2013年12月06日

急性低音障害型感音難聴会話しにくい聞こえづらいが漢方薬で改善

今回ご登場の方は下記のブログにもご登場して頂きました
■2013年11月08日
突発性難聴の酷い症状が漢方薬67日分で無くなりました

2013年12月4日にお話し下さいました。

女性 福岡県 47歳 看護師 
急性低音障害型感音難聴 (突発性難聴)

「急性低音障害型感音難聴 あれから、全然どうもないです。(笑)」
「元にスッカリ戻りました。」
「ありがとうございました!」
「ストレスと疲労が原因と、病院では言われたんですけど。」
「9月の中位から、今迄ですね、あれだけ酷かったのが。」
「もう、最後 酷かった時は、ほとんど会話しづらい位だったのが、それが、全く無くなったので。」
「もう、本当に漢方薬のおかげです。」
「私の場合は、低音が 聴力検査で落ちてて、聞こえづらくなってるって、言われてたんですね。」
「胃腸は、別に症状っていうのは、無くなりました」

※木室ミヱ子
「胃腸から起きてたんですよ。これ。」
「胃腸から耳に来てると思わなかったでしょう。」※

「それは思わなかったです。」
「よく耳って、腎臓って言われてたんですけど。」

※木室ミヱ子
「難聴は腎臓の機能低下で起きます」
「本当の耳鳴りは、肝臓のストレス。緊張感 不安感が原因です」※

「そうなんですね。」

※木室ミヱ子
「だけど、あなた腎臓は強いから。」※

「アハハハハ。そうなんですね。」

※木室ミヱ子「骨、強いでしょう?」※

「はい。骨折したことないですね。」

※木室ミヱ子「そういうことなのよ。」
「骨強くて、腎臓は強いから、腎臓から来ている難聴ではないの。」※

「あ〜、なるほど〜。」
「私、職業柄、トイレを我慢して膀胱炎になることがあったので、
腎臓かな〜って思ってたんですよ。(笑)」

※木室ミヱ子
「女性は肛門と膣が短いわね。」
「尿道が短いと言うか。」
「だから、大腸菌がつきやすい」※

「はい。そうですね。」

※木室ミヱ子
「だから疲れた時は、膀胱炎になりやすい。」※

「あ〜、抵抗力が落ちると…。」

※木室ミヱ子
「だから、胃腸が弱くない人でも、疲れすぎてると、
大腸菌の侵入を防ぎきらずに、膀胱炎になりやすい。」
「体の構造上だと思う。女性が膀胱炎になりやすいのは。」※

「あ〜、そうですね。」

※木室ミヱ子
「あなたの場合はね、膀胱炎でも、菌の無い間質性膀胱炎になりやすい体質です。」※

「菌のないですか?」

※木室ミヱ子
「膀胱が萎縮しちゃって、蓄尿量が少なくなり、残尿感に頻尿 排尿痛。」
「だけど、この漢方薬で予防できている」※

「う〜ん。そうですね。」
「なんか、調子が良いですね。」
「疲れないですね。」
「夜もぐっすり眠れるし。」
「それに、食べ物もおいしいし。」
「胃腸が軽い」
「下痢が、全く無くなりましたね。」

※木室ミヱ子
「そういうこと。」
「下痢と、突発性難聴って、関連してるのよ。」
「下痢するっていうのは、それだけ体の中に湿が多いから下痢をするのよ。」
「胃腸に湿が多いと、顔が浮腫むのよ。」※

「う〜ん。」

※木室ミヱ子
「だから、耳が詰まるの 響きあって音が共鳴し合う」※

「そうですね。響いてました。アハハハ。」
「原因が分かると、なるほど〜って納得ですね〜。」

※木室ミヱ子
「貴方の体は胃腸が一番の弱点」
「胃腸さえ元気であれば、あなたは凄く元気で、愉快に過ごせるのよ。」※

「アハハハハ。あ〜。そうなんですね〜。」

※木室ミヱ子
「あなたは、胃腸が弱くなっちゃうと、全てに来ちゃう。」
「鬱にもなりやすいから。」※

「あ〜、耳がそんな感じで酷かったんで。」
「このまま酷かったら、鬱になりそうって思いました。」
「自分で、危ないなと思って。」

※木室ミヱ子
「胃腸・脾臓が機能低下した時の異常な感情は、憂鬱になるの。マイナス思考に。」
「人が笑ってても、笑えない。」
「肺も機能低下でしたから。異常に悲しい感情もあり」
「自分の感情をコントロールできなくなるの」
「胃腸・脾臓が弱い人はね、鬱病になり易い体質なの。」
「このような人はね もの凄く体力に自信があるから、やり過ぎて体を壊すのよ。」※

「アハハハハ。」
「言われました。言われたことがあります。」
「なんか、キャパオーバーしてしまうって言われました。」

※木室ミヱ子
「疲れてても、いやまだ出来る、まだ出来るで。」
「ちょっと元気になると、異常に発揮してね。」※

「あ〜。アハハハハ。」

※木室ミヱ子「壊しちゃうのよ。自分の体を。」※

「あ〜、気力だけで、みたいな。」

※木室ミヱ子
「若い頃の勢いで行動する」
「昔の記憶が自分を動かすのよ。」
「まだ出来る、まだ出来るって言って。」
「40歳過ぎてるんだから、そんな体力ないでしょって。(笑)」
「自覚が出来ないのよね〜。」※

「アハハハハ。」
「自覚が足りなかったんですね。」

※木室ミヱ子
「あなたみたいな体質の人は、寝なくて3日間くらい働ける位の体力を持ってるの。」※

「あ〜昔、そうでしたね。アハハハ。」

※木室ミヱ子
「そうでしょう。」
「自分の体力をわきまえておかないと、やり過ぎて病気になるんだってこと。」※

「あ〜、なるほど。」
「じゃあ、今回良い教訓ですね。(笑)」

※木室ミヱ子
「私は不死身みたいに思わないでよ〜。」
「あなたそう思ってるでしょう?」※

「アハハハ。確かに。そうですね。」
「調子が良いと、調子に乗っちゃいますね。(笑)」

※木室ミヱ子
「やり過ぎちゃう所を、気を付けていかないとね。」※

「そうですね。年齢的にも、体を労わらないとですね。」

※木室ミヱ子
「胃腸の強い人と、同じようなことをやってちゃダメよ。」
「早食いはしない。冷たいものは食べ過ぎないようにね。」※

「はい。先生に言われてから、冷たいものは、一切口にしていないんですよ。」
「そうしたら、逆に、冷たいものを口にしたく無くなったんですよ。」
「やっぱり温かいものが良いって。」

※木室ミヱ子「体がね、冷たいものが、きつくなるんですよ。」※

「そうですね。欲しく無くなりました。」

※木室ミヱ子「そういう事なのよ。良かったわね。」※

「はい。良いタイミングで先生にお会いできたので、良かったなって思います。」

【漢方薬服用前の症状】
:急性低音障害型感音難聴の為休職中
●今年(2013年)1月からくり返し病院薬を飲んだりしたが効かない病院ではよくならないと言われた
ステロイドを飲んだりもしたが、副作用が出る為飲みたくない。
酷い時は会話もしずらい
2013年5月の終わりから休職してるので早く会社復帰したい
●甲状腺の疑い  首が異常に太い
●呼吸が浅い
●足先だけ冷える
●カンジタが治らない
●下肢がすぐアザになる
●敏感肌(日焼け止めで痒くなる)
●歯科の消毒剤 ヘアカラー剤で気分が悪くなる
●白髪が多い
●風邪で咳が長引く
●浮腫む(顔)
●胃弱(冷たい物ですぐに下痢する 食が細い )
●生理前症候群(乳房が張る 
●目が痒い
●肩こり首こりあるが自覚なし
●16〜18歳頃より視力低下
●動悸(時々動悸時に不安感)
●生理が早く来る(24〜25〜27日)
【病歴】
●虫垂炎
●18歳で急性肝炎
●22歳でメニエール氏病
●左耳小児中耳炎
●13年前から異型細胞腫(子宮頸がん)

【2013年8月22日・漢方薬服用前の舌の表】
胃腸機能低下です 消化吸収力低下の舌です
深い亀裂は体血 気 津液 精液不足です。
そのため 舌は薄く浮腫んでいるのですが薄い
20130822舌表

【2013年12月2日・漢方薬服用103日後の舌の表】
元気になると やりすぎる 
働きすぎて 黄苔ができています
 火が上がっています
20121202舌表

【2013年8月22日・漢方薬服用前の舌の裏】
20130822舌裏

【2013年12月2日・漢方薬服用103日後の舌の裏】
20121202舌裏

【服用薬】
ステロイド

【薬局でのご購入歴】
2013年8月22日
*漢方薬 7日分 4,410円

2013年8月29日
*漢方薬 30日分 18,900円

2013年9月24日
*漢方薬 30日分 18,900円

2013年10月26日
*漢方薬 30日分 18,900円

以上、漢方薬97日分の服用結果です。

新たに2013年11月25日
*漢方薬 30日分 18,900円ご注文されました。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔