2016年02月29日

妊娠を控えている女性の方の心得と 漢方薬は妊娠中の不調に対応できます


女性は成長期無理なダイエットはしない無理なダイエットは貧血となり生理が止まります。
貧血しますと骨がもろくなります。
血液中の不足したカルシウムを骨の中から出して補充使用とする為に骨がもろくなる。
その様な方が妊娠しますと、とても骨が弱く骨折しやすくなります。
無理なダイエットはダメ!

妊娠した野生動物は鹿が落とした角 六角を食べてカルシウムやミネラルを補強をするそうです。


むくみからきている体重増加(これはダイエットしても体重は下がりません)
35℃の低体温。体温が1度下がると基礎代謝は12%落ちる。

【太りやすい日常】
週1回も汗をかく運動をしない。
慢性的な睡眠不足。
カロリーと栄養の知識が不足。
よく噛まないで食べる。
間食をする。
食事を抜く。
頻繁なファストフード通い。
感情を食事でコントロール。
暇で退屈な時間が多い。
テレビを見る時間が多い。
体重を頻繁に計測しない。
太った友人を持つ。
ピル等女性ホルモン剤服用でのむくみ太り(体重増加します)
(軽い入眠剤からも太っていく) 
精神安定剤で太る薬剤も有ります。
抗鬱剤で体重が増加するお薬も有ります。

【太らない身体づくりは漢方薬でできます】

1.甘い物が止まらない。
2.食欲中枢のマヒ→過食
3.咽喉が乾いて水を沢山飲む
上記3点セットで確実に太ります。

自分でコントロールできません。
胃腸の熱が原因で起きているため
胃腸の熱を取り除かない限りこの症状は止まりません
漢方薬は胃腸の熱を取り除く薬剤がそろっています。
自然と痩せます
ダイエットや努力なし 自然な食生活で正常な体重に戻っていくのです
自分に必要量頂きますと大好物な物でも
食べようと思わなくなるのです。

それが強い正常な胃腸です
過食や拒食は胃腸が弱い体質の人の症状です
強い胃腸の人は過食や拒食は発生しません。 


漢方薬で痩せる事ができます。
補充しようとして又無理なダイエット。
女性は生理に気を付けて下さい。
★生理不順・生理痛等でピルを安易に服用しない。
女性ホルモンは子宮と卵巣で主に作られます。
外から身体に入れる事で身体は製造する事を怠けてしまいます。
また、副作用として下半身ぶくれ・むくみ・下半身が太ります。
下半身の次は上半身に上がります。
肥満に繋がります。

漢方薬には女性の妊娠専用のお薬は沢山あります。

 “つわり”
”逆子”
“口が渇いて咽喉が痛む”
“下痢して腹痛”
“むくみ”
腰が痛む”
“口が渇き汗が止まらない”
“欝病となる”“
お腹の痛み”
猝樅繊
下血して子供が流産しそう...等々
妊娠中の漢方薬はまだまだ沢山あります。
「妊娠中の風邪 、不調薬」、風邪の症状に合わせて多数ございます。

000000269300



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔