2013年12月15日

 腎不全で透析宣告された心臓動脈肥大が漢方薬でかなり楽です

この方には2013年11月7日に下記のタイトルで登場して頂きました。
「腎不全で透析宣告ですが老人性色素斑が漢方薬20日分で消えました」

12月2日にお話し下さいました。
女性 山口県 77歳

「凄くですねぇ、体がですねぇ、楽になりましたよ〜。」
「前に比べて、かなり楽になりました。」
「第一にですね、食欲が出てきたんですよ。」
「二番目は、凄く息苦しいところがあったんですよ。」
「それがね、楽になりましたね。」
「それからね、手の震えがあったんですよ。」
「字を書くにも、ミミズみたいな字しか、書けなかったんですよ。」
「まともじゃないですけど、だいぶそれが治まりました。」
「手に力が入って、震えが止まったんですねぇ。」
「そしてねぇ、先生の所に伺った時にはね、
まだ、睡眠薬を飲んでたんですよ。リスミーって言うね。」
「その時に、薬剤師さんの方が、あんまり飲まない方が
良いですよって言ってたものですからね。」
「私もすぐ実行に移そうと思ってですね。」
「最初は、ちょっと4〜5日は辛かったですけどね。」
「今は、睡眠薬なしで、寝つけるようになりましたね。」
「いつ頃から止めたの?リスミー。」
「先生の所に伺ったのは、9月14日ですよ。」
「それ以後、止めたんですよ。」
「2〜3日後だったと思います。」
「もう、なるべく睡眠薬は飲まない方が良いと、
私も思いましたんでね。」
「今 完全に飲んでませんけどね。」
「寝つけるようになりました。」
「だいぶねぇ、改善されたみたいですね。」
「心臓の方は、相変わらずですね。」
「MRIを撮っても、思わしくないみたいですけど。」
「MRIって言うのは なかなか良くなってる状態が、
出ないですもんね。」
「心臓の痛みは時々あるんですよ。」
「その変わりですね、動悸の回数がちょっと増えた気がするんですよね。」
「なんかね、お腹の辺までね、ドクドク ドクドクって言うのが、感じるんですよね。」
「前々から、動悸はあったんですけどね、何か回数が増えたような。」

※木室ミヱ子「体は楽になってるから、
動悸が増えたと言う事はおかしいのね 水をよく飲んでる?」
動悸は水の摂り過ぎでなってると考えられるんだけど。」※

「水を1日2リットル飲んでいます」
「だいたい、それ位が目安じゃないかなぁと思うけど。」

※木室ミヱ子「摂り過ぎです。」
「だからね、心臓がドッキン ドッキン言うのよ。」
「その水がね、心臓を攻撃しちゃって、動悸しちゃってるの。」
尿は1日1500mlでますから 1日の水分摂取量は食べ物からも含めて
1500mlと言われています。」※

「あ〜、そうです〜。」

※木室ミヱ子
「今、この漢方薬で、一生懸命 体の湿気を取ってるのにね、
逆に水をどんどん飲んで、浮腫みを助長させてる。」※

「あ〜、そうなんですか〜。」

※木室ミヱ子
「浮腫んでると、心臓が動悸しちゃったりとか、腫れたりとか、
痺れたりとか、痔になっちゃったりとか、血圧が上がっちゃったりとかするんですよ。」※

「そうなんですか。」

※木室ミヱ子
「水はね、血中濃度が上がった時に、口が渇くんですよ。」※

「そうですね。」

※木室ミヱ子
「だけど、喉が乾かないのに、水を摂る必要はないんですよ。」
「人間はね、乾燥タイプと、潤いタイプとあってね、水を凄く欲しいタイプ、
欲しくないタイプがあって。」
「皆が皆同じではなくって。」
「あなたは腎臓が丈夫ではないから 水分を体の外に排出する力が弱いんです」
「飲んですぐにトイレに行く人もいますけど、あなたは、そういうタイプじゃない
「飲み過ぎは 体に水分を貯め込んでしまいます」
「いろんな湿が原因による病気が発生します
「心臓はバックン バックン言っちゃいますよ。」※

「今はですね、寒いからあまり水は しくはないんですけどね。」

※木室ミヱ子
「この漢方薬は口の渇きを止めます。
口の渇きが止まってきてるはずなのに今迄の癖で、
同じように水を摂っちゃうと、心臓がバクバクしちゃいますよ。」
「胃腸が湿が多いと元気になれないのよ」
「食欲が出てきたとは言え。」※

「はぁ〜。そうですか。」

※木室ミヱ子
「水を飲みすぎていなければ もっともっと楽になってるはずよ。」
「もっと、息苦しさが 楽になってるはず。」※

「は〜。だいぶ息苦しさは、以前に比べて楽になりましたけどね。」

※木室ミヱ子
「水はね、1日2リットルもね、あなたの体で摂ったらダメよ〜。」
「冬の寒い時期で汗もかかないのに。」※

「分かりました。」

※木室ミヱ子
「いつまで2リットル飲んでたんですか?」※

「10月頃まで。」

※木室ミヱ子
「東洋医学では 食べたり飲んだりしたものは、3ヶ月後に来るって言うんですよ。」※

「あ〜、そうなんですか。」
「トイレはですね、4時間毎に行くようにしてるんですけどね。」

※木室ミヱ子「行きたい時に行けば良いんですよ。」※

「あ〜、そうなんですか。」
「やっぱり、おしっこを出しておかないと、いけないかなと思って。」

※木室ミヱ子
「行きたい時に行ってください」
「そんな行き方してたら、ストレスできつくならない?」※

「そうですよね。きついです」
「おしっこが溜まると、毒素が体に回って良くないかと思って。」

※木室ミヱ子
「尿がちょっと 溜まった位で、毒素は体に回りませんから」※

「アハハハ。」
「そうですね。お尻を出すのは、寒いですからね。今。
「はい。気を付けます。」

※木室ミヱ子
「人間はいろいろ規制を自分に設けちゃうとね、
数値は下がっても、寿命は縮まるんですってね。」※

「あ〜、そうなんですか。」

※木室ミヱ子「自分が好きなように生きた方が、寿命が貰えるみたいですよ。」※

「あ〜、気ままにですね。」
「今、寝つきは良いです、夜眠れます」
「耳がボワ〜っとする感じは無いですねぇ。」
「顔の浮腫みは、朝起きた時、浮腫みがある時と、無いときがあるんですよ。」

※木室ミヱ子「声枯れはどうです?」

「この通り、ドラえもんです。」

※木室ミヱ子
「ドラえもんね。まだしてるね。(笑)」※

「エヘヘ。」
「便秘のキツイのが無くなりました」
お通じは、1日1回出てます」

【ご来局時の症状】9月14日 
★透析をしたくない 回避したい
★肋膜炎で水が溜まりが全ての病気の始まり
★心臓の動脈肥大(6mm)
★腎臓が悪く、10時間以上かかる大手術の為 
 腎臓がもたず確実に透析になると言われている
★精神的に弱ってる
★手が震える。
★胃弱(食欲不振 吐き気 油肉類で下痢)
★左の脇心臓部分が2か月前から腫れた違和感 
★心臓が痛む胸が張った感じで押さえつけられる感じ
★息苦しく呼吸が浅い 
★カリエスから便秘になった

【病歴】
20歳:肋膜炎の手術(右側)で1年間入院
25歳:結核菌が脊髄に転移し、2年間入院。結核菌が骨盤に転移して手術
30歳:尿管結石40日間入院
34歳:出産時の後産で子宮を摘出。
40代:十二指腸潰瘍

【2013年9月14日・漢方薬服用前の舌の表】
深い亀裂は血 気 津液 不足
胃弱の為に消化吸収力が低下しますと
このよう深い亀裂の舌になります
放置しますと 亀裂はだんだん深くなり
食べ物が浸みる舌となります。
やや 黄色の苔が白の苔の上にあります
火 や冷えが同時にあります
20130914舌表

【2013年9月14日・漢方薬服用前の舌の裏】
20130914舌裏

【服用薬】
サンリズムカプセル25mg: 頻脈性不整脈の治療
ランソプラゾールOD錠30mg; 胃・十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎治療薬
ディオバン錠40mg: 血圧降下剤
アロチーム錠100mg ; 痛風、高尿酸血症をともなう高血圧症における高尿酸血症の是正薬
リスミー錠2mg: 不眠症の治療や、麻酔前に用いられます。
プルゼニド錠12mg  : 便秘症の治療
カリメート経口液20% : 高カリウム血症の治療
フェルムカプセル100mg : 鉄欠乏性貧血の治療
クレメジン細粒分包2g 6g: 腸内の有害物質を吸着。尿毒症症状の改善及び透析導入の遅延。
ボノテオ錠50mg: 骨粗鬆症の治療
ラシックス錠40咫А”蘯陲濕N徒

【薬局でのご購入歴】
2013年9月14日
*漢方薬 30日分 18,900円

2013年10月11日   
*漢方薬 30日分 18,900円

以上、漢方薬60日分の服用結果です。

新たに2013年12月2日 
*漢方薬 30日分 18,900円 ご注文されました。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔