2013年08月19日

突発性血小板減少性紫斑病で血小板が8000に低下漢方薬7日分で10万に16日目で17万に改善です。


兵庫県 5歳 紫斑病

漢方薬服用7日目の結果です。

※関連ブログです※

2013年8月26日
「突発性血小板減少性紫斑病で血小板が8000に低下漢方薬17日分で23万8000に改善です。」


2015年5月11日

2か月半前からの改善しない紫斑病が漢方薬3日目から出なくなりました



彼女は大変 運のいい子だと思います。
たまたま お母様が漢方薬をお電話注文の際
今から 病院に行かなければいけませんので
大変 忙しいんですと言われました
「何で 病院に行かれるんですか?
「ハイ 娘が紫斑病になりまして 入院しているんです」
「エー 入院 紫斑病」
「漢方薬で改善できるはず」
「すぐに 飲ませて下さい」
翌日 兵庫県ですから翌日の午前中にはお届けできます。
お母さまは薬剤師さんですが 紫斑病が漢方薬で対応できるとは
予想できなかったそうです。

30代始め 未だ 
漢方薬局を開局して間も無い頃
20代前半の若い女性がご来局
人工透析していました。
何故?人工透析に?
彼女 曰く
紫斑病になり ステロイド等で治療 
やがて免疫抑制座とステロイドでの治療
腎不全となり透析になりました
との事でした。


漢方薬(醫方集解)に記載しています
長らく これはどんな病気?
探し続けていました。

「胃熱で発斑  錦の紋」?????

北京語の古文体です。
陽毒発斑
血熱不散。
蒸於皮膚則為斑。
軽如疹子。

重若錦紋。
紫黒者熱極而胃爛也。
多死。

北京語の古文体を日本語に翻訳します。

陽の毒が発斑している
血の熱が散じない
皮膚が蒸すと則ち発斑する
軽いのは 疹(はしか)
重いのは錦の紋
色が黒いのは 熱が極に達して胃がびらんしている
こういう場合は多くは死亡する

どういう病気?????

紫斑病の子に出会った時
あー
あの処方は 紫斑病だ


【漢方薬服用後の経過】
2013年8月3日発病:
突発性血小板減少性紫斑病
全身に点状内出血 足の大きなアザが10か所くらいある
口の中と舌も内出血 
血小板8000に減少 
ガンマグロブリンの注射を1回した:1回に大量投与(7本×25ml)、連続で1日〜2日くらいかけて使用

★関西相談会(2013年9月21日)にてお母様より 
医師がステロイド剤と免疫抑制剤を使用しなかった理由
血小板が8000あまりに酷過ぎる症状の為上記の薬剤を投与できなかったそうです

2013年8月9日
漢方薬服用翌日
血小板が37000に復活
「上半身の小さいアザは全部消えました。」
「下半身膝から下のすね部分の大きいアザが、うっすら残ってるだけ
「すねに、ブワーっと出来ていた]
上半身はお腹を除く全身に小さいアザみっちりできていました」
「アザは先生の紫斑病のお薬を飲ませた次の日には消えました。」

2013年8月12日
血小板が10万に復活 退院許可でました。

2013年8月21日にお母様がお電話で報告して下さいました。
2013年8月19日
血小板が17万に復活 医師は大変驚いています。
ガンマグロブリンの注射を8月3日1回したのみ その後病院薬は一切投与していません。
オータニ漢方薬局の漢方薬のみ服用中です。

お母様は薬剤師です。
■お母様がお話し下さいました 8月9日午前中 1回目のお電話

「上半身の小さいアザは全部消えました。」
「下半身膝から下のすね部分の大きいアザが、うっすら残ってるだけです」
「すねに、ブワーっと出来てたんですけど。」
「上半身の小さいアザは もう、全身です。
お腹を除く全身にみっちりできていました」
「アザはね、もう、先生の紫斑病のお薬を飲ませた次の日には消えました。」
※木室ミヱ子
「1包飲ませて消えた?」
「はい。」
※木室ミヱ子
「だから、1包み飲んで もう飲みたくなくなったのね。」
「でも、もう熱が取れちゃったから、2包目はギャーギャー言って飲まなかったわけですよ。」
「こんなに早く治るなんて、病院の先生 もう、驚いていました。凄く。(笑)」
「血小板が10万越えてるって、凄い驚いていました。(笑)」
「昨日は4包ですね。その前の日は、5包くらい飲みましたね。」
※木室ミヱ子
「1日2回の分をね。」
「はい。」

「病院ではステロイドは打たなくて、ガンマグロブリンだけ打っていました

「まだ、お昼過ぎにならないと先生と直接お話が出来ないので。」
「検査結果を看護婦さんから聞いただけなんです。」
「先生の説明を午後 報告しますね。」

※木室ミヱ子
「、おめでとうございます〜!」
「ありがとうございます〜!」


■お母様がお話し下さいました 8月9日午後 2回目のお電話

「先生とお話して、先生は、もう通院は、1週間後で良いってことで。」
「はい。血小板はもう10万以上増えてるので、日常生活、
普通に幼稚園とか行ってもらっても大丈夫ですってことでした。」
「ただ、ちょっとね、おしっこがまだ多いんです。」
「病院の薬と漢方薬で、1日7回くらい飲んでて。その分、水分を結構取ってるので、そのせいかなと…。」
「病院で利尿剤は、出ていません」

※木室ミヱ子
「彼女は、今 体の中に湿が多すぎる為に
尿をどんどん出してるだけと思います。」
「あ、そうなんですね。」

※木室ミヱ子
「体の中に湿が多いと、むくんだり、動悸しちゃったりするんですよ。」
「だから、どんどん尿が出てるっていうのは、正常な働きだと思います。」

「あ、そうですか。」

※木室ミヱ子
「全然、心配ないと思います。」
「漢方薬の中に、気力を増して、余分な湿(水分)を体外に排出して、食欲を増す漢方薬を
配合しています。」
「あ、そうなんですね。」
「本人はとても元気です。もう。元気になってます(笑)。」
※木室ミヱ子
「紫斑病は 何が原因だったのかしら?」
「なんか、今、流行っている クラミジア肺炎っていうのに感染したのが原因と、
先生(医師)はおっしゃっていましたけどね。」
「それで、抵抗力が下がった所に、その菌が感染して、
ちょっと変な抗体が作られて、それが血小板をやっつけてしまったと言うか。
そんな感じでおっしゃっていました。」
「まあ、とにかく体が、抵抗力が落ちてたのは、間違いないと思いますね。」

※木室ミヱ子
「その前に、キャンプかなんか忙しかったの?」

「まあ、キャンプもありましたし、その1週間前に、お泊り保育があって。幼稚園で。」
「初めてのお泊り保育だったので、帰って来た時とか、
4〜5時間くらい昼寝したので。そんなんとかで、疲れてたのかな〜とは思いますね。」
「それにしても、血小板が8,000まで落ちるっていうのは凄い」
「本当に急激に出たので、先生もビックリして はりましたけどね。」
「ガンマグロブリンの点滴は1回しました
でも大量で。7本投与したので、連続で1日〜2日くらいかけて、7本投与しましたね。
だから、結構大量でしたけど。1回だけです。それをしたのは。」
「1本は、25mlくらいだったかな。」

「病院に入って、1日目、2日目だけの治療だったので。」
※木室ミヱ子
「あとは、この漢方薬だけですか?」
「そうですね。はい。」

※木室ミヱ子
「あ〜、すごいな〜!」
「はい。」

※木室ミヱ子
「病院の先生、驚かれたんじゃない?」
「こんなに早く良くなって。」
「はい。もうすっごい驚かれていました!」
「10万越えてるなんて〜!っていう感じで。今日の検査で。」
「前、血小板は8,000だったのにね〜。みたいな感じで(笑)」

※木室ミヱ子
「うっそ〜!みたいな?」
「はい。フフフフフ」
「漢方薬って凄いです。」
「もう、私自身が、先生の漢方薬を処方して頂いて、
凄い効果を分かってるので、漢方薬を送って頂いて、安心できたので。」
「本当に良かったです。」

※木室ミヱ子
「紫斑病の治療は普通は、ステロイドと、免疫抑制剤ですよね」
「はい。」

※木室ミヱ子
「本当に、でもあなた、タイミング良く 電話かけて来たわね〜。」

「そうなんです。私の相談時間に聞いて下さったおかげで。
本当に感謝してます〜。ありがとうございます〜。」

※木室ミヱ子
「本当に一歩間違えば、ステロイドと免疫抑制剤漬で 最後には 
腎臓移植というお子さんも見てきました〜。」
「はい〜。」

※木室ミヱ子
「あ〜、でも、本当 人間って。何てこの子はタイミングの良い子なんでしょう。」
「はい〜。フフフフ。」
※木室ミヱ子
「良かった、良かった〜!」
【症状】
●呼吸器弱く風邪時に咳き込む
●肝臓機能低下 GOT(AST):54(正常値40以下)  GPT(ALT):36(正常値35以下)
●血小板 8000 正常値(15万〜35万)
●胃痛
●風邪で咳き込む
●頻尿ぎみ
●眠りが浅い
●アレルギー IGA ;76 (正常値110〜410mg/dl)

【2013年8月6日・漢方薬服用前の脚】
20130806脚1

※追記※関西相談会で撮影
【2013年9月21日・漢方薬服用後の脚】 
20130921脚

【2013年8月6日・漢方薬服用前の舌の表】
舌がぼってり浮腫み水分代謝が悪い
白苔 黄色苔 熱 火 冷えあり
中央部分の縦線は胃腸の消化吸収力低下
の為 血や気や津液が不足体液不足状態です
20130806舌表2


※追記※関西相談会で撮影
【2013年9月21日・漢方薬服用後の舌の表】
20130921舌表

【2013年8月6日・漢方薬服用前の舌の裏】
静脈血管が盛り上がり太いのは水分代謝の悪化
黒い血管は於血 炎症 毒素等を表します。
20130806舌裏2

※追記※関西相談会で撮影
【2013年9月21日・漢方薬服用後の舌の表】
20130921舌裏

【服用薬】
ビオフェルミンR錠
セフゾン(とびひの薬)

【病院での治療】
2013年8月6日
ガンマグロブリンの点滴は1回に大量投与(7本×25ml)、
連続で1日〜2日くらいかけて使用

【オータニ漢方薬局でのご購入歴】
2013年8月8日
*体質改善 7日分 2,940円
*紫斑病改善薬 3日分 プレゼント


以上、漢方薬7日分の服用結果です。

新たに2013年8月10日
*体質改善 21日分 8,820円ご注文されました。

血小板減少性紫斑病;
特別の基礎疾患や原因薬剤などのない状態で突然発症し、
血液中の血小板数が異常に減少して紫斑ができる病気です。

本来なら、出血があったとき血液を凝固させる働きをする
血小板が減少してしまうために、体のさまざまな場所から出血しやすくなります。
皮下出血が起き、紫斑(アザ)が出来ます。

血小板減少性紫斑病には、急性型と慢性型があります。
急性型は主に小児に多く発症しますが、2週間〜3か月で自然に治癒します。
慢性型は特別な原因は分からずに、主に成人女性にみられ、
軽快したり悪化したりを繰り返しながら発症します。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Pediatrician   2013年08月27日 19:42
グロブリンを投与されておられるので、グロブリンの効果ではないでしょうか。
2. Posted by 木室ミエ子   2013年08月28日 12:20
この病気は、血管の出血によって紫斑病のアザが発症しています。
抗体が付着した血小板が脾臓により破壊されると、血小板減少症となります。
漢方の本には、胃腸に熱が有ると錦の紋が出来ると記載されております。
この錦の紋を私は紫斑病と考えました。
原因は熱が大半ですが、稀に寒の原因の場合もあります。
誤って、逆の薬を投与しますと死に至ります。彼女の場合、熱が原因でした。 
肝臓、心臓、肺臓、腎臓、胃腸、脾臓の熱を取り除く必要がありました。
また、アザができると言う事は、胃腸が弱体化の為、血管が弱くなり内出血し易くなっているのです。血管を強くするには胃腸を強化する事です。胃腸を強化するには気を与え、湿や冷えを胃腸から取り除く剤が必要です。
グロブリンは白血球、赤血球を除いた免疫性血液製剤であり、各臓器の熱を取り除いたり胃腸を強化する事は出来ません。短期間で改善するにはグロブリンでは不十分です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔