2013年12月01日

蓄膿症は漢方薬7日分で正常に 間質性膀胱炎も改善中です

2013年6月17日に下記のブログに登場して頂きました。
「ノイローゼになりそうな1日中痛む 間質性膀胱炎が漢方薬で改善です」

女性 埼玉県 52歳

 蓄膿症と間質性膀胱炎

2013年11月30日にお話し下さいました。

「鼻の通りが良くなりました。楽ですね〜。」
「鼻水が喉の方に落ちてきてたんですけど、
「よくうがいをして、そしたら良くなりました。」
「夜も 寝れるようになりまして。」
「鼻づまりが苦しくて眠れませんでした」
「気持ち悪いのも無くなりました。」
「耳鼻科の薬をもらって飲んで、気持ち悪くなってしまって。」
「それは去年も 頂いてた薬だったんで、蓄膿が酷くなると、
飲んでたんですね。」
「飲んで1時間もしないで、気持ち悪くなってたんです。」
「それで、おかしいな〜と思ってたんですけど。」
「その日の夜も、飲んだら気持ち悪くなって、もう、ご飯も食べれなくなって。」
「次の日あたりに主人が、先生(木室ミヱ子)にお願いしたらって。」
「漢方の方であるんだったら聞いてみたらって言って、
電話をしたんですね。」
「以前は、それを飲んで、鼻が治ってたんですね。」
「でも、今回 鼻も治らなかったし、肌も気持ち悪かったし、もう、どうしようもなくて」
「鼻が詰まると、肩こりも酷くなって。」
「肩に何か乗ってるような感じだったんですね。」
「それが、肩こりも無くなり。」
「ちょっと咳は出ますが…。」
「ほとんど出ないです。」

※木室ミヱ子「そうでしょう。」
「今の体質改善薬自体が、咳が止まるお薬だから。」※

「ここの所 寒くなったせいか、ご飯をいっぱい食べてしまうと、
2時間くらいは、おトイレが凄くて、痛いんですね。」
「膀胱の、おしっこの出る所が硬くなっちゃうんです。」
「そこが、痛くなって。」
「でも お腹の下の膀胱が痛いっていうのは、殆どないです。今は。」※木室ミヱ子
「あ〜、良いじゃないですか〜。」
「はい。ただ、その痛いっていうのが、おしっこが多分そこに溜まってるっていうか。」
「そうすると、おしっこが出る所が、ほんのちょっと硬くなって、それが痛いんです。」

※木室ミヱ子
「その硬いのもね、だんだん取れていきますから。」
「体質改善薬で。大丈夫です。」※

「はい。」
「この頃は、ご飯食べに行っても、おいしいな〜って感じるのと。」
「ちょっと、このくらいで止めておこうって思って止めておくと、
そんなにトイレは心配にならなくなりました。」
「お腹いっぱいに食べるとダメなんだなって思うようになって。」
「ついちょっと食べ過ぎてしまうので、あまり食べないように。」

※木室ミヱ子
「体質改善薬はね 胃腸を丈夫にするしね、凄く食べ物がおいしくなっていくから。」
「今までおいしくなかったものが、おいしくなっていくわけだから、
食べ過ぎて、お腹を壊す人が結構いるんですよ。」※

「は〜。」
「本当に、食べ物がおいしいです。」
「もう、間質性膀胱炎は、外出とかは全然苦になりません」
「外出できます。」
「ただ、やっぱりおトイレが心配なので、おトイレがある所を。」
「今は、どこにでもトイレはあるので。」
「友達も、『そんなにトイレに行かなくなったね〜。』って、友達も分かるようになって。」
「昨日も、紅葉を見に行こうとかいって、見に行ったんですけど、全然、苦じゃなかったです。」
「下半身を冷やさないように 足の裏にホカロンを貼ってったりして、外に出るもんですから。」
「もう、すっかり夜は痛くなく、トイレも2回くらい起きて。」
「先生(木室ミヱ子)のところにお世話なる前は、トイレで寝てるような状態でした。」
「尿が出るとまたトイレという感じだったので。」
「日中もそうでした。こうやって痛みで電話も出来ない位だったので。」
「だから、先生(木室ミヱ子)と始めに話してた時は、本当に痛くて。」
「もう、どうにかしてもらいたいみたいな。」
「様変わりしました」
「本当におかげさまで。」
「、犬の散歩で外にも出れるようになったし。」
「もう、本当に。」
「この前、近くの泌尿器科の先生に、久々にお会いしたんですね。」
「その先生は、間質性膀胱炎を分からなかったんです。」
「去年の1月に行ったんですけど。」
「間質性膀胱炎っていうのが、分からなかったんです。」
「それで、『最近 全然来ないけど、どうしたの?大丈夫なの?』
「オータニ漢方薬局の先生に巡り合え、今は大丈夫なんですって言ったら、
『間質性膀胱炎で、そんなに漢方薬が効くんだね〜。』って言われて。」
「その先生から、電話番号とか教えてって言われたので、
木室先生の薬局の電話番号を教えたんですね。」

※木室ミヱ子「あ〜、関心な先生ですね。」※

「はい。間質性膀胱炎はみんな 治ってないって言われて。」
「東大の先生が今、一生懸命やってるけどって、お話してくれて。」
「私はですね、もういろんなところに。病院も5か所(注1.)行って。」
(注1.)日本医大 埼玉医大、慈恵医大、順天堂大学 自宅近くの泌尿器科

「もうダメって言われて、主人から、
木室先生の薬局にダメでもいいから電話してみようって言われて。」
「もう それからラッキー続きで。」
「先生とお話しできたのも、本当にラッキーだったみたいで。」
「行かないとダメなのかなって思ったら、行かなくても大丈夫って言ってくださったので。」
「とてもじゃないけど、博多までは行けないと思って。」
「電車に乗れないのに、どうしたら良いんだろうって思ってたので。」
「良かったですよ。」
「また、こういう時期に。寒さに耐えられないとこでした。」
「5月27日に先生(木室ミヱ子)の所にお伺いしました」
「5月のゴールデンウィークの前に、膀胱を取っちゃおうって、
日本医科大の先生に言われて、泣きながら電車で帰ってきたんですけど。」
「もう、どうしようと思いながら。」
「ゴールデンウィークも、毎年キャンプに行ったり、
いろんな所に行ってたのに、行けなくて。本当にどうしようって思ってたので。」
「でも今は外に出れて、家族はもちろん、
友達も良かった良かったって喜んでくれてますね。」
「出かけるのが大好きなもんだったから。」
「仕事をしながら、休みは出かけてっていう。」
「仕事は、まだちょっと休んで良いよって言ってくれたので。」
「今、ちょっと甘えて休ませてもらってるんですけど。」
「また来年、もっと良くなったら、大丈夫かな〜とか思って。」

※木室ミヱ子
「走っても、何をしても大丈夫な時が来ますから、大丈夫ですよ。」
「漢方薬を飲まなくても良い時期が来ますからね。」※

「はい。ありがとうございます。」

※木室ミヱ子
「蓄膿の改善薬は16日分で治まって、もう、飲む必要はないですね。」※

「はい。」
「また酷くなったらお願いするかもしれないですが。」
「未だ9日分残ってます。」

※木室ミヱ子
「じゃあ、7日分で完璧に良くなったってことじゃないですか。」※

「そうなんです。」

【ご来局時の症状】2013年5月17日
★間質性膀胱炎(2012年9月日本医大で診断 鎮痛薬が利かない
 尿の回数が多くて痛む 今年の4月からかなり痛む 
5月7日から歩いても座っても痛むノイローゼになりそう 
刺さる痛み 1日の3分の2は痛む 筋が萎縮する感じ 残尿感)
★2年前乳がん
★あんこの甘い物がほしい 
★腰痛ヘルニア 
★起床時身体が硬い
★10年前子宮筋腫(2僉1つ 1僉1 小が1 子宮摘出)
★イライラ怒りっぽい
★ のぼせる 
★ホットフラッシュ 
★肩こり首こり少し
★ 足がつる(3日に1回)
★鼻炎(鼻水多い 鼻づまり多い )
★口が渇いて水が欲しい
 ★緑色の痰あり
★耳鳴り(1日に1〜2回)
★胃弱(食欲不振に成り易い
★胃痛 油肉類で下痢する
★ 寝つき悪い(60分)眠りが浅い

【2013年5月17日・漢方薬服用前の舌表 
舌がまっすぐ出ません。斜めです。
この方の場合この歪斜舌は筋が萎縮する
 左右の引っ張り具合が違う為に曲がるようです
白苔がびっしり 冷えています
ぼったり幅広く むくみ 水分代謝が悪い
舌の表面にシワがあり 血や気や津液が不足
体が乾燥している
疲れ 脱力感 疲労感 体が重いダルイ舌です
力を抜いた舌です
20130527舌表1

【2013年5月17日・漢方薬服用前の舌表◆
力が舌に入った状態です。
斜めに舌が歪んで出ます。
20130527舌表2

【2013年5月17日・漢方薬服用前の舌表】
非常に乾燥の為 枯渇した 乾燥状態の舌です
痩せて非常に小さい
20130527舌表3

【2013年5月17日・漢方薬服用前の舌裏 
於血のある 毒素や 火や湿 のある舌です
20130527舌裏1


【服用薬】
ディオバン :血圧降下剤 
ノルバディックス:乳癌 の抗がん剤です。(2年前乳癌手術)


【薬局でのご購入歴】
*2013年5月27日
漢方薬 30日分 18,900円

以上 の服用結果です

*2013年6月12日に注文お送りしました。
漢方薬 30日分 18,900円



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔