2008年03月04日

余命3〜4ヶ月の命治療法無しと宣告した末期肝臓癌患者に血管造影手術


FM KITAQラジオ「町の情報ステーション」木室ミエ子が毎週ラジオ生出演です。

FMKITQのホームページです。
こちらからFMKITAQラジオの番組を動画でご覧いただけます。



オータニ漢方薬局の症状改善別レポートはこちらからどうぞ








その人は53歳 男性
2008年2月12日ネットをご覧になられてお一人で初来局されました。
 肝臓に  
    30舒幣紊隆發2箇所 
    20舒幣紊隆發2箇所

去年2007年6月8日
原発性肝臓癌7〜8cmのがん細胞発見
2008年2月8日半年間入院治療
2008年2月4日CT検査
がん細胞はリンパや胸あたりまできている。
2007年12月末にはなかった。

「病院では治療は打つ手は無いと言われました」と
2008年2月12日
体質改善の漢方薬を14日分¥8820ご購入

 
2008年2月20日
14日分の漢方薬を8日間で服用して来局されました。
【服用結果】
虫刺され状態のふくれ湿疹が出なくなりました。
ほぼ体全身の(肩周り、脇、ウエスト周り、両太もも周り、両足首周り、肩甲骨周り、両ひじ周り)の痒みも無くなりました。
下痢のひどいのがなくなり大便も2〜3日に一回の便秘でしたが、
漢方薬服用して毎日ほどほどに出るようになりました。



作日 3月3日来局されました。
癌が大きくなっており病院で血管造影の手術をするというのです。
「病院では治療は打つ手は無いと言われました」と宣告された時からもそれ以前からも癌細胞は日々増殖しています。

前回の検査よりも癌細胞が大きくなっているのは当然の事ではないですか?

去年2007年6月8日
原発性肝臓癌7〜8cmのがん細胞発見した時から癌細胞を食い止める事ができず
今日まできているのです。


病院ではうつ手が無く治療法がないと言われネットで懸命に効果のある物を探し、やっと漢方薬に巡り合い癌細胞との戦いを始めたのです。


結果
肝臓の機能が復活して解毒機能が正常に働くようになった為に
虫刺され状態のふくれ湿疹やほぼ体全身の(肩周り、脇、ウエスト周り、両太もも周り、両足首周り、肩甲骨周り、両ひじ周り)の痒みが無くなり

肝臓の湿や熱が取れてきた事により下痢のひどいのも消え、
肝臓の造血機能が正常に戻ってきた事で2〜3日に一回の便秘が毎日ほどほどに便が出る様になっているのです。

「癌が大きくなっているから血管造影の手術をします。」

がん細胞が増殖している事は計算にいれている筈です。

なんで今更医師は手術をするというのですか?

がん細胞はリンパや胸あたりまできているというのに
余命3〜4ヶ月と宣告している患者さんに高いお金を出費させてまで
助かる見込みの無い
体の1部分的でしかない血管造影の手術を
何故今更するのですか?
血管造影ではリンパや胸周辺まできている癌には不十分では無いでしょうか?
これまで100%完全に全身のがん細胞に血管造影で薬を行き渡らせる事が成功できているのでしょうか?
薬の量が多すぎて死亡すると言う事は無いのでしょうか?
この方の体力が全身のがん細胞を死滅させる血管造影に使用する薬の量にどれだけ耐えられるのか?
オータニの漢方薬を服用して体力が回復すると手術を勧められ
薬の副作用に耐え切れずに死に至る方を多く見てまいりました。

漢方薬は体のがん細胞のある部分すべてに到達して熱や湿や鬱や乾燥、冷え、を取り除き、気や血の滞りを取り除いてスムースにする事で癌細胞は取り除かれてゆきます。
漢方薬の世界では良性も悪性も有りません。
細胞が異常増殖という点では同じ物です。
西洋医学の世界ではがん細胞は転移するというところが非常に恐れる点ですが、
漢方薬はすべて異常細胞とみればすべての箇所に到達して効力を発揮します。

癌細胞があってもそれが除序に90%になり80%になり70%になり50%から20%になりと長い年月をかけて仕事をしながら、好きな旅行をしたり、好きな物を美味しく頂いたり、
人生を楽しみながら、癌細胞と仲良く80、90歳まで
生きれたらそれで良いではないですか?


何故、

吐き気や食欲不振や倦怠感や不眠などを与えるような血管造影をするのですか?
余命3~4ヶ月間というのであれば、
漢方薬で今改善状況が見られているのを見守る事は出来ないのですか?
現在、漢方薬が効かなくなり、どうしようも無いというのであれば納得もゆきますが病院で打つ手がないと言われ放置された
がん患者さんが改善方向に向かっているのに
何故、今更
「病院でラジオ波やエタノール注射でも効果の出なかった」
血管造影の手術をするのですか?
そのような手術は急激に体力を消耗させます。
食欲も吐き気などで一挙におちるのです。

がん細胞は弱った体では勢いを増します。
体力がありますと良性細胞ががん細胞を食べてゆくのです。

何故ですか?

命は何より尊い
大事にすべき物ではないのですか?


私の心の叫びです。



2008年4月
お肌の悩み解消サイト『ケアナビ.Com』を開設いたしました。ご覧下さい

アドレスは http://www.keanabi.com/です。








ohtani_kanpou at 00:09│Comments(0)難病・奇病について 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔