2016年03月06日

漢方薬は即効性です。肝臓急性疾患の漢方薬 3日分が1944円です

急性疾患と体質改善薬
                      木室ミヱ子
 皆さま漢方薬は長期に服用しないと効果がないとお思いになりますか?
漢方薬は即効性が高いんですよ
当 オータニ漢方薬局の
 即効性が無いという誤解を解く為に
急性疾患薬  3日分 ¥1890  50品目 販売をしております
急性疾患薬でしたら3日間 で正常な状態に改善する事が出来ます。

体質改善薬は 7日分からで 4536円です。
1日分648円です。

3日間で改善が何故 可能とお思いになりますか?
東洋医学における病気の原因は
下記 3つの原因があります   

外因→ 外因は気候の変化  
内因→ 内因は強い5つの感情   怒り  喜びすぎる 憂う 悲しむ 恐れる
不内外因→生活習慣などの不摂生 

★外因の気候の変化
六淫 六邪
風;風邪に当たり過ぎて病気になる
寒;寒さが原因となり病気になる 
暑;夏の暑さによって病気 
湿;高い湿度によって病気になる 
燥;乾燥により津液(体液)が不足して病気になる 
火;高い熱の環境が原因となって病気になる

★内因;強い感情
七情
喜びすぎると:心臓を傷つける
怒り過ぎると;肝臓を傷つける
憂い 悲しみ過ぎると;肺臓を傷つける
思いすぎると;脾臓を傷つける
恐れ 驚きすぎると;腎臓を傷つける

★不内外因
食生活の不摂生 働き過ぎ 性行為の過多 
大きな怪我など

人間の体は気や血が津液 精液が充分に満ちて元気な時は
邪をはねのける事が出来ます。 
病気になりません。


病気は気や血や津液の不足時に上記3つのの症状が加わりますと発生します。

風に中っておきる病気 わかりますか?

扇風機に長く中ると痙攣が起こりますね→ 風は肝臓を傷つけるのです。
kanzo1 




寒の邪 冬の時期 寒い時期は寒さが骨や筋に中ると痛みます→ 冬の寒さは腎臓を傷つける季節
body_jinzou



 
湿邪 雨季 雨の日に外を歩きますと足がだるく 重く 腫れてます。→雨季は脾臓を傷つける季節
脾臓



 
燥の邪 秋 肌が乾燥しますと痒くなりますね→ 秋は肺臓を傷つける季節
hai2 





皮膚や粘膜が乾燥しますと
あらゆるものに過敏に反応して皮膚病が発生しやすくなります。

怒る邪 怒るは気が上がり ストレスで怒りやイライラな気持ちは→肝臓を傷つけます
smplimg_20150822-12554604






不眠や 筋肉が痙攣して胃痛や心臓が痛んだりと症状が発生します
7576e9ac72078b0ca33a35a6706108790b18f2ee770e8066de2a5a675f696479smpl 




 

その様に病気の発生は
もともと 
病気になる弱った体の土台があり 

    風         寒         暑         湿         燥       火や ストレス等
matu125free-illust8623533雨 イラスト-300x275s3_illuダウンロードimg_20150822-125546



色々の邪が引き金となり疾病が発生します。
漢方薬は
その様な邪を取り除いて
健康を取り戻してあげる事が出来ます。
酷い 病気になるのは自己管理の悪さが原因です。 
原因がなくて 発生する病気はありません 。



ohtani_kanpou at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)漢方薬について 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔