2016年04月13日

気は脾臓が製造します。脾臓を摘出しますと急激に体は弱体化します

※木室ミヱ子sozai_45722
紫斑病や胃癌の手術で 脾臓を取る事がありますが
とんでも ありません。

脾臓を摘出すると 
細菌感染しやすくなると
聞きます。

気を作れなくなりますと
人間は急激に弱体化します。

気がないと
食物を消化したり 
消化吸収したり
汗を出したり 
大便を出したり
余分な水分を 体外に排出して
むくみや 水腫れ しびれ を防いだり
ウイルスを殺したり
毒素を体外に排出する事が
出来なくなるのです。

白血球は気です。
赤血球は血です。

気は
胃から吸収された食物を原料に 
気は脾臓で製造され 肺臓で管理されるのです。

白血球を増やす方法は
 胃腸 脾臓 肺臓を強化することです。

血は 
胃から吸収された食物を原料に 
肝臓や骨髄で製造されます。
骨髄を管理しているのは 腎臓です。

血を増やす方法は
肝臓と腎臓を強化する事です。

抗がん剤や放射線治療でたたかれ
貧血になった 
体を漢方薬では
立て直すことができるのです。

決して 脾臓は摘出してはならない臓器です。※


以下は 
  ぜんぶわかる 人体解剖図  成美堂出版の抜粋です。jintaizu

非常に為になる
お勧めの本です。


脾臓は胃腸の左上腹部にあり子供の握りこぶし大です。
脾臓はリンパ組織の一つ

主な機能は
古くなった赤血球を壊すことに
【赤血球の寿命は120日】

リンパ球が集まった物が→ リンパ組織
リンパ球=白血球の中にあり
好中球 好酸球 好塩基球 単球 リンパ球 の5つに分けられる

リンパ球の働き=体外から侵入した異物を排除し 
血液の中に入れないようにするフィルターの役割を果たしている

以上
   ぜんぶわかる 人体解剖図  成美堂出版の抜粋です。


気の不足=白血球の不足= 胃腸の働き低下 →消化不良→もたれ→食欲不振

気は脾臓が製造 


東洋医学の言葉
「気は血を統率する」

脾臓が弱くなりますと
気の製造が落ちる為
血を統率する事が出来ず
血が猛攻して脾臓に還る事ができなくなり
生理の多量出血や
生理が 長くダラダラ続く症状が発生します。
脾臓は女性の生理に大きく影響するのです。
 

※脾臓の役割は 肝臓がしますからいらないですよと
簡単に手術で取られてなくなっている方を多くお見受けしました。

しかし
脾臓は気を製造し 
免疫力抵抗力 生命力 造血機能
血液の貯蔵 血球の破壊等人間の生命力に大きく関わっています。

例として 
交通事故で脾臓が潰れ手術で
切除した女性が体の不調を訴えて来局された際
毛穴が大きく開き 
とても顔をそむけたくなるぐらいの
大きな毛穴と くすんだ黄色味の帯びた 肌色でした

しかし
漢方薬で気を足す
また 
血を足す 製造する処方にしました処
肌の毛穴が小さくなり 
顔をそむける程の 酷さは全く消え
普通のお肌に戻られた事を 思い出します。

現在医学は 
血は研究しているが気を研究していない
気は陽 
血は陰
気が生まれれば血が生まれる。

難病といわれている多くの症状が 
気に関係しています。 

漢方薬には 気を増す製剤が沢山あります。
高齢人参 黄耆 白朮 蒼朮  茯苓 陳皮 

処方で言えば代表的な処方は
補中益気湯 四君子湯 六君子湯です。





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 小園美江   2016年08月10日 09:22
5 はじめまして

私と似てるかな?
と思いました

私は胆嚢ポリープ、肝血管腫、ダグラス窩?
左室収縮?
と言われてます。
悪性か良性かはまだなんですが
味覚、嗅覚、涙は泣かないとでない
鼻水も泣かないとでません
匂いの反応は遅い(3分)と言われてます。
唾液は押せば出ると。
半年で9堊蕕擦泙靴
消化力?が弱ってるのか今は固形物が食べれません
川島なお美のような体型です
今はお粥、油もの禁止、砂糖、添加物はあかんと言われてます。
噛み砕いて食べてと。
それでも唾液、鼻水でません。
なので口呼吸してしまう。

こんな私の病気を漢方と食事療法で治してあげたいと思っています。
漢方はバランスが整えば治るそうですね?

早く治してあげたい

デニム履きたい
旦那さんの作る焼き飯が食べたい
ランチデートしたい

今の私の夢

夏なのに寒い
筋肉はない
掌 足の裏黄色
顔は黒い

こんなになってしまうんですね人間って。

治るもんですか?

素人なので全くわかりません

いきなりこんなコメントを書いてしまいすみません
2. Posted by 木室ミヱ子   2016年08月10日 11:20
人間には治癒能力が有ります。
人間の身体は結構 強いんですよ。
漢方薬は自分で治そうとする力の
手助けをしてあげるのです。

漢方には有ります
胃腸 脾臓 肝臓 腎臓 心臓 肺臓
五臓六腑をすべて強化させる漢方薬がそろっています。

貴方は先ず おいしくなんでも 食べれる様にならなければなりません
そのためには 消化力 消化吸収力を強化する事
漢方薬にはあります。そのような製剤が

諦めない 絶対 治ると信じる心が
自分を治す道に導きます。
無料相談15分がございます。
私の漢方薬は
病院で治らない方ばかりが専門でご来局されます。
難病 原因不明 が専門の薬局です。
病院で治る病気は病院に行かれます・。
その方が皆さん安くつくと思っていますから。












3. Posted by 仲村   2016年08月15日 16:04
はじめまして、脾臓と漢方について調べていましたら木室さんのブログに辿り着きました。
私は30の沖縄在住男性です。だいぶ前からお腹が張ってて、ゲップ、無気力に悩まされていまして、食事をするとすぐお腹が張ってしまいます。最初は胃が張ってると思って胃を気づかっていたのですが、最近から左側脇腹の方に張りがあることに気づきました。
現在、低胃酸症、機能性低血糖も持っていて糖質を取るとすぐだるくなってしまうので米だけは少し取るようにした軽い糖質制限をしています。
こういった脾臓の張りに対してもブログに記載されてる六君子湯などは効果的でしょうか?何かあったら教えて頂けないでしょうか?
4. Posted by 木室ミヱ子   2016年08月17日 13:09
胃腸症状だけで薬を決めてはいけません。
胃腸を攻撃する 肝臓 肝臓をママ子いじめする肺臓等が
関わってくるのです。
胃腸だけから来る症状でも六君子だけでは不十分な場合も有ります。

漢方薬を決定するにはしっかりした問診と
舌の状態をつかむ事が必要です。

そのため 漢方薬をご購入頂いた方に
問診 舌診をさせていただいております。

ご相談に乗るには問診が必要です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔