2011年06月28日

「桐沢型ぶどう膜炎(急性網膜壊死)」で失明を宣告された目が漢方薬3週間分で回復しています。



「桐沢型ぶどう膜炎(急性網膜壊死)」

2011年6月6日来局され
体質改善薬 30日分ご購入されました。
服用 3週間分の結果です。

2011年6月27日お話し下さいました。

「心が軽くなりました」

「安心感」

「この漢方薬を服用していれば大丈夫という・・・」

「気持ちが全然 違う 」

「以前は 漢方薬を服用する前は 医師に失明を宣告されて
泣いてばかりいました」

「泣いてばかりで瞼も浮腫んでいましたが」 
「今 瞼の腫れも顔のむくみもとれています」

※木室ミヱ子
「顔のむくみが取れて 顔が小さくなり 目元がきりりとして
います」※

「泣いてばかりいる私を 見かねて息子がインターネットで
オータニ漢方薬局さんを見つけてくれました」
「ここに行けば 大丈夫だ」
「まだお会いした事もないのに 症状改善レポートを読んで
息子が太鼓判を押してくれました」

「目に炎症の影がチラチラ見えて いましたが 
今は夕方ちょっとある程度」
「晴れた日は 余計にチラチラはします」

「飛蚊症も以前は黒い点が3〜4個ありましたが」

「今は 一日中ではありません」
「お風呂に入った時くらいにしか 飛蚊症は出ません」
「目が重い感じも前みたいに 気になりません」

「目のヘルペスからくる痛みもありましたが 
今 目の痛みは以前程ではありませんが 
まだあります」

「漢方薬を服用してから 娘と主人が私の肌が違うと言います」

「肌がきれいになっているよ」
「肌のキメや潤いや 肌の色も以前と違う」

「 以前は肌が シワシワでバアーさんみたいになっていたのに違う 肌に関しては何もわからない主人から言われました」

「漢方薬を飲めることが有りがたいです。感謝です」

「元気になりましたので 先週から 
少しずつ少しずつですがウオーキングを20分から始めました」

「病気は心で変わると思いました」

「全て 体全身が良くなっていく感じです」

「漢方薬は ゆっくり効くと聞いていましたが違うんですね」
「早いです。3週間の効果です」

「この漢方薬があったら大丈夫という感じです」

「漢方薬を服用前 病院に入院中でしたが 入院期限が来ない内に
退院しましたから 病院から病状報告のお手紙がきました」

「ショックを受けてしょげていましたら 息子がオータニ漢方薬局の先生に相談したら 僕は先生を全面的に信頼しているよ」
「先生だったらこの書類を見て 笑い飛ばすよ」
と言ってくれました」

《病院からの通知書》
【傷病名】 左 桐沢型ぶどう膜炎(急性網膜壊死)
【病状】平成23年5月2日 左 桐沢型ぶどう膜炎にて受診
受信日にそのまま入院
5月6日迄 点滴 内服 点眼加療 
5月7日外泊後そのまま 退院
今後 網膜剥離等の発生の可能性が高いと考えられる為
眼科的な治療継続をお勧め致します。
入院中の処方
バルトレックス(500)
バイアスピリン(100)
プレゾニン
 以上 病院からの通知内容です。

 ※木室ミヱ子
★目は肝臓が3分の2 腎臓が3分の1関与しています
目は血を得て見る事が出来る
と内経(中国漢方で一番古い医学書)では謡われています。

症状の深い目を改善するには 眼球だけを触って改善はされません。

 水分代謝を促進して目から房水を取り除き 眼圧を正常化する
 脾臓や肺臓を強化して網膜や粘膜を強化する
それによって網膜剥離を防ぎながら元の強い目に復活です。
 肝臓の熱を取り除いて目の熱(炎症・細菌)を取り除く
 内出血して眼球に滞っている血を於血剤で取り除く
 肝臓を強化して肝臓が血を造血しますと目に血を与える事ができますので視力は復活します。※

【来局時の症状】
★目にヘルペス
★目が失明しますと医師に宣告された
★炎症の影がちらつく
★眼球が重い感じがする
★体や顔全体むくんでいる
★肩こりがたまにある
★目がまぶしい
★飛蚊症が1日中ある 黒い点3〜4個
★コレステロール240
★肌が冬は乾燥で痒い

【ご購入された商品】
2011年6月6日
体質改善薬 30日分 ¥18900
伝説の王妃シャンプー 100ml 1本 ¥3000
以上 服用結果です 
(3週間分服用の結果との事ですので
まだ残りの漢方薬が手元にあるようです)


本日 2011年6月27日
体質改善薬 30日分 ¥18900

風邪ひきはじめ薬 3日分 ¥1890 ご購入されました。


漢方薬服用前(左)舌の表は縦線の筋が舌の奥から先端迄伸びて周囲にも
縦筋や細かい亀裂が流れていたが 漢方薬服用後の舌は縦筋が短くなり周囲の縦筋は消えている
これは 体に血や津液などができて体に潤い 目に栄養素を供給できていると言う事である

舌の浮腫み具合も漢方薬服用後が小さくなっている
これは全身の湿が取れている事が証明されている

【服用前】2011年6月6日                       【服用後】  2011年6月27日           服用前2011.6.6 舌表  
漢方薬服用後20116.27舌表


 










舌の裏は漢方薬服用前の方が2本の静脈血管の色が濃い
漢方薬服用後が色が薄い これは体の於血や熱や毒素が取れてきて
いると言う事は証明している

【服用前】 2011年6月6日                      【服用後】2011年6月27日  漢方薬服用前2011.6.6舌裏漢方薬服用後2011.6.27舌裏











【現病歴】
4月22日〜左)視力低下を自覚され、増悪傾向にあるため
4月25日 医院受診 左)ぶどう膜炎の診断にて点眼(サンベタゾン 4×左)開始
    その後も症状増悪傾向であるためプレゾニン内服開始
4月28-30日プレゾニン(3・2・1)
5月1日  プレゾニン(2・1・1)
    プレゾニン内服開始後症状改善なく左眼矯正視力(0.4)
    前眼部炎症、眼底の滲出性変化の増悪
5月1日 左眼矯正視力(P0.3P)
    左眼前眼部炎症と硝子体混濁 眼底検査にて周辺に白色浸出斑認め、
    桐沢ぶどう膜炎と診断し、加療目的に同日入院となった

【右側】耳側漢方薬服用前の眼球内の状態です。











【外上方 曄                      擲鮎緤◆外上方1外上方2



ohtani_kanpou at 09:48│Comments(0)TrackBack(0)慢性症状について 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔