2011年03月07日

【記憶力低下】-----髪を黒くするくるみと黒ごまの飴-----烏髪糖蘸(ウファタンチャン)


抜け毛、白髪が気になりだしたら。
黒ごま、くるみが体内から働きかける。


25-2b


■主材料

むきくるみ・・・250g
黒ごま・・・250g

■副材料
赤砂糖・・・400g
蜂蜜・・・50g
なたね油・・・適宜
水・・・200g

■作り方
|羃敍蕕魘火にかけてなたね油を少量馴染ませ、黒ごまを入れて炒め、器にあけておく。
∪嶌重と蜂蜜を鍋に入れ、水200gを加えて弱火にかける。赤砂糖が溶け、汁にねばりがでるまで約10分間煮たら、,旅ごま、むきくるみを入れ、よく混ぜ合わせて鍋を火から降ろす。
あらかじめ熱しておいたなたね油をホーロー皿にまんべんなく塗り、△冷めないうちにそこへあける。やや冷えたら、ヘラなどで平らに伸ばす。

25-1

■薬味・薬性
くるみは甘平で、腎・肺経に入る。黒ごまは甘微温で、肝・腎経に入る。

■効能
黒ごまは、肝・腎機能を強化して体を滋養する働きがあり、自律神経機能の失調や高血圧、動脈硬化からくる諸症状の改善に効果的である。くるみは腎の働きを活発にして体質を強化する作用、腸を潤して便通をよくする作用なども持つ。従ってこの一品は、滋養強壮効果に富み、脳の働きを活発にして、廊下を防ぐといった働きが期待できる。

◆このような方におすすめします
ー稠鯣院脱毛症でお悩みの方。
¬椶泙ぁ⊆鳴り、足腰のだるさなどのある方。
神経衰弱、記憶力減退などでお悩みの方。
な愴訃匹諒。特にそういった症状のあるお年寄り。


「これは効く病名別漢方薬膳料理」株式会社京都書院発行より引用


ohtani_kanpou at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)薬膳料理 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔