2014年02月07日

★冬 木室ミヱ子 の健康法 

★冬は体が何となく脂肪がついて 膨らむ感じ 
木室ミヱ子は小学低学年の頃から
行っている健康法です。 
夏は水が温くて 出来ません。
冬だけ 自宅でできる 他の季節 
夏は温泉で冷たい冷泉につかる。

【膨らんだ身体の引き締め方】
お風呂で十分身体を温めた後
→冷たい水を足先だけかけてお湯につかる
→次に足先から太もも迄水をかけて熱い御湯につかる
→次に足先太もも 両腕 迄水をかける御湯につかる
→次に足先から太もも 背中に冷たい水をかける御湯につかる
→水をかけて御湯につかるは全身の血が走る快感です
朝に夜に2回行う日も有りです。

健康法2

以前は10回と決め数えていましたが最近は数えません 辛い
好きな回数 満足いくまで 繰り返します。
大体 10回近くの回数です。

すぐに身体のひき締め効果が現れますよ 。
尺間大社(大分県佐伯市尺間大社)の総代理をしている 
行をする義兄曰く
冬は水道水が一番冷たい 
そう言えば 冬の水道水 雪が積もった朝と温かい朝 身体に感じる冷たさは同じ
井戸水は14度ぐらい で一番温かい 
尺間山の山頂で行をする時 戸外では
井戸水をかけている時が一番温かいと言います

兄のお風呂の入りかた 水風呂から段々をお湯を入れていく 
体に血が流れる感じで何とも言えず気持ちがよい

腎臓の弱い体質(水)の人は冬の寒さは体を傷つけやすい季節です
エネルギーが弱い為に すぐに冷えてしまう
だから 1日頑張った後は シッカリ睡眠をとらないと動けない
それが 水(腎臓)体質です。

すぐに冷えてしまう 水(腎臓)のひとだから
寒い冬は腎臓を傷つける季節 気を付けましょう。

特に赤ちゃん 小さな幼児は親御さんが衣服の管理をします。冬服こども
水(腎臓)体質のお子さんは寒さに大変 弱いのです。
子供は風の子寒さに強いは
水(腎臓)体質の子には当てはまりません
帽子 手袋 靴下 しっかり 着用
特に寒い日はカイロを足 肩 腰 
ポケットに忍ばせてあげて下さい。

でも 水シャワーは冬の寒さに強くなりますよ。
でも 心臓の強い腎臓体質の方にはよいのですが
心臓の弱い方にはお勧めできません。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔