2016年02月25日

おたふくかぜの顔写真と おたふくかぜの漢方薬があります。

おたふくかぜ
日経新聞 2016年2月13日の記事
おたふくかぜご用心
4年ぶり 流行の兆し
耳の下が腫れ 
子供を中心に感染するおたふくかぜ」
(流行性耳下腺炎)について
薬4年半ぶりに全国的な流行の兆しがみられる事が
国立感染研究所の集計で分かった

髄膜炎などの合併症を起こす恐れもあり 
専門機関は手洗いの徹底やワクチン接種の対策を呼び掛けている

【合併症の恐れも】
おたふくかぜは患者のくしゃみや 咳嗽のしぶきに
含まれる「ムンプスウイルス」が原因
2〜3週間の潜伏期間を経て 耳や顎の下が
腫れ 発熱や痛みを伴う

国立感染研によると
 1月31日までの1週間に 
全国約 3千の小児科から報告があった患者数は2698人
1か所あたり 0.85人でこの時期としては 
2006年以降で2番目に高い数値となった
1月4〜10日には 医療機関1か所あたり1.2人を記録
 11年7月以来の記録
1月31日までの都道府県別でみると
 佐賀(4.52)石川県(4.21人) 沖縄(3.03人)が「注意報」レベル
となる患者数を上回った

 同ウイルスは感染力が比較的強い
症状は1〜2週間で治まるが症状が現れない
不顕性感染も約3割あり 
本人が気づかないまま感染を広げる可能性もある 
近年4〜5年の周期で流行しており
冬から夏にかけて患者が増加する傾向があるという
3〜6歳が患者の約6割を占め 
髄膜炎や脳炎を併発したり 
まれに難聴になったりするケースも報告
抗体のないおとなにも感染し 
思春期以降で感染すると
 睾丸炎や卵巣炎になる可能性もある
効果的な治療薬はなく 
症状を和らげる対症療法が中心となる 


漢方薬にはおたふくかぜの薬はあります 
早期に回復します。
 
漢方薬の世界ではおたふくかぜは
風邪の項目にはありません
瀉火の項目です  

処方内容は
オウゴン 黄連 連翹 甘草

オウゴン 黄連 陳皮 甘草 玄参 連翹
板藍根 馬勃 鼠黏子 薄荷 殭蠶 升麻
柴胡 桔梗 等々
すべて 苦い味を持つ  甘草は甘いが甘い中に苦い味があり できものを治すのもこの苦さである
是は手の太陰(肺)  手の小陰(腎臓)
足の少陽(胆のう)  足の陽明(胃腸)の薬なり
オウゴン黄連の苦寒で心臓と肺臓の熱を取り君とする
玄参も苦く 寒冷
甘草も甘く寒 火を出して甘く気を補う
連翹 薄荷鼠黏子は辛く苦く平
板藍根は甘く寒
腫れを散じて毒を解く
升麻 柴胡は苦く平 少陽(三焦 胆のう)
陽明(胃腸 脾臓)二經の陽の気を延ばす
おたふくかぜの特効薬 3日分 1994円です



工藤さんの経験
1歳ぐらいで感染
お顔のでかさに首が腫れあがり 顔んが2倍の大きさで笑ってはいけないけど おかしくて笑っちゃう
 
DSC00089



普段の息子です。

images




おたふくかぜ1おたふくかぜ2おたふくかぜ3











 本人は痛がらずずーと遊んでいた 
電車のおもちゃで離乳食をふつうに食べていた 
病院に行き点滴と注射で4〜5日で治った 
数か月後に水疱瘡 
母は移されて大変 
息子は2〜3日で治まりぶつぶつにもならず 
熱が40°近くあるが酷くならず 1〜2日のみ熱 
掛け時計がおちて 眉間に当たり 慌てて 急患センターに行き 治療して
 翌日 の夜
おでこにぶつぶつ熱が上がりはじめ水疱瘡と判定 
気づきませんでした 
時計が落ちて顔に当たった 方がショック!

水ぼうそう3   水ぼうそう4



 

  左:時計が落ちた傷   右:水疱瘡ピークの息子


笑い話に 怒る話に母にはいっぱいあります
お母さん 2カ月40°の熱が10日つづき
 頭皮と背中一面がぶつぶつが
あまりにも汚くて写真撮りました(写真、探しましたが見つかりませんでした。ザンネン!)
 特効薬なし 治まるのを待つだけ 
ふつうは入院するもんね と言われてがっくり イラッ

今田さん
予防注射 していた
もらった人により違いがある
軽い人からもらったら軽い症状 
重症な人から感染すると重症になる と聞いている
よく見たらおたふくかなが1回
 おたふくかぜは両方腫れないとまたあとで腫れてくると
聞いたが片方腫れただけ
今 成人している 20年前の話
ちょっと前かかった同級生は大変 
人によってもらった人によって重症度が違うとお母さま方は言われている.



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔