2011年06月06日

一般新聞(朝日,西日本,日経,毎日,読売)から(2011年2月)

【国内の話題】
・教会けんぽの保険料率は平均9.5%,全ての地域で上昇,地域差も拡大,’11年度(日経ほか 2.1)
・点鼻薬で脳梗塞や脊椎損傷の脳神経を再生, 移植手術不要で患者負担軽減,マウス実験,名大(日経 2.2)
・ステロイド剤による筋移植のメカニズムを解明,必須アミノ酸(BCAA)で予防,東大(日経夕 2.2)
・習慣流産特有の遺伝子配列を発見,胎盤で血液凝固を防ぐタンパク質が減少,藤田保健大(日経夕 2.2)
・小児用のドイツ製補助人工心臓,’14年の承認をめざし年内にも治験開始へ,東大ら(日経 2.3)
・脳神経細胞の活動を調節する新メカニズムを発見,記憶の解明に期待,ラット実験,東大(日経 2.4)
・白髪や脱毛の原因を解明,毛根の17型コラーゲンが不足,マウス実験,東京医歯大ら(読売ほか 2.4)
・国民健康保険,実質2,633億円の赤字,収納率は88.01%で最低を更新,’09年度(読売 2.5)
・植物成分のフラボノイド「ケセルチン」,スギ花粉症の症状が1/2〜3/4に軽減,阪大ら(日経 2.6)
・iPS細胞から膵島の作製に成功,移植し3ヶ月間血糖値を低く維持,マウス実験,東大(朝日 2.6)
・BMIが18.5未満の「やせ」に区分される30〜40代の女性が20年前に比べ増加,厚労省研究班(読売夕 2.7
)
・新規エイズ患者453人・感染者1,050人で増加傾向,警戒感が低下し検査件数は減少’10年(毎日ほか 2.8)
・タバコ値上げ後も喫煙率は変化なし,1人あたりの本数は減少,成人男女1,146人調査(読売夕 2.8)
・乳がんの乳房温存手術は59.2%,乳房再建手術は6年前の3倍,’09年,患者団体調査(日経 2.9)
・スイゼンジノリ抽出成分「サクラン」がアトピー性皮膚炎に有効,マウス実験,高知大(西日本 2.9)
・肺炎薬の過剰投与死,医師だけでなく薬剤師にも責任,照会義務の過失を認定,東京地裁(日経 2.11)
脳梗塞治療で脳出血を起こすタンパク質特定,血栓溶解療法が発症後8時間まで可能に,新潟大(読売 2.11)
・恐怖等の記憶を消す仕組みを解明,内在性カンナビノイドが基底核の活動を活発化,北大(日経 2.12)
・薬の副作用情報,ネットを利用し患者から直接収集,試験運用開始,7月末まで,厚労省(日経 2.12)
・はしかの海外輸入例が増加,1月3週間で患者の28%,昨年は7.3%,予防接種促す,感染研(日経 2.13)
・月桂樹の葉の揮発成分に注意力低下を抑制する効果,香りが強すぎると逆効果,九大(読売夕 2.14)
・免疫細胞Tリンパ球の有効数を増やす仕組み解明,タンパク質「クローディン4」が援助,京大(日経夕 2.15)
・サプリメントで薬剤性肝障害,過剰摂取を指示したエステサロンを提訴,福岡(西日本夕ほか 2.15)
・2種類の埋め込み型補助人工心臓を4月より保険適用,国産初,3月から先行適用(西日本ほか 2.17)
・軟骨も映し出せるX線装置を開発,関節リウマチや乳がんの早期発見等に有用,東大ら(日経 2.17)
・高齢者の所得格差ががん死亡リスクに反映,低所得者は高所得者の2倍,日本福祉大(読売夕 2.17)
・虫歯原因成分の産生酵素「グルカンスクラーゼ」の構造解明,予防薬開発に道,静岡県立大ら(読売 2.18)
・iPS細胞から網膜細胞を作製,人に近いサルへ移植成功,世界初の臨床応用に近づく,理研(読売 2.18)
・向精神薬を1ヶ月に複数医療機関から入手した生活保護受給者が679人,転売の恐れ,福岡市(毎日 2.19)
・不良タンパク質処理の仕組みを解明,アルツハイマー病等の解明に期待,京産大ら(日経 2.19)
・大気汚染物質が花粉症を悪化させる仕組みを解明,オゾン産生の活性酸素が反応,東大ら(日経 2.21)
・失った脳細胞を再生,成長促進タンパク質を注射,脳性まひ等の治療に期待,マウス実験(朝日 2.21)
・医療機関清掃業者の3割が針刺し事故等を経験,肝炎感染の恐れ,’06〜08年度調査(読売夕 2.21)
・食品中トランス脂肪酸含有量の表示指針作成,義務化に先立ち業界い順守を要請,消費者庁(日経ほか 2.22)
・赤血球産生に不可欠な酵素発見,骨髄異形形成症候群等の重症貧血治療法開発に道,都臨床研ら(毎日 2.22)
・インフルエンザ治療薬ラピアクタ™使用患者から耐性新型ウイルスを検出,国内初,感染研(日経夕 2.22)
・食べすぎを判定する試作機を開発,食後2時間の尿中の微量な糖分を測定,タニタ(西日本 2.23)
・イレッサ™の副作用訴訟,企業に賠償命令,添付文書の記載が不十分,国の責任は否定(西日本ほか 2.26)
・乳酸菌「WB21」の口腔内投与が口臭改善に効果,歯周炎症も軽減,福岡歯科大ら(西日本 2.28)

【海外の話題】
・新型インフル用ワクチンの一部で若年層にナルコレプシー,12ヶ国で報告,日本は未使用(日経 2.9)
・早期乳がんのリンパ節切除,全切除と一部切除の生存率は同じ,米国多施設臨床試験(日経 2.12)
・果物や赤ワイン中に含有のフラボノイド摂取量が多いとパーキンソン病発症リスクが低下,米大(毎日 2.25)



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔