2012年10月01日

向精神薬の副作用:遅発性形成斜形と統合失調症が漢方薬で改善です

★2011年6月7日にお父様と一緒に
三重県熊野から 来局されました。
以前お話しさせて頂いた事がございます
お父様も椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症でで大変ですが
顔が横向きな為と統合失調症です。 
公共機関はきつい
お嬢様の為に車を運転して福岡市の当薬局迄来られました。

統合失調症で向精神薬を長期服用した事で副作用として
遅発性形成斜形が起きる事の驚きとして
FMKITAQ「ミーとアッキーの健康万歳」でお話しさせて頂きました。

その彼女の顔がまっすぐ前向きの状態を
維持できるようになりました。

遅発性形成斜形;(ちはつせいけいせいしゃけい) 
統合失調症
 三重県 34才 女性
お父様の脊椎間狭窄症・と椎間板ヘルニアが完治した事で
お父様の方から一度漢方薬を中断されたお嬢様に
お勧め頂きまた再開して頂きました。

統合失調症で向精神薬を長期服用した事での
副作用と医師がお話しして下さったそうです

同時に電話で3人でお話ししてきました
3者通話
御嬢さんが不足の分をお父様が補足する為
2012年8月から急にまっすぐ横に向かなくなりました。有り難うございます。
座っている時は完璧に顔が前を向いています
歩き出しますと他の筋肉を使用する事で
少しずつ 顔が横に向いたりしますが
横になりっぱなしではありません
向精神薬は強いお薬をまだ服用しています

※木室ミヱ子
声に魂がはいった様な心の芯を感じます
向精神薬を服用され症状の酷い方は返答が遅いとか
声が らりる ぶれる 話し方をされます。
上ずった声 が無く 今日が声が違います

精神がハッキリ 精神に芯が入った様な声に
変わっています

木室ミヱ子 「精神に変化がありましたか?」

お父様 「そうですね以前みたいなとんちんかんな答えが返ることが無くなりました。」

お嬢様は漢方薬を2011年6月7日から
お父様と共に漢方薬を服用されました

しかし 症状は改善していたのですが
統合失調症特有 改善状態を自分で自覚できない
顔も前を一時的に向いたりで良くなられていたのですが
向精神薬の依存から逃れる事に不安感を感じたのだと思います。
漢方薬から離れて行きました
2011年7月14日30日分 合計2か月分
ご購入ご中止されていました

私(木室ミヱ子)はどうしても諦める事が
できませんでした
彼女の病は漢方薬で完璧に快復する事ができる

お父様の椎間板ヘルニアが2012年3月26日に
完璧に改善しましたと言う事で
お父様にお話しし
2012年3月26日にお嬢様に遅発性形成斜形改善薬を7日分プレゼント致しました
お父様が酷い歩けないほどの椎間板ヘルニアが正常に
戻る状態をお嬢様は見ているのですから漢方薬を飲まれる筈です。

7日分服用後良く効きましたとの事で
翌月4月9日に30日分頂きたいと言う事でお電話を頂きました

そして 約5か月後の9月7日にぼぼ顔が前を向いていますとの事です

歩き出すと筋肉を引っ張られて横に首が向く時がありますが
それでも 時たまです。

お嬢様(34才)の統合失調症 18〜19才から始まり
以来 向精神薬を常用してきたのが遅発性形成斜形


遅発性形成斜形;
痙性斜頸(けいせいしゃけい)とは首が左右上下のいずれかに傾き、
捻じれ、震えるという状態の病気です。

【症状】
統合失調症 18歳頃から発症 向精神薬を服用

2011年1月14日の処方 

●ロナセン錠4咫1日3回 
朝 昼 夕食後1回1錠
不安や緊張興奮などの精神症状を改善

●タスモリン錠1咫3錠
1日3回 朝 昼 夕食後
震えや筋肉のこわばりなどの症状を改善

●フルニトラゼパム錠2咫屮▲瓮襦廝云
1日1回就寝前
睡眠薬 眠りを持続させます

●グッドミン錠0.25咫1錠
1日1回就寝前
睡眠薬です寝つきをよくするお薬です

●アズロゲン錠0.5咫5錠
1日4回 朝 昼 夕食後 就眠前
精神や体の緊張をほぐしたり不安を和らげる薬

■咳 
■血圧 吐き気 めまい 
■心臓の動悸 
■拒食症 
■便秘  雨の日腫れる 
■咳→吐き気→心臓バクバク→高血圧→恐怖心 
■両手両足しびれる
■足裏ホテル→歯槽膿漏→腰回り足・太ももしびれ
■半年前から黒い大便出る 
■下痢と便秘(センナ剤で出す)
■歪斜舌(20年前自転車で転倒時左おでこ強打 
頭痛頭重記憶が消える)

上記の■の症状すでに 全て改善されておられます

【2011年6月7日(漢方薬服前)舌表】
首が片側の方に向いている為正面からの写真が取れないようです。
舌が浮腫んで厚く クリーム色の苔がついています。
舌先端にあるブツブツの凹凸は体に火がある事を示しています
20120607舌表


【2012年3月27日(漢方薬服用後)舌表】
首が正面を向けているだけ 舌写真が正面から取れています
20120327舌表


【2011年6月7日(漢方薬服前)舌裏】
首が片側の方に向いている為正面からの写真が取れないようです。
黒い静脈血管が太く盛り上がりあります
筋が硬いために口が大きく開けないようです。
20120607舌裏


【2012年3月27日(漢方薬服用後)舌裏】
首が正面を向けているだけ 舌写真が正面から取れています
口が大きく開けられるのは 筋が柔らかくなれた証拠です。

20120327舌裏



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔