペス治療薬
1回目
バルトレックス錠500mg(抗ウイルス薬)
ロルフェナミン60mg(解熱鎮痛薬)(劇薬扱い)
ポドニンS顆粒(消化性潰瘍治療薬)
デルモゾールG軟膏(副腎皮質ステロイド剤)
ブロック注射(消炎、鎮痛)6箇所しました。
※ ヘルペスが酷い為に強い作用の(抗ウイルス薬)と(解熱鎮痛薬)を使用しています。
軟膏も強い作用の(副腎皮質ステロイド剤)を使用
抗ウイルス薬と解熱鎮痛薬から胃腸を保護する為に(消化性潰瘍治療薬)を処方しています。


2回目 
ハイペン錠100mg(解熱鎮痛薬)
メコバマイド500mg(水溶性ビタミンB12剤)
ポドニンS顆粒
デルモゾールG軟膏

2回目の処方に抗ウイルス薬が入っていないという事は1回目の段階で痛みが止まったとみえますが、ただ痛みが止まっただけだったようです。

漢方薬のすばらしい点

●(抗ウイルス薬)と(解熱鎮痛薬)は痛みは止まりますが、作用が強いために肝臓、腎臓を傷めます。
従って、胃潰瘍等の有る方や肝臓、腎臓疾患の有る方は細心の注意が必要です。
長期の連用は控えなければなりません。

●しかし、漢方薬の消炎、解毒剤は患部のみに行き各臓器を傷めません。
胃腸や大便の具合を見ながら、消炎、解毒剤の量が適度で有るのか
様子をみながら処方する事で副作用を出す事無く、ヘルペス(帯状疱疹)とさようならする事ができます。

●ヘルペス(帯状疱疹)は毎年暑い夏に疲れを伴う事で多くの方が発生や再発を繰り返しています。
漢方薬は、肝臓性、腎臓性、心臓性、肺臓性、脾臓、胃腸性あらゆる臓器からの原因にも対応して、その疲労感を取り除きながら、服用して頂きますので、非常に即効性が高いのです。

●あらゆる全ての場所にできたヘルペス(帯状疱疹)に対応する事ができます。

●内臓面と外部皮膚両面から考慮した処方をいたしますので、角膜、聴覚、顔面神経痛、神経痛等の後遺症を残す事無く改善する事ができます。

早めの御相談をお待ち致します。
慢性の方も自覚症状は治らないものと諦めずに御電話下さいませ。

ヘルペス(帯状疱疹)が普通の湿疹と大きく異なる点

患部が深く、普通の湿疹は浅い部分の消炎剤で効くのですが、
ヘルペス(帯状疱疹)は癌や塊の腫瘍を溶かして潰すような漢方薬でなければ、全く効かないという事です。

しかも、進行する速度が非常に速い

1日3回の服用では漢方薬の有効時間がすぐに切れて、痛みが出るという点です。

★ 漢方薬の服用の仕方

痛みが出そうでしたら漢方薬の成分を使い果たされたという事ですので、直ぐに漢方薬を1包 お飲み下さい。

★ 痛みがきついようでしたら、ヘルペス(帯状疱疹)の程度に合わせて一度に2〜3包 服用して下さい。


慢性のヘルペス(帯状疱疹)の方へ

ヘルペス(帯状疱疹)を20年以上
医師には「絶対に治りません」と言われて諦めている方がおられましたが、漢方薬とフコイダン両方をお使い頂いて、押すと痛とジガジガとかチカチカ痛痒い症状が消え、
「何をするにも億劫(おっくう)だったのがなくなりました」
と大変喜んで頂いております。

改善する期間はそれぞれに異なります。御了承下さいませ。

発生したばかりの方、
発生して時間が立っている方、
発生して病院治療したが改善されない方、
発生して治療したが治らず数ヶ月たっている方・・・・・・当等
それぞれに治療期間が異なります。


漢方薬の服用でヘルペス(帯状疱疹)を繰り返していた方が再発が止まります。



改善期間
■ヘルペス(帯状疱疹)が発生したばかりの方は改善期間が短時間で済みます。

慢性の方は完治するには時間がかかりますが、服用している間は苦痛無く、日々の生活を過ごす事ができます。

早期に御電話相談くださいませ。

2008年4月
お肌の悩み解消サイト『ケアナビ.Com』を開設いたしました。ご覧下さい

アドレスは http://www.keanabi.com/です。


関連ブログです。

2008.8.1;ヘルペス(帯状疱疹)が漢方薬16日分で症状が全て改善され、痕跡が有るかなという程度になりました。

2007.10.16.ヘルペス(帯状疱疹)漢方薬の服用直後に痛みが取れました。

2007.4.11;フコイダン頑固な帯状疱疹に速効結果





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔