2013年10月24日

尋常性白斑改善薬で白斑が一部消え長年のすきっ歯が正常に戻りました

「以前、産婦人科でかかっていた時に、ホルモン剤を一時、服用していました。」
「その時に先生(木室ミヱ子)に、漢方をきちっと飲みなさいってお叱りを受けて、」
「夜寝るときに、また、今日も疲れが取れない。」
「このまま寝たら明日の朝きついだろうって時に、多めに飲んだら、
スカッと目が覚めて、背中の重たいのがなくなって。」
「肩の張りっていうんですかね。岩を背中に背負っているような背中の重たさがないんです。」

※木室ミヱ子
「薬学生で背中の重さが子ども、2〜3人背負っていたと言われた方もいましたよ」※

「ハハハハ。」
「歯のすきっ歯の原因は歯医者さんでは、噛みしめが弱いからだと言われていました」
「尋常性白斑改善の漢方薬を服用して 歯のすき歯が無くなりました」
「頬の深い筋も 消えてると言われました。」
「あと肩こりと、頭痛と、体の不調によってイライラ症状が、
先生(木室ミヱ子)のお薬をきちんと継続して飲むと、体の違いが分かって。」
「きちんと飲みなさいっておっしゃってたのは、これなんだな〜って思って。」

※木室ミヱ子
「是まで30年間漢方薬に従事してすき歯が、
漢方薬で治ったという患者さんは貴方が初めてですよ。※

「もう、本当に私はギューっと噛みしめてて。」
「噛みしめが、余りにも酷いので、日中でもマウスピースをはめなさいって。」
「それをしない限り、歯もすり減ってるし、歯がだんだん開いていくよと。」
「ボロボロになるよと言われていて」
「それ程 酷かったんです。筋肉のこわばりが。」

先生(木室ミヱ子)がおっしゃってた、委縮して、
固まってギューって体が縮こまっているのが、
それが今、無くなった証だろうなって思って。」
「お蕎麦とか食べても、逆に詰まらなくて。」
「昔、スルスル歯の隙間から食べ物が通っていました」
「噛み切れないまま1本 口の真ん中に垂れさがるようだったのが、
今 胡麻とか、サバの身が、歯に詰まるんです。」
「久しぶりに、つまようじを使いました。」
「大学4年生の時にすきっ歯になりました、
『あれ?なんか、スパゲティがスルスル通るんだけど。
お蕎麦も通る。』って2〜2.5舒未里垢っ歯になってたんです。」
「もう治らないと 思ってました。」
「そしたら、『あれ?胡麻が詰まってる。』って思って、鏡を見たら、
すきっ歯の幅が狭まってたんです。」
「そして、背中のこわばりがないし、お友達なんかが、
『肩凝りよね〜。肩をもんであげるから、私も代わりにもんで。』
『じゃあ、お願い』とか言いながら、肩を差し出すんですけど、凝ってないんです。」
「『そこそこそこ〜!』っていうのがなくて、
でも、お友達の手前、『ありがとう。気持ち良かったよ〜。』
って言いながら、凝っていないので。」
「筋がほぐれて体が軽いです。」
「カネボウの化粧品が原因と分かってから、
ずっと医療用に学会に提出するということで、白斑部分を 
全部写真を撮って比較して下さっていて。」
「特殊な光をあてるので、良く判断がついてですね。」
「私のスマホなんかでは、よく分からないような変化が。」
「消えてる部分や、薄くなってる部分がありました」
「明らかに消えている部分もあったんです。」
「1cmくらいの丸だったところが、消えてて。」

「2013年8月8日8日に先生(オータニ漢方薬局)の所にお伺いしましたから。」
「病院でカメラを撮ったのは、9月18日くらいです。」
「オータニ漢方薬局に来局されたのが 8月7日(2013年)です
「はい。その間、産婦人科のホルモン剤も受けていたので、
漢方薬をサボってた時期もあって。」
「それで、先生に言われて、きちっと飲み出して、その後の9月なので。」
「約40日分服用の結果です」
「マカデミア潤い化粧水Aモアも使って。」
「それと、鹿と亀の健康食品を飲ませて頂いて。」
「オータニ仙人丸も一緒に飲んだ方が、明らかに不調が長続きしないというか。」
「きついな〜と思った時に多めに飲んだりすることがあって。」
「健康な肌の所が白くてキレイになり、クスミもとれて
スッピン状態の肌になれています。」
「日赤の先生も尋常性白斑の色味が変わってきたと言われました。」
「白斑は、ピンクになったら治っていってる証だって言って。」
「あとは、時間との戦いで。」
「まだ、カネボウの方は、お金を一銭も入れてくれないんですけど。」
「カネボウの化粧品は、どれくらい使ったの?」
「2年くらい使いました。」
「カネボウが会いたいとか」
「どんなことを 今 されていますかとか?」
メイクの方法とを教えて欲しいとか」
「カネボウとしても、白斑が治るところを探しているみたいです」
「全くの手探り状態みたいです。」
「しかも、病院は尋常性白斑の薬は出てないんです。」

「病院には博多の薬局の漢方薬を服用していますと伝えて
「漢方薬しか服用していませんと伝えています」
「結局はステロイドしかないから。」
「やっぱり、それは使わない方が良いって、主治医の先生のお話で。」
「もう、本当に何もしないで。」
「今、やってることを続けて下さいと言われました。」
※木室ミヱ子
「あなたの筋腫は、そんなに大きくなくて。
内側に1個だけという事で子宮筋腫を取り除く漢方薬を少なめに入れています。」
「胃がもたれたりとか、胃腸が張ったりとかありますか?」※

「無いです。」
「お陰様で 肌が潤っています」
「愕関節症の噛みしめが和らいでます。」

※木室ミヱ子
「だから、背中の凝りが消えて。
背中に重い鉄板の板を入れたよう感覚が消え
 肩をもんで頂いた時の、気持ち良さが、なくなったんです。(笑)」※

「昔は気持ちよかったのに、今は、されたら嫌ですね。触らないでみたいな。」
「立ち上がり時のめまいがなくなりました。」
「ただ、動悸だけがあります」
「階段を上ると、すぐにドクドクドクドクってなるんです。」

※木室ミヱ子
「水分代謝がまだ十分でないのが原因です」※

「あ〜。」

※木室ミヱ子
「疲れた時や水を飲み過ぎた時にもなるわよ。」
「水を摂りすぎてる?」※

「ちょっと、水を飲み過ぎかもしれません。」
「気をつけます。」
「足のツリは無くなりました」
「肋間神経痛もなくなりました。」
「良かったです。オータニ漢方薬局さんに伺う前は、頻繁になっていました。」
「今年の8月くらいは。イタタタ言って。」
「無いですね。あれ以来ないです。」
「汗が出すぎるのも、多汗も落ち着きました」
「脇汗もそんなに。焦った時とかはありますけど。」
「昔は、電話をしてて興奮したりすると、
汗がツーってつたっている実感があったんですけど、
今はそんなに昔ほどって感じです。」

※木室ミヱ子
「体の中に、余計な湿があると、汗がバーっと噴き出たり、
気が足りないと、汗が止まらなかったりします。」
「だけど、気が足りてきたってことと、体の中の余計な水分が取れてきたってことです」※
「だから、体が重たいのが無くなってきたでしょう?」※

「ないです。」

※木室ミヱ子「冷えも取れてきたでしょう?」※

「はい。どっちかと言うと、暑い暑いって一人で言って、今でも裸足で歩いています。」
「肌に熱がこもる感じの熱も落ち着いてきています」
「肌も乾燥がなくなり潤っています」

※木室ミヱ子「だから、白斑が消えていくんです。」※

「そうですね。」
「不眠も無くなりました。」
「寝過ぎるくらい、グッスリ。しっかり寝れてますね。」
「頭の締まる、ギュッとする痛みも無くなりました。」
「あと橋本病が、ちょっと引っ掛かったという、それくらいですかね。」
「空腹感がないという症状は 今は、分からないくらいに
なってます。」
「味覚が分からない症状はなくなりました
「不自由なく料理を作っている気がします。」
「味もおいしく感じられる様になりました」
「吐き気も無くなりました」
「重い、ダルイ、横になりたいがなくなり
毎日 シャカシャカ動いています。」
「もう、会社に行きたくない、仕事に行きたくない、何もしたくない」
「人と話したくない。」
「もう、テレビも嫌。うるさい。」
「芸人が騒いでるのも嫌い。食べ物も番組も嫌。みたいな感じでした。」

※木室ミヱ子「もう、とっつきにくい人よね。(笑)」※

「そうです。そうです。(笑)家族は、腫れものに触るような。」

※木室ミヱ子「ハハハ。」
「顔だって、個性的な美人顔 怖い顔してからね〜。(笑)」※

「アハハハハ。」

※木室ミヱ子
「近づきたくないわよね。あなた。怒ったら怖いよね。」※

「そうですよ〜。濃い顔なので〜。九州の怖い顔なので。」
「ガッツリ、喜怒哀楽が出ますから。(笑)」
ハッキリしてますから。」
「体調が良い時が続くので、片づけが久しぶりに出来てます。」
「それに、ご飯もきちんと作れるようになりました。」
「もう、暗闇の中で膝を抱えている状態で。」
「みんなが悪い、みたいな感じで。私はこんなにきついって感じで。」

※木室ミヱ子「う〜ん。最悪ね。」
「人を責めるようになると、攻撃的になるじゃない。」※

「そうでした。攻撃的でした。」

※木室ミヱ子「人を殺めるかもしれない。」※

「ありました。ありました。」
「もう、冗談なく。無差別にっていう感じで。」

※木室ミヱ子「あ〜、イライラしてね。怒りが収まらないね。」
「危ない所だったじゃないですか〜。」※

「そうなんです。だから、先生に8月にお会いした時に、
全部言って、即、スイッチが入って火が点くっていうようなお話をして。」
「それが、だいぶ緩和されて。」
「調子が良い、気分が良いっていう時が。」
「それに、自覚ができる時には、余計に薬をきちっと飲もうという気になって。
相乗効果で白斑も、第三者の方が見ても、消えてるよって言って頂いて。」

※木室ミヱ子「凄いじゃないですか〜。」※

「そうなんです。白斑とすき歯です。今日の先生のトピックスは。ハハハ。」
「まずは、お伝えしなくちゃって思って。」

※木室ミヱ子「あ〜、ありがとう。」※

「いえ、こちらこそ、ありがとうございます!」
「もう、食いしばりが酷い。それによる、肩こり、イライラ、全身の不調だったので。」

※木室ミヱ子「あなた、鬱もあったよ。」※

「鬱もありました。」

※木室ミヱ子
「良かったわね。本当によく私を見つけたわね。※
「母が、林眼科に白内障で入院してて。」
「それで、手術を受けて。」
「白斑って言って。母が目が治って、パソコンが使えるになって、
『白斑 漢方』で検索したら、一番 最初に先生の所がヒットして、
オータニ漢方薬局って、あの赤い看板のとこだって言って。」
※木室ミヱ子「あ〜、そうだったの。」
「お母様にも感謝よね。」

【2013年8月7日・漢方薬服用前の舌表】
舌の中央部分に亀裂があり 栄養不足の舌が薄い
小さいはずですが 浮腫んでいる為に
厚く舌です
全体に白と肝臓胆嚢肺臓に特に厚い
黄苔と白い苔があり
白苔は全体 ぶつぶつ隆起 火が炎症があります。
やや舌が右手側に傾いているのは筋肉に
萎縮がありますと曲がります。


20130807舌表

【2013年9月4日・漢方薬服用28日後の舌表】
写真をメールして頂いたのですが光の加減で
舌の状況がわかりません。
2130904舌表

【2013年8月7日・漢方薬服用前の舌裏】
静脈血管が太く むくみが多いということです
20130807舌裏

【薬】
リドメックスコーワクリーム

【健康食品・サプリメント】
白井田七(さくらの森通販)
プラセンタ100(R&Y)
酵素(日本盛)
杜のすっぽん黒酢(健康の杜)、
メタストン(ビワ・ハス・カキの葉の錠剤)
乳酸菌(インターナショナルホームメディカル)
シトラゲンC+(3800)(インターナショナルホームメディカル)
カロリミット(ファンケル)

【オータニ漢方薬局でのご購入歴】
2013年8月7日
*体質改善兼尋常性白斑 30日分 18,900円
*伝説の王妃石鹸(植物成分入り)80g 2個 5,600円
  お客様の声(ブログ) お客様の声(はがき)
*潤い化粧水Aモア(マカデミアナッツオイル)100ml 1本 2,800円
 お客様の声(ブログ) お客様の声(はがき)

2013年9月4日
*子宮筋腫兼尋常性白斑 23日分 14,490円
*慢性頭痛薬(貧血・疲れによる) 7日分 4,410円
*オータニ仙人丸 60包 1袋 12,600円

以上、漢方薬53日分の服用結果です。

新たに2013年10月10日
*体質改善 40日分 25,200円 ご注文されました。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔