2014年11月23日

癲癇脳は病気?漢方薬で身体の冷え 貧血肝臓機能低下を整え改善です。

寒くなり 
以前 漢方薬で癲癇が正常に戻っていた
プードルのレディーちゃん
癲癇発作が起きました。
癲癇改善の漢方薬 30日分を頂きたいとのお電話です 

★癲癇といったら 頭だよね
脳の異常よね どこかに欠陥がある
だから 隠す 
女の子のお母さんは結婚にさしさわりがある 
医師は確定する脳の病気と

 しかし 是まで癲癇で漢方薬を服用された方は
すべて正常な身体に復活しています。

脳の異常ではありませんと思っています(木室ミヱ子漢方の現場から)
 
癲癇は体が冷えている事が大きな原因です

肝機能が大きく影響しています。
肝臓は怒る臓器です
ストレスで肝臓に火が上がりますと 怒りやすくなる
肝臓は臓器の中でも火が上がり易く ストレスで火が上がる臓器
怒る事は肝臓を傷つけるのです。
 
肝臓の気が欝になり伸びない
肝臓に火がある
為に肝臓が充分に機能せず 
充分に造血する事が出来ない
肝臓は筋肉を支配する為 
筋肉が痙攣したり 足や手がツル 震えるのです。

良く癇癪を幼少時に 起こすお子さんがおります
癇癪を起して震える 痙攣する
その様なお子さんは
全て正常な身体に漢方薬で回復しました
快復していない方はおられません

学習障害や アスペルガー 自閉症 
上記のお子さんは殆ど 癇癪を興します。
 痙攣したりするお子さんもおります
子供の精神は弱い 未だ成長段階で 不十分

その為 自然な風邪や寒さや 
ストレスに影響を受けやすく大人に比較して
癲癇を興しやすいと漢方の現場で
私は感じております。
この事は
醫方集解(漢方医になる為の必読書)の本にも記載されている事です。


木室ミヱ子が懸念している事
小さな子供に癲癇薬として 
心療内科で処方する薬
(向精神薬 安定剤   神経の興奮を抑える
抗痙攣薬(痙攣を抑える) 
が処方されているという事

内臓が成長段階にある時期に上記のお薬は
成長を著しく阻害します。 


残念な事は 幼少時から
癲癇薬の抗痙攣薬や精神安定剤 脳神経の興奮を抑える薬 
気分を安定させる 精神安定させる 
;副作用としては 眠気 眩暈 フラツキ)
を常用されている方は頭から 
漢方薬で治療をしたいと言う気持ちはない方が殆ど 
 是まで服用して来た 病院薬を離す事は考えられない 
恐いようです。

【医学書で癲癇とは 】
癲癇:細胞は神経細胞の集まりであり、複雑なネットワークを形成しています。
神経系に異常な信号伝達の興奮が起こること、
けいれんや意識障害を引き起こすことがあります。
このような病気をてんかんと呼びます。

 以前 漢方の先生と共同経営していた頃
25〜30年程前のお話しです
イギリス人で東京在住の方
 癲癇と診断され 
イギリスで脳の血管を取る手術を勧められましたという患者さん 
 血管を取る事に 我点が行かず アメリカへ 
そして日本に来日
日本人の奥さまの紹介で漢方薬を飲まれて改善
癲癇の症状は
泡を吹いて 1時間程 意識不明で倒れていた
癲癇を起こすとその間 記憶が取り戻せない 

肝臓機能を重点的に冷えを取りながら造血する 
又 肝臓の火や欝を取り除き
肝臓が伸び伸びすれば 血を造血できる 
結果 
癲癇は起きなくなり 奥様が御主人様に
お礼がてら 貴方のニキビも治す漢方薬を作って頂く事を
兼ねて福岡に行ってらっしゃいとの事
ご来局されました。 
イギリス人の方は 病院の癲癇薬は服用されていませんでした
結果 非常に早い改善でした 
3か月程で改善したと思います。

小学生で癲癇薬を服用しているお子さん
大人になっても飲み続けている。
大人になると 薬を離す事を怖がる

子供は精神が強くない 
精神が弱い為
色々な出来事に影響を受けて 怒ったり不安に成ったりし易く 
そこから 震えたり痙攣したりする 
その様なお子さんが癲癇と診断され
癲癇薬 向精神薬 安定剤  抗痙攣薬を投与される

 病院では 漢方薬はマニュアルに沿って
柴胡加竜骨牡蠣湯が癲癇薬として処方されます。
 
しかし 上記の漢方薬では癲癇は改善することは不可能です 
肝臓に栄養を与える剤がない (当帰や川芎や芍薬)
造血作用が不足です
この処方では 
震えやケイレンは収まりません
 【柴胡加竜骨牡蠣湯】
柴胡5g 半夏4g 桂皮3g 茯苓3g
黄芩3g 大棗2.5g 人参2.5g 牡蠣2.5g
竜骨2.5g 生薑1g

【醫方集解での効能書き】
傷寒(風邪)で8〜9日経て脇腹が膨満感でうわ言をいい
煩わしく驚きやすい尿が出ない不可轉(転がれない)
その様な時に服用する


漢方薬で癲癇が起きなくなっていたプードルのレディー 犬が
11月の寒い日に癲癇を起こした
 暑い日や温かい季節は癲癇を発生させなかった 

病院から見放されていた
寒くなり震えだして 癲癇が起きた
是からの寒い時期 癲癇をお持ちの方は寒さに気を付けましょう
癲癇は隠す病気ではないですよ
肝機能低下が主体となって起きる病気です
血がたりないと手足が震えます

●●寒い時期に癲癇が起きると言う事が証明します
癲癇の方は寒い時期は癲癇が発生しやすくなります 寒さ対策をしてください。●●

 プードル レディー(名前) 犬 2014年11月14日
癲癇改善薬 30日分ご購入です
ご主人様からのお話し 

FMコミ天放送 2014年8月19日お話ししました
★トイプードル 7〜8歳 
癲癇薬5年間服用 症状が一向に改善されない為
薬の量がふえて行く
 「病院薬で治らないなら仕方ない」 
「死んでも仕方ないと言われていたし」 
「癲癇の薬を飲まないと死ぬよと言われ
どうして良いか解らない 嫌がるのを必死にのませていた。」 
「でも 飲んでも良くならない癲癇を起こす。」
「犬は ズート寝ている 病院の薬を吐く
このまま死んで行くのかなと思っていた」
癲癇治療で大金を病院に払った 
治療費が高く カードで支払いしていた 
犬の為に生活を切り詰め          
生活が苦しい中 犬の治療と言う事
始め 徳永先生が購入してプレゼント 2週間分 
漢方薬を嫌がらないから 仕事に行くため
「 癲癇が起きているかいないかはわからないけど 
病院のお薬は嫌がるのに 漢方薬を嫌がらないと言う事に驚いた。」
1週間分5月15日
飲んで犬が喜ぶと言う事で30日分 ご購入 

【治療法は】 肝臓の火を取り除きながら
 肝臓に栄養を与えて血を造血(體が温まる)
 心臓も同時に強化 痙攣を収める 
又 肝臓が風邪にあたると手足が冷えてひきつける
脈が細くて絶えるを改善する 漢方薬を使用しました。
軽い風邪を解く薬を多少入れました

動物だけに漢方薬をお渡しする事は有りません
当局の漢方薬を服用されている方にお渡ししています。




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔