2011年06月22日

【胃弱・食欲不振】-----豚肉のこんぶ煮-----海帯焼肉(ハイダィシャオロウ)

67-豚肉のこんぶ煮-2

■主材料(5〜6人前)
こんぶ・・・50g
豚肉(皮付き)・・・500g


■副材料
大茴香(八角)・・・15g
ねぎ・・・5g
しょうが・・・5g
さんしょうの実・・・15粒
水飴・・・2g
大豆油・・・25g
しょうゆ・・・5g
砂糖・・・10g
スープ・・・200g

67-豚肉のこんぶ煮-1


■作り方
‘敍はきれいに洗ってから2cm角くらいの大きさに切っておく。
△海鵑屬録紊砲弔韻討發匹掘△れいに洗ってから1辺2cmくらいのひし形に切っておく。
しょうがは薄切りに、ねぎはぶつ切りにしておく。
ざ火にかけた中華鍋に大豆油を馴染ませ、,瞭敍を入れて炒める。
豚肉の色が変わったらの材料、しょうゆ、砂糖、水飴、さんしょうの実、大茴香およびスープを加える。
キい涼羃敍蕕煮立ってきたらアクをとり除いて火を弱め、そのままの火かげんで約2.5時間煮込む。
ついで△里海鵑屬魏辰┐討気蕕北40分間煮込んだ後、火から降ろし、ねぎ、しょうが、さんしょうの実、大茴香を除いて器に盛る。


■薬味・薬性
こんぶは鹹寒で、肝・胃・腎経に入る。
豚肉は甘微寒で、脾・腎経に入る。タンパク質、脂肪などを多く含む。


■効能
豚肉には滋養作用があり、内臓諸器官の生理機能を促進するので、常に適量をとると皮膚を潤しつややかに保つ効果がある。
こんぶはヨードを多く含み、単純性甲状腺肥大などの治療に効果的である。
その他、たんを除き水液代謝を調節する作用もある。
従ってこの料理は消化器、呼吸器系機能を高め、甲状腺機能低下を改善する働きに優れている。


◆このような方におすすめします
^瀋欧弱い方。また、食あたりでお悩みの方。
∨性気管支炎などでたんの多い方。
C噂秬甲状腺肥大の治療補助として。


〜スープについて〜
基本的に、鶏、アヒル、豚肉、ハム、ガラ、豚骨などを時間をかけて煮込んだものをいい、これらの材料の他に黄酒、しょうが、さんしょうなどを加えるのが普通である。また、スープは次の4種類に分けられる。
\凝髻淵船鵐織鵝法ΑΑι縮未北が浮いていない透き通ったもので、味は淡白。
高湯(カオタン)・・・比較的濃厚で、味にコクがある。
A湯(シェンタン)・・・高湯よりさらに濃厚な味で、肉類を煮だしたスープの中では最高のもの。
ぅ淵づ髻淵淵ぅ織鵝法ΑΑζ湯ともいい、白く濁ったもので、味は濃厚。なお、ミルクを使ったスープもこう呼ぶ。
※スープが材料にあるところには、どれを用いても構わない。好みに合わせて濃淡使い分けて頂くとよい。



「これは効く病名別漢方薬膳料理」株式会社京都書院発行より引用



ohtani_kanpou at 14:26│Comments(0)TrackBack(0)薬膳料理 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔