2009年06月03日

漢方薬166日分服用でまん丸大きいチョコレート膿胞8僂消えて有りません。

未病は体の危険信号 健康に役立つ漢方薬のウソ・ホント ぐらんざ塾 


〜関西 オータニ漢方薬局相談会のご案内〜2010年9月19日(日)センタープラザ西館



漢方薬の郵送販売が続けられるよう皆さんのお声を!署名活動にご協力下さい!



女性 34歳 鳥取県
2009年5月29日漢方薬をご注文の際にお話しして下さいました。
漢方薬166日分服用の結果です。

2008年10月16日に初めてご相談のお電話を頂き10月17日より漢方薬を服用されています。

「漢方薬服用前 福井県の大学病院のMRI検査ではチョコレート膿胞8僂有りまして、それから子宮内膜症も有ると言われました。」
「痛み等が有り安静にしなければいけないと言われていました」

「生理前になるとお腹がパンパンに張った感じになりまして、腰が痛くイライラして段々2人目を出産(帝王切開)した後から痛くなって痛みが増えていました。」

「酷い痛みが来たのが、2008年9月20くらいにきました」
「痛みの原因がわからなくて4日間位痛みを我慢してて
以前1人目を出産した時の癒着が酷いと言われていましたのでそのせいかなと思いズーと我慢していたんですけど、1人目は平成13年に帝王切開しているんですけど、2人目は平成18年帝王切開です」
「その時はお腹を開けたら膀胱も右側に引っ張られていて右の盲腸のあたりと思うんですが、それが剥離して手術中に大出血を起こしたりして膀胱が癒着してかなり引っ付いていたのでかなり癒着して2人とも出来にくくて色々検査とか不妊治療とかして2人目は自然に妊娠しました。」

「2009年4月主人が転勤しまして鳥取の大学病院で検査しました」
「鳥取の大学病院では子宮と卵巣がくっついた所でそこがたまたま排卵を起こした時にそこで出血を起こしてそれが出口が無いため 卵巣の中に血液が溜まってそれが
チョコレート膿胞の様に見えたのではないかと言われました。」

「木室先生にもピルは飲まない方が良いですよ言われていましたし大学病院の先生にもピルをやめて良いよと言われましたのでピルを止める決心をしまして先月5月8日にピルをやめました。」
「ピルは下半身太りしてイヤなんです」
「やめたい。中年太りみたいです」
「内膜症とか手術の為に起している癒着の痛みをピルで押さえていたのでピルを止めたらまた痛みが出るかもしれないよとは言われました。」

「鳥取大学のお医者さんのお話では 癒着したところで排卵が起こった時に出血を起こして卵巣がポンと腫れあがる事は確実にあるそうです」

「漢方薬を服用して調子が良いと思っています」
「自分の症状として確実にあるのは右脇腹の鈍痛です。排便した後30分位の鈍痛です。」
「耳鳴り、イライラ感、不安感、煩わしさ、気が沈む、肩こり、もたれ、便秘は全く有りません。」
「漢方薬を服用して改善しました」

「ピルを飲んでいて肌は荒れました。」
「漢方薬を服用して一番嬉しいのは口唇ヘルペスが去年から1度も起きていない事です。免疫力がアップしたのだと思います。」
「めまいも有りません」
「不眠も全く有りません」
「本当に漢方薬のお陰と思っています」
「自分の体は去年から見るとどうなる事やらと思っていました。」

「子宮内膜症とかが癒着でチョコレート膿胞ができていると言うことで福井県の大学病院のMRIで見てもまん丸大きい8儖未農┐大きい物だったですけど、鳥取の大学病院で子宮内膜症のチームを作っている先生に診て頂いたらチョコレート膿胞というよりも癒着してくっついたところで排卵してそこで出血してそれが卵巣の中に逃げて
ポーンと腫れあがったと言われたんですよ、8僂硫瑤消えているから」
「チョコレート膿胞は良くなっている」
「姉も看護婦長をしていて学生に教えている程の立場なんですけど漢方薬は止めない方がいいよ、漢方薬が確実に効いていると思うよ」
「姉もピルは飲まない方がいいよと言っていました」

「鳥取県の大学病院の先生にも福井県の大学病院の先生にも漢方薬を飲んでいるとは
言っていません」
「吐き気も胃痛も頭痛も有りません」

「むくみは少し有ります」

「のぼせも無くなりました」

「生理痛も少しだけです」

「生理も毎月 キチン キチンとある様になりました」

「漢方薬を引き続きお送り頂けるという事で安心しました」

「主人は私の体が丈夫になれた事で仕事で遠くにも安心して行く事ができると喜んでくれています。」
「もし漢方薬を6月からの薬事法改正施行で送って頂けなくなったら2人で
福岡迄
買いに行こうねと主人が言ってくれていました」

※木室ミエ子
チョコレート膿胞が かなり大きいと言う事で2008年10月にご相談頂いた時より
漢方薬は塊を潰して流しながら体全体の症状を同時に底上げ式に改善する処方内容としました。
ですからチョコレート膿胞8僂無い方がこの処方を服用致しますと、体を冷やしすぎて翌日には胃痛や下痢、胃もたれ、食欲不振を起こす処方です。

しかし
彼女は逆に体は温まり症状は改善され元気になって行かれました。
胃痛や下痢、胃もたれ食欲不振は1度も起きていません

166日間連続して塊を潰して流す処方です。
チョコレート膿胞8僂なければ胃腸はとっくに悲鳴を上げています。

あなたはどの様に思われますか?
※木室ミエ子


漢方薬と商品服用履歴
2008年10月16日
体質改善薬 16日分 ¥10080
薬膳粥 30食 ¥7350風邪ひきはじめ薬(秋用)¥1890

2008年11月4日
体質改善薬 30日分 ¥18900
交通事故による打撲改善薬 7日分 ¥4410

2008年12月2日
体質改善薬 30日分 ¥18900

2009年1月7日
体質改善薬 30日分 ¥18900

2009年2月13日
体質改善薬 30日分 ¥18900

2009年3月24日
体質改善薬 30日分 ¥18900



この女性の方は以前2008年11月6日に
「漢方薬16日分でチョコレート膿胞8僂3僂砲覆蠅泙靴拭廚箸いΔ海箸播仂貭困い進です。
漢方薬16日分でチョコレート嚢胞8cmが3cmになりました
女性 34歳 福井県

(ご主人の仕事の都合で福井県から鳥取県に引っ越しされました)

漢方薬購入日;2008年10月16日 
2008年11月4日にお電話でお話下さいました。
体質改善漢方薬 16日分 ¥10080
風邪ひきはじめ薬(秋用) 3日分 ¥1890
薬膳粥 30食 ¥5250

「右のチョコレート嚢胞8cmが3cmになりました」
「2008年10月20日の病院検査では4cm」
「2008年10月31日の病院検査では3cm×2cmの楕円形です」
「病院の先生はホルモン剤が効いたのかなと言っていたんですが、姉も看護師をしていて、病院のホルモン剤ではそんなに早く治る筈無いから漢方薬を続けた方がいいんじゃないと言うんで」
「自分のイライラとかが大分無くなりましたし、右の中の腸が少し動いただけでも引っ張られる様な凄い痛みが背中まで有るので、漢方薬を続けたいと思います」
「引き続き、漢方薬をお願いします」

関連ブログ 2008年11月6日この方に登場頂いたブログです。2008.11.6漢方薬16日分でチョコレート嚢胞8cmが3cmになりました

2008年4月
お肌の悩み解消サイト『ケアナビ.Com』を開設いたしました。ご覧下さい

アドレスは http://www.keanabi.com/です。
こちらから購入できます。


ケアナビが貴方の町へ行きます。こちらをクリックして下さい。





関連ブログです。
2010.1.19.子宮内膜症が有りますが、漢方薬1か月分程の服用で妊娠しました。


2010.1.16子宮内膜症酷い月経痛は子宮内膜症を疑って 日本経済新聞

20101.15.子宮内膜症・子宮筋腫の突き上げる痛みが漢方薬1日分で消えました

2009.11.11.尋常性白斑改善の漢方薬3カ月分服用で生理不順が治り妊娠2ヶ月目です。

2009.10.30.剥奪性口唇炎の漢方薬90日分服用で今妊娠2カ月目です。.

2010.01.15子宮内膜症・子宮筋腫の突き上げる痛みが漢方薬1日分で消えました

2009
12.18.間質性膀胱炎が漢方薬で改善し出産しました


2009.10.16.生理の多量出血が漢方薬で止まりました。

2009.10.10.妊娠中の体調不良が漢方薬服用で改善した方より感謝のメール頂きました。

2009.2.20子宮筋腫の漢方薬で花粉症がでなくなりました。

2008.12.22 口唇炎改善中、漢方薬服用4ヶ月目で子宮線筋症が治りました。

2008.11.6.漢方薬16日分でチョコレート嚢胞8cmが3cmになりました

2008.9.30 35歳、子宮内膜症、卵巣の癒着、子宮後屈、腸下睡、粉瘤腫が漢方薬で改善され、健康な女児を出産しました

2008.6.20.39歳の方、漢方薬14日分服用で妊娠しました。

2008.4.15.生理時の子宮腺筋症の痛みが体質改善の漢方薬7日分服用で消えました

2008.4.10.妊娠7ヶ月腎臓の酷い痛みと口の渇きが漢方薬1包で消えました。

2008.3.1感謝のメールです。生理前の胸がカンカンに張る症状が無くなりました

2008.2.19.子宮内膜症、卵巣の癒着、子宮後屈が漢方薬で改善され妊娠しました

2007.7.27.婦人科疾患 女性の赤いオリモノ 漢方薬7日分で完治

2007.6.5生理中は検査数値は異常を示します。

2007.5.18.子宮内膜症 ,自律神経失調症 ,肝炎改善報告

2007.5.17子宮内膜症の改善報告お喜びのお声です。

2006.12.2.子宮筋腫の痛みが2日目で消えました。

06.11.27.痒みが消えて子宮の痛みに気付きました。

2006.10.17.子宮筋腫、貧血を伴った辛い症状が楽になりました。

2006.10.7.左右卵管癒着の痛みの方です。土色のクスミがとれました。

2006.10.4.妊娠したい、左右の卵管癒着で痛み、漢方薬1包服用して、翌朝には癒着の痛みがありません

2006.9.27.卵巣がん、再発改善報告、血液検査正常、血糖値+3が+1に良くなりました

2006.9.15.卵巣ガン摘出手術2年後再発病院での治療法は無いといわれた方 漢方薬服用改善報告

2006.8.21.出産をしやすくする漢方薬と漢方薬服用しての出産までの経過報告


2006.8.19.冷や汗 生理の多量出血 自律神経失調症 安定剤 社会不安障害

2006.8.17.子宮筋腫、肥満、過食、ストレス太り16年間、体脂肪40%、1年間で10k増

2006.8.16.生理が来ない。血が少なくて 漢方薬は改善に大きく期待できます

2006.8.14.不正出血 下痢 被害妄想 無くなり明るい性格に変わりました。

2006.8.13.子宮筋腫の漢方薬は猫の引っかき傷や噛み傷、靴ずれの化膿にもl効果あるんですね。ビックリです。

2006.8.12.生理不順 漢方薬だからこそ全ての症状を考慮したお薬をお渡しできるのです

2006.8.7.生理の多量出血 28歳 女性 冷え、生理痛、頭痛、肩こり、冷や汗、鬱、顔ノクスミ、眼精疲労

2006.8.4.“不正出血と生理不順 “に隠された症状 漢方薬服用経過報告

2006.8.1産後の鬱 女性の鬱 原因と改善方法 漢方薬は最適です。

2006.7.17.妊娠中の風邪薬 つわり 妊娠中毒症 むくみ 便秘 腹痛 産後の薬








ohtani_kanpou at 19:05│Comments(0)漢方薬について 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔