2012年02月12日

切れ痔 いぼ痔 痔ろう は漢方薬で湿・熱・火・燥を取り除き3日分で即効です。


皆さま 漢方薬は長期に服用しないと効果がないとお思いになりますか?

漢方薬は即効性が高いんです。
結果 安上がりです。
 
当 オータニ漢方薬局の
漢方薬は高い 即効性が無いという誤解を解く為に
急性疾患薬  3日分 ¥1890  50品目 販売をしております

急性疾患薬でしたら3日間 で正常な状態に改善する事が出来ます。

体質改善薬は 7日分 からお渡ししております。
7日分で ほとんどの疾患薬が 4410円 1日分630円です。


3日間で改善が何故 可能とお思いになりますか?
東洋医学における病気の原因は
3つの原因があります
外因 内因 不内外因
外因は気候の変化
内因は強い感情
不内外因は生活習慣など 


★外因の気候の変化は下記
六淫 六邪 です。
1.風;風邪に当たり過ぎて病気になる
2.寒;寒さが原因となり病気になる 
3.暑;夏の暑さによって病気 
4.湿;高い湿度によって病気になる 
5.燥;乾燥により津液(体液)が不足して病気になる 
6.火;高い熱の環境が原因となって病気になる


★内因;強い感情
七情
喜びすぎると:心臓を傷つける
怒り過ぎると;肝臓を傷つける
憂い 悲しみ過ぎると;肺臓を傷つける
思いすぎると;脾臓を傷つける
恐れ 驚きすぎると;腎臓を傷つける


★不内外因
食生活の不摂生 働き過ぎ 性行為の過多 
大きな怪我など

人間の体は気や血や津液 精液が充分に満ちて元気な時は
邪をはねのける力があり 病気になりません。

外因は気候の変化 
内因は強い感情 です。

病気はその様な原因から発生します。
風邪から来る病気 風邪に中っておきる病気 わかりますか?

扇風機に長く中ると筋肉に痙攣(けいれん ピクピク等・・・)が起こりますね 
これは 肝臓を傷つけます

寒の邪 寒い時期は寒さが骨や筋に中ると痛みます 
寒さは腎臓を傷つけます

湿邪 雨の日に外を歩きますと足がだるく 重く 腫れてます。
湿は脾臓・胃腸を傷つけます。湿気の多い雨季に胃腸を壊すのは湿が多いからです。

燥の邪 肌が乾燥しますと痒くなりますね 乾燥は肺臓を傷つけます。
肺臓は皮と毛を支配します。肺臓が乾燥しますと皮膚も乾燥して過敏肌となります。
あらゆるものに過敏に反応して皮膚病が発生しやすくなります。


怒る邪 怒るは気が上がり ストレスで怒りや
イライラな気持ちは不眠や 筋肉が痙攣して胃痛や
心臓が痛んだりと症状が発生します

その様に病気の発生は
もともと 病気になる弱った体の土台があり
 風 寒 暑 湿 燥 火や 

ストレス等色々の邪が引き金となり
疾病が発生します。


漢方薬はその様な邪を取り除いて健康を取り戻してあげる事が出来ます。

痔は 誰にも相談できない
病院に行くにも どこがいいのかわからない
女性は 産後に痔にかかり易い 事から痔を取り上げてみました。
男性も多いですよ。


【痔】
私(木室ミヱ子)は漢方薬を扱う前 薬局や薬店で販売していました。
痔の薬 ビタミンE剤や痛み止めの座薬や軟膏 
清潔にして下さい と清浄面をお渡しして でも改善しない

誰にも相談できない 病院にも行きたくない 
こっそり 治したい病気です。
 
冬の季節は 痔に悪い環境です
寒く 血管が収縮して血流が悪化 冷えます 
 発汗しない  (汗をかかないしかし 冷たい水を飲む為 水分がお尻や体に溜まりやすい)

冷たい場所に座る (お尻が冷える血行不順で悪化し易い 冷えると水分代謝低下
 血流低下で 腫れやすく悪化し易い)
 
漢方薬は早いです。
早い方でお尻の腫れが1包みで引いて行くのが分かります。 
再発を繰り返す軽い方は3日分で改善します

痔が発生する原因は 4つの邪が合流しています。

〇湿の邪  〇熱の邪  〇風の邪 〇燥の邪です。 
 
この 4つを取り除けば 痔は完璧に
健康状態に戻ります
 
湿が皮膚にたまると腫れます
腫れた皮膚に熱が生じますと痛みます。
湿は熱を生じやすいため腫れますとすぐに
痛みが発生しやすい 
風は全ての邪を悪化させる引き金です。

痔ろうも皮膚に湿や熱が留まり毒素や湿を排出しきれない 管を何本を作ります
手術して管を取り除くにもきりが有りません
また すぐに発生しやすい。
身体の中から 痔ろうが起きない 健康な強い皮膚状態に戻すべき


★腫れは風剤で湿を飛ばして腫れを取り除きます。
★熱が生じますと痛みますので 寒冷剤で熱を取り除きます。
★排便時にお尻が痛まない様に硬い大便の場合は
潤い薬を使用してスルッと出やすくします
★下痢の方の場合は脾臓 胃腸の湿をと除き下痢を改善させます。
 
【痔の発生のメカニズム】
疲れ 
→ 水分代謝悪化(むくむ 腫れる)
→ 造血機能低下(血流不足で冷える)
→免疫力低下(ストレスや疲れからからくる身体の火炎症;を抑えきれない)
→湿に熱が生じる(痛む)
長期湿や熱が留まると痰となる→腫れて痛む 痔が発生

血や津液不足で乾燥して便秘
発生した熱は大腸に熱を持ち大便を乾燥させて便秘にする

湿痰がお尻につもれば    痔
     心臓にたまれば    狭心症
     肩にたまれば      五十肩  です
  


西洋医学では 切れ痔 いぼ痔 痔ろう
3つに分けます。
薬局薬店ではを軟膏塗る 座薬を入れる 
病院では手術しかありません

手術も年を取り水分代謝等落ちますと
やはり腫れて 痛みます

しかし 東洋医学では
切れ痔 イボ痔 痔ろうも発生する原因が同じですから改善方法も同じ
1種類の漢方薬 急性疾患薬で
同時に改善して正常な状態に戻ります。

以前
 切れ痔 いぼ痔 痔ろう 3つお持ちの方おられました
50代 書籍問屋さんの部長さん 

接待で毎日 酒を飲まれます。
お酒は痔を悪化させますから 普通飲めません

しかし 痔の漢方薬を服用していますと
お酒を飲んでも酷く悪化しない為に
お酒を止めない

お酒を飲み続けながら 改善した方がおられました

 
痔の方
 患部は腫れているでしょ
触ってみてください 
押すとブヨブヨ 締まりが無く痛みますよね。
湿が取れたら治るのにと思いませんか
痛む時と痛まない時がありますね
理由は 湿は熱を生じやすく
熱が生じますと痛みが発生するのです。
ですから
痔を患っている方にとって一番良くないものは 湿と熱です。
お酒 は湿と熱の剤です。
お酒以外にも水分 お茶 水の取り過ぎ
熱を発生する食べ物や刺激物は

痔が悪化します。
冷えた環境はより悪化させます
お尻を冷やさない 腰 や身体を冷やさない

冷たい所に 長時間座らない。
 そこで漢方薬の急性疾患 痔の改善薬が御座います
早い方でしたら1包みでわかります
お尻の腫れが引いて痛みがひくのが
痔の再発を繰り返しているかた
発生直後にすぐ 1包み服用されてみて下さい
3日分で改善致します。

この様な急性疾患に対応した薬が
50品目ございます 
【花粉症の薬】       【蕁麻疹】     【膀胱炎の薬】    【口内炎】    【シミ、クスミの薬】
【お肌の潤い】     【 口臭の薬 】    【 痛風の薬】    【 生理痛 】   【 慢性腰痛 】  
【肩こり・首こり】    【ニキビ薬】       【 ぎっくり腰】    【 眼精疲労 】  【 動悸の薬】   
【痰のからみ】     【便秘薬】       【声枯れの薬】    【二日酔い薬 】  【 高血圧の薬 】
 【 慢性頭痛】    【五十肩 】       【胃腸薬】        【便秘改善薬】 
 【強壮・強請薬】   【勉強疲れの薬】  【生理前症候群】    【下痢改善薬】   【関節痛・神経痛】
【アレルギー性結膜炎】       【 咽喉の炎症乾燥痛み 】      【足のツリ痙攣筋肉のこわばり】        【 不眠、寝つきが悪い眠りが浅い薬下痢改善薬】      【捻挫骨折・打撲・止血・切り傷の薬】     
 【暗記力・記憶力・集中力強化の薬】
【 頻尿・残尿感・失禁の薬】           【せき、喘息発作の薬 】 
【足の冷えによるむくみ】              【風邪ひきはじめ薬】
【頻尿・残尿感・失禁の薬】             【生理前症候群の薬PMS】 
【精神不安・神経症・煩わしい改善薬】      【生理中の多量出血の薬】       
【のどの炎症・乾燥による痛み改善薬】    【足の冷えによる浮腫み】       
【痰のからみ改善薬】 

等々・・・・・

 

体質改善薬は
例として痔をお持ちの方が糖尿病
高血圧症 腎不全 等いくつもの病名をもち  
尿が出にくい 痒い 心臓が動悸する 痛む 
耳鳴り 難聴 手足全身がむくむ 手足腹部が冷える 痴呆 腰痛 関節痛
 ヘルニア 不眠 鬱 便秘 目がかすむ 肩こり 頭痛 めまい
咳 痰がからむ とおひとりの方が
沢山の症状を抱えて来局されます
その様な場合 
急性疾患のみでは不十分です

上記のように沢山の症状を抱えて
内科  泌尿器科(ひにょうきか)  整形外科 
耳鼻咽喉科 眼科 循環器科 心療内科と
いくつも 病院を掛け持ちしておられる方

それを体質改善薬のみで改善できるように処方致します。
病院とさようならする事ができますので
負担も軽減 時間も有意義に使えると
大変喜ばれております

又 病気を沢山抱えて治らないと
健康食品に器具に張り薬に アチコチ療法に出かけます
病院の薬代もバカになりません
出費が多い ですが 
漢方薬は結果が良くでますので 漢方薬のみとなり経済的にも安上がり
一番嬉しい事は 改善していく 事が目に見えてわかることです 
健康になれるという
希望が持てるのです。
体質改善薬は 7日分からお渡ししております。
処方代や相談料は無料です

たまに 
私は漢方薬が効かない体質と言われたと言われる方がおられます。
しかし
漢方薬が効かない体質の方はおりません
漢方薬は食べ物の中から 
温める 冷やす 湿を取る 風を取る等々・・・
性質が強い物を選んで薬として使用しているのですから
しょうが ねぎ 温めます  発熱 風邪薬
肺臓に特に良く効きます しょうがは 肺臓を温め
潤わせますので 咳に良く効きます
紫蘇は 紫蘇葉といい 咳や発熱や気を下すのに効果的です。
 やまいもは 漢方薬名を山薬(さんやく)と言います
胃腸の湿を取り胃腸を強化  身体の湿もとりのぞきますのでむくみにも効果的 
腎臓強化する滋養強壮薬です

腎臓を強化する六味地黄に含有されています
漢方薬です。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔