2015年10月22日

漢方薬で2人目は60日分 3人目は30日分で妊娠しました。


女性 福岡県 36歳 
「2人目と3人目の時はオータニ漢方薬局の 漢方薬飲んだらすぐ妊娠しました」
「2人目の時は2か月」
「今回は もう1か月というより、漢方薬1回きり30日分で」
「妊娠中の補薬を飲んだ方がいいと思って 
今日お電話しました」
「あと妊娠中の風邪と不調の漢方薬ですね」
「もうまさか自分が3人も子供うむことになるとは思いもしなくて」
「なかなか確定しなかったんですよね」
「なかなか赤ちゃんが見えなくて」
「で、先週土曜日(10月10日)に心拍も見えて」
「今週で10週目です」
※木室ミヱ子
「そう、 今 ズートなんですけど 妊娠ラッシュみたいにみんな妊娠していくんですよね」※

「だからまさかこんなに早く妊娠すると思わなくて」

「出産後今年の8月に生理がきたばかり」
「9月が生理がこなくて」
「だからやっぱりまだ整ってないのかなと思ってたんですよね」
「ムカムカしてるからこれはおかしいと思って」
「検査で妊娠していました」
「びっくりです本当」
「9月の上旬に生理がくるかなと思ってたのがこなかったので」
「1週間たってから検査薬 試したら陽性がでたので」
「その週に病院いったら」
「まだ見えなかったんですねなにも」
「多分早すぎて」
「また2週間後きてくださいって言われて行ったら」
「子宮の中に袋だけは見えるけど中身が何もみえないから」
「また2週間後に来てくださいってなって」
「先週わかったんです」

※木室ミヱ子
「本当〜」

「そうなんですまだ早くて」

※木室ミヱ子
「中身がまだ見えなかったのね」※

「はい、赤ちゃんがまだ見えないからまた来てくださいってなって」
「先週心拍が見えたから、1か月後に母子手帳渡しますって言われて」
「母子手帳11月7日に頂きます」

※木室ミヱ子
「よかったね〜すごいね〜」※

「もうびっくりです」
「年子にはならなくて、全員3つ離れてます」
「7月に先生にラジオでお話ししてもらったの覚えてますか」
「産後がすごい楽だったっていう話をしたじゃないですか薬局で」
「そしたら先生に、ラジオで話しますって言ってもらって」
「産後先生の漢方もらってずっと飲んでたらものすごく子育てが楽だったっていう
お話をして頂いたんですよたしか」
「まさか また産後のお薬を頂くようになるとは思ってもいなくてその時は」
※木室ミヱ子
「すごいわね、宝を授かったみたいね 子供っていうのはね」※

「こればっかりは本当授かりものですものね」
「だから元気で頑張らなくちゃと思って」

※木室ミヱ子
「つわりはもう大丈夫なの?」※

「つわりはそんなにひどい方じゃないんですけど」
「吐き気はあるんですけど」
「何かしら食べたりとかはできます」
※木室ミヱ子
「妊娠中の補薬を飲みながら、体が楽になっていきながらに、つわりの漢方薬を飲んで下さい」
「それ一緒に飲んでいいんですか」

※木室ミヱ子
「いいわよ。大便は軟便のほう?硬くなるほう?どっち?」※

「軟便ですね、先週までずっと下痢してて」
「今週 入って まだしてないんですけど」
「下痢して先週までずっと大変で」

※木室ミヱ子
「その下痢は気持ちよく出る下痢なの?それとも絞り便なの?」※

「ばーって、もう水」
「もうばーって出ます」

※木室ミヱ子
「あー、それはあなたに気力があって、余分なものを外に出す力ね」※

「あー」
「ばーって出た後はすっきりしてもう行きたくないんですけど」

※木室ミヱ子
「それでいいのよ」
「水便として 湿がでたら胃腸も元気になっていくのよ」
「湿が多すぎると、もたれたり、足がむくんだり、身体が冷えたりするのよ」
「だから余分な湿はよくないのよ身体にとって」
「おめでとう」※

「ありがとうございます」
「またお世話になりますこれからも」
「先生1つ聞いてもいいですか?」

※木室ミヱ子「いいわよ」※

「妊娠してすごいイライラカリカリするんですけど」
「こういうのって駄目ですよね。」

※木室ミヱ子
「それはね、妊娠中なりやすいの」※
「妊娠中は肝臓に欝や火が発生して怒りっぽくなり 肝臓が→
胃腸を攻撃するようになっちゃうからつわりになるって言われてるの」

※木室ミヱ子
傅青主男女科の専門誌に記載されています
腎臓の水が胎を生む→
腎臓は五臓(肝臓 心臓 脾臓 肺臓 腎臓)を潤う暇が無くなる→
肝臓は日々腎臓の母の気を食して(もらって)舒のびている(成長している)→
しかし 津液の養う所を失うと肝臓の気が切迫するが→
親の臓器の腎臓がこれに応じない→
肝臓の気が益々切迫→
肝臓に欝や火が発生→ 
イライラ怒りっぽくなる

「そうなんですね」

※木室ミヱ子
「ずっとイライラカリカリ、漢方薬で調整してあげましょうか」?

「すいません」
「もう子供たち怒ってばっかりですなんか最近」

※木室ミヱ子
「鉛筆が転がっても怒るんだから」※

「そうしたら逆子になるんですよね」
「もう全部覚えていますよ」

※木室ミヱ子
「そうよ、じゃ怒らないように調整しといてあげる」

※木室ミヱ子
「周りの人に妊婦さんをイラつかせないでって私は言ってるのよ」※

「今日からみんなに言います」

※木室ミヱ子
「母の臓器の腎臓が 肝臓に母子いじめで」
「水 与えない」
「肝臓が火ふいて怒りっぽくなるんですって」

「へ〜」

※木室ミヱ子
「だから私を怒らせないでってオフレコしなさい」

「わかりました、言ってまわります」
「すみませんありがとうございます」
「またじゃあお世話になります」


【漢方薬服用前の症状】
●頭痛 
●心臓がどきどき鼓動がする 
●乳腺炎になりやすい(詰まって硬くなり痛くなる時あり)
●アレルギー体質 
●肩こり首こり 
●手足が冷える
●胃腸弱い 軟便と下痢 
●大便2〜3日出ない時あり 
●目の下にクマ 
●鼻炎なりやすい 
●息苦しい時あり 
●口角炎なりやすい 
●1か月前から考え事が多い


【当局でのご購入履歴】
2012年1月28日   30日分   漢方薬     18,900円
2012年2月24日   30日分   漢方薬     18,900円
2012年3月22日   30日分   漢方薬     18,900円
*伝説の王妃石鹸80g(天然植物成分入り)1個   2,800円
お客様の声(ブログ) 
お客様の声(はがき)   
2012年12月17日  30日分   漢方薬     18,900円
2013年2月5日     30日分     漢方薬     18,900円
*伝説の王妃石鹸(天然植物成分入り)80g 2個  5,600円
2013年3月12日   30日分     漢方薬     18,900円
2013年3月12日     7日分    漢方薬      4,410円
2013年3月28日    7日分    漢方薬      4,410円
2013年3月28日    10日分   漢方薬      6,300円
上記服用後 妊娠しました

2013年4月12日    16日分   妊娠中の補薬      10,080円
2013年6月6日     30日分   妊娠中の補薬      18,900円
2013年9月19日    30日分     妊娠中の補薬      18,900円
2013年8月8日     45日分   お腹の皮張り改善薬  28,350円
2013年8月8日     7日分   逆子改善薬          4,410円
妊娠中の風邪不調薬   1日分プレゼント
2013年10月24日    30日分     産後薬            18,900円
2015年 7月28日    30日分     漢方薬            18,900円
鼻水鼻づまり風邪改善薬 3日分プレゼント
上記服用後 妊娠しました
 
以上、漢方薬5種合計1,277日分服用結果です。

新た
2015年10月16日   30日分    漢方薬           19,440円
2015年10月16日    3日分    妊娠中の風邪不調薬  1,944円

をご注文されました。  


■舌の表
【2012年1月28日漢方薬服用前の舌の表】
20120128舌の表

【2015年10月16日漢方薬服用1,357日後の舌の表】
20151017舌の表


















■舌の裏

【2012年1月28日漢方薬服用前の舌の裏】
20120128舌の裏

【2015年10月16日漢方薬服用1,357日後の舌の裏】
20151017舌の裏


ohtani_kanpou at 18:16│Comments(0)TrackBack(0)漢方薬について 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔