2012年07月08日

雨季 生活での注意点 湿地帯での長期滞在は体を湿邪が傷つけます。


雨季は 湿が多くなります。
湿からくる症状についてのお話です
日本にはアメリカのロサンゼルスの様な乾燥地帯は鳥取砂丘ぐらいでしょうか?
ほとんどが山や川が多く湿の多い土地柄です。
水毒という考え方が西洋医学にありません
病気を改善する場合
水と火のバランスを東洋医学は重要と考えます
身体の中に水分が多いですと
耳鳴り 目まい しびれ 関節痛 出来物 胃腸障害 食欲不振 
の症状が増え痰 動悸 痔 五十肩 下痢 鼻水 むくみ
 身体が重いだるく動きたくない 冷え症 の症状が発生致します。

6月に来局された方のお話しです
平成22年8月21日に出産された 31歳の女性の方
熱いお湯が良いと言う事で勤めてお湯を沢山のんでいた 
食事量は少なくなり食べていないのにどんどん体重がふえていく むくみぶとりです

湿の邪です 


その中で湿によって生じた症状をお話しましょう。

★60才 女性 福岡県
「是迄オータニ漢方の漢方薬でしびれがとれていましたが」
「5月21日注文の漢方薬頂いて」
「服用1週間後 急にしびれて 関節が痛くなったんですよ」

「是まで漢方薬で しびれが取れていたんですが」

※木室ミエコ
何が原因ですか?※
 
さー? 


※木室ミヱ子
舌の状態は? 


舌の中央が白いです。


※木室ミヱ子
胃腸が冷えています。胃腸の強い人が舌が白くなるなんて何をしたの?
冷たい物を沢山飲んだ? 
冷たい物を沢山飲んでるでしょう?※


サウナには行きました。
サウナで汗かいて暑いですからね 
冷たい水ガンガン飲みました


※木室ミヱ子それが原因です
サウナは湿地帯で湿度が高い 
腎臓の弱い人は湿地帯に座るな 寝るな。
漢方の本には古くから記載されています
湿が関節に溜まると関節が腫れて痛む
皮膚に留まると 腫れていたんだり しびれたり
出来物が腫れる できやすい 
身体が重くだるくなります。
霧の多い山の中や 池や水溜りの多い湿地帯は
雨の中を歩く はこれからは腎臓が弱くしびれや関節痛や 骨や筋肉の病気が悪化します


お気をつけ下さい
雨季は特に注意です。

湿が多い日本の気候です
今は 雨季です。
西洋医学の考えには水毒という知識はありません
水と火のバランス
湿が多い病気は沢山あります。
湿邪と言います
雨季は 湿邪の病気にかかり易い季節
胃弱 神経痛 関節痛 腫れやすい です
体の弱い方
水の摂りすぎ
湿地帯 サウナ 岩盤風呂 プールも湿地帯です
お気をつけ下さい



ohtani_kanpou at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)漢方薬について 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔