難病・奇病について

2017年02月03日

漢方薬30日分間質性肺炎でもカラオケで歌が歌えお酒が飲めます。

78才 女性 沖縄県

間質性肺炎になり
声が出なくなり 歌を歌えないために
カラオケに 行けませんでした。

漢方薬30日分のんで 声が出て 歌が歌える
カラオケに行きました。

もう病院薬は殆んど 飲まなくてもいいような状態です。

※木室ミヱ子
病院の先生に改善具合を報告して 
薬の服薬指導をして頂いて下さい。

先生(木室ミヱ子)
お酒のんでも宜しいでしょうか?

※木室ミヱ子
宜しいですよ※


たまにビール半年に1回位 
ビールにトマトジュースいれて飲む 
デルモンテがいいです。

その飲み方をすると
 二日酔いしないんです。
レッドジュースといい

レモンや塩を入れてのむそうです。
スタッフの今田さんはご存知でした。 

 
お酒が飲める 声が出て 歌が歌える
カラオケに行ける 
本当に嬉しい

先生(木室ミヱ子)のお陰です 
有難うございます。

この方は
 間質性肺炎 2013年マイコプラズ肺炎と診断されたのですが
その後の検査で 間質性肺炎だったそうです
 KLー6: 878

※木室ミヱ子
間質性肺炎になりますと
肺胞が充分に収縮運動が出来ないために
充分に酸素と二酸化炭素のガス交換ができない
そのために息苦しく 呼吸が浅く
お話を始めると咳嗽がでる
声がかすれて 小さい声しか出ない
となります。
そのため 歌が歌えなくなるのです。
本当に良かったです。

歌は腹式呼吸で 肺臓や丹田に空気を
送り込む事ができますので
非常にいい健康法です。


【現在の薬】
 ●アムロジピン錠5mg(降圧薬、Ca拮抗薬)
 ●ランソプラゾールOD錠15mg(胃酸分泌抑制薬)
 ●デノタスチュアブル配合錠(カルシウム)
 ●エチゾラム錠0.5mg(抗不安薬)
 ●ベルソムラ錠15mg(睡眠導入薬)
 ●柴胡桂枝湯
 ●リン酸コデイン散1%(鎮咳薬)
 ●モーラステープ(外用鎮痛薬)
 ●ルミガン点眼液(緑内障治療薬、眼圧を下げる)
 ●アイファガン点眼液(緑内障治療薬、眼圧を下げる)
 ●エイゾプト点眼液(緑内障治療薬、眼圧を下げる)
 ●グラナテック点眼液(緑内障治療薬、眼圧を下げる)



ohtani_kanpou at 19:00|この記事のURLComments(0)

2017年01月23日

アトピー性皮膚炎が漢方薬90日分服用改善写真です。(ステロイド使用) 

25歳 男性 福岡県
写真をブログに掲載する事を
皆様の為にと快くお役立て下さいと
承諾して 下さいまして
有難うございます。
心より 感謝申し上げます。
     木室ミヱ子
   
1月20日にお話ししてくださいました。

皮膚が乾燥して 
痒くて頻繁に掻いて 
夜も痒みで不眠でした。

今は痒みは少しありますが 
そんなにぼりぼり掻くことなくなりました。

ベットの上が 皮膚を掻くから白い皮が出て
ベットの上を掃除機かけていました。
それは 衛生的にはダメかも・・・

皮膚を掻くから赤いの悪循環でした。
  
今は 少しは 掻くけど
以前に 比較したら 全然いいです
中学生からつづいたアトピーです。
とても良くなりました。
ありがとうございます。
 食欲もあります。
この間 年末 夜9時迄の残業が続きましたが
元気です。

漢方薬服用前前に比較して
自分で鏡見て 赤み引いたなあと思います。

これから温泉やお風呂
海水浴どこでも行けます。
肌を人前に出せる。
去年の夏も 海に行きましたけど
海で テーシャツ来てました。
 肌に日焼けさせたら 
やけど状態になるから。
ステロイドは 今は使用していません。
此処の伝説の王妃石鹸と
マカデミアAモア化粧水を使用しています。
化粧水は肌が潤い いい感じです。

石鹸も風呂上りつるつるした感じです。
肌のケア商品いいのがそろっていますね。

お酒は週に3-4日飲んでいました 
缶ビール350mlを1-2本程です。

皮膚が乾燥して痒いが少なくなりました。
温まると痒いも少なくなりました。

痒みが楽になり  肩こり首こり
背中や肩甲骨の筋もしっかり 伸びます。
以前は皮膚が張って 肩も痛かった。
 今肩は痛くありません。
漢方薬服用前より疲れない 
12月決算の1週間残業
9時まで年末にかけて 
超多忙の中急激に肌が良くなりました。

漢方薬の味は美味しいし すぐに眠れます。
痒みで眠れないと言う事は無くなりました。

今 食べ物に対してもアレルギーが消えました。
以前は 生卵ダメで 
幼少時はじんましんが起きていました。
ハウスダストは高校時代血液検査ででました。

最近ハウスダストの検査はしていないからわかりません。
何でも心配なくたべれるのが嬉しいです。 


【2016年11月17日漢方薬服用前の舌表】

20161117舌表1

【2017年1月20日漢方薬服用中の舌表】

20170120舌表

【2016年11月17日漢方薬服用前の舌裏】

20161117舌裏

【2017年1月20日漢方薬服用中の舌裏】
20170120舌裏

【2016年11月17日漢方薬服用前のお腹】
20161117お腹

【2017年1月20日漢方薬服用中のお腹】
20170120お腹

【2016年11月17日漢方薬服用前の両腕】
20161117両腕

【2017年1月20日漢方薬服用中の両腕】
20170120両腕

【2016年11月17日漢方薬服用前の首すじ】
20161117胸

【2017年1月20日漢方薬服用中の首すじ】

20170120首筋

【2016年11月17日漢方薬服用前の裏首筋】

20161117裏首すじ

【2017年1月20日漢方薬服用中の裏首筋】
20170120裏首すじ

【2016年11月17日漢方薬服用前の背中】

20161117背中

【2017年1月20日漢方薬服用中の背中】

20170120背中

【問診時の症状】

 アトピー性皮膚炎   
顔、上半身 
10年前から発生
13才ごろからステロイド軟膏使用した。
高校卒業後ステロイドを19歳にで中止 
寝る時に痒みがひどい
 乾燥して肌が痒い 温まると痒い  
時たま 軟膏を塗る 

  
野菜を食べない( 嫌いではない 最近食べていない ) 

腰痛:筋が堅い伸びない(少しある) 

 鼻づまり(たまに 今はなし ) 

足がつる(1か月に0-2 回 )
肩こり(きつくない) 首こり(きつくない) 

 寝付くまで時間がかかる(  痒みで不眠  30分 )
 夜中に起きる(深夜2-3時 痒みで起きる 1〜2時間後)

不眠の原因(痒みで起きる 1〜2時間ご)  12時寝る 


【アレルギー情報】●生卵●ハウスダスト


【現在の服用薬】
●エルピナン錠
20(抗アレルギー薬)
●アタラックス錠
10mg(痒み止め)
●ビーソフテンローション
0.3%(保湿剤)

●アンテベートローション0.05%(ステロイド)
●スピラゾンローション
0.3%(にきび治療薬)
●キンダベート軟膏
0.05%(ステロイド)

●ヒルドイドクリーム0.3%(保湿剤)


【当局でのご購入歴】
2016年11月17日
*体質改善兼アトピー性皮膚炎 30日 19,440円
*もっとしっとりAモアセット 5,652円
*風邪ひきはじめ薬 冬用 3日 1,944円

2016年12月19日
*体質改善兼アトピー性皮膚炎 30日 19,440円


 
※木室ミヱ子の症状別改善レポートも合わせてご覧ください※






ohtani_kanpou at 11:58|この記事のURLComments(0)

2017年01月15日

漢方薬は誤った服用は死をも招きます。正しい服用では副作用は有りません。


間質性肺炎で死亡 小柴胡湯、大柴胡湯で ニュースが走りました。

防風通聖散を脂肪を燃やすで誤った服用をしますと
間質性肺炎になる可能性は非常に高い
だから
木室ミヱ子は
しつこく しつこく 警告します。

漢方薬は正しく使えば 副作用は有りません。

使い方を間違えれば 副作用は有ります。

先人の方々が書かれた漢方の書物を正しく理解して
正しく使いこなしているか?
ということです。
 
昭和60年頃 漢方専門薬局を開局したばかりの頃 
肝臓疾患の方は 
殆どの方が病院で大柴胡湯、小柴胡湯を処方され長期連用していました。
 
すでに、GTP、GOT、γーGTPは正常値、
肝臓に炎症は無く
体も冷えている  
逆に補中益気湯や四物湯や六味地黄で温めて 体力を回復させなければ
 抵抗力が落ち色々な合併症を患ってしまう。

その様な方でも小柴胡湯、大柴胡湯を連用されていました。
服用してはいけませんよ。

患者様に説明させて頂きますが、
理解して頂くのに随分と時間がかかったものです。
 病院の先生の言葉が重いですね 
なかなか 理解できない方も沢山おられました


大柴胡湯は 表裏の剤の風邪薬です。
 内容は
麻黄4兩(146G)、桂皮、甘草炙、
芍薬各2兩(73G)大黄、黄芩各3兩(109.5G)です

表裏の風邪薬です

麻黄と 桂皮が入っているのです。
是だけ見ても 風邪薬と分かるでしょう

麻黄は傷寒 
桂皮は傷風に使う 代表的な風邪薬です

大黄が入っているのです。
普通便や軟便や下痢の方は絶対に服用してはいけません。
大黄の便秘を治療する漢方薬ががはいっているのです。

それを 肝炎等に長期連用 服用させていたのです。
2〜3年

小柴胡湯は和解剤の風邪薬で 
内容は
柴胡8兩(292G)、半夏 半升(116.8G)、
人参、甘草、黄芩、生薑各3兩(109.5G) 大棗12枚です。


大柴胡湯、には黄芩 大黄 
小柴胡湯には黄芩;といって非常に冷やす剤

黄芩;は 特に肺臓の熱性を取り除きます。
肺臓の炎症疾患にはとても大きな役割をする、
なくてはならない単味です。

大黄は 脾臓、胃腸、肝臓にいりて尿、大便を出し吐血、鼻血等
一切の実熱、を出す非常に大きく熱性を取り除くものなのです。

当オータニ漢方薬局では 
大柴胡湯 小柴胡湯は 風邪薬として
 症状のごく軽い方は 3日分〜
こじらせて長引かせている風邪ですので 5日分をお渡ししています。

常備薬として家庭におきたいという方は
20日〜30日ご購入される方もおります。
東京や北海道沖縄 
すぐにはバイク便でお送りできない地域です。

上記の風邪薬は治まり次第ストップしなければなりません。

大柴胡湯、小柴胡湯は
風邪をひいてこじらせ
肝臓、胆のうまで風邪が入った症状です。 

吐き気、寒くなったり暑くなったり(寒、熱往来)脱力感、食欲不振、
不眠、イライラ、煩わしさ、胸や脇腹が張る、微熱等があり

便秘があるか 
下痢、軟便、普通便なのか 
どちらであるかによって 処方が決まるのです。

服用期間3〜5日で
肝臓まで入った風邪の症状は 
ほぼ改善致します。

従って服用する場合
風邪の表裏の剤
和解の剤として3〜;5日で止めるべきであるのに
何年間も服用させた結果。

食欲不振となり気力や抵抗力も低下し軟便や下痢、冷え性→
体力消耗→ 免疫力もなくし抗生物質も効かない体にしてしまったのです。

間質性肺炎は西洋医薬の鎮痛薬や風邪薬 抗生物質 抗ヒスタミンでも
長期常用する事で発生する事は実証されています。

大柴胡湯 小柴胡湯で間質性肺炎が発生したというのであれば
これは長期連用しすぎ 
 正しい 服用をせずに 服用方法を誤った事での結果です。

 私が懸念している事の1つに小柴胡湯 大柴胡湯より一層 比較にならない程
使い方を気をつけなければならない漢方薬がございます。

 大承気湯 桃核承気湯 防風通聖散これらの漢方薬をやせ薬として
よく宣伝し販売されているということです。

大承気湯 桃核承気湯は
攻裏の剤として

防風通聖散は表裏の剤として

風邪をこじらせた時 
服用する漢方薬で

大便がでれば服用を中止しなければなりません。

大便がでれば熱はとり除かれ風邪の症状は改善するからです。

これらの漢方薬を長期連用しますと
 便秘をとおりこして軟便、下痢、食欲減退、
胃腸も冷やしすぎ、胃痛、冷え性、目の下のクマ まぶたが重くて下がる、
シミ、クスミ、肌荒れ、脱力感、健忘症、鬱 持病発生、様々な症状を引き起こします。

乳糖デンプン添加で漢方薬の濃縮度が低い漢方薬は
飲んでもすぐには効果は期待できませんので
 副作用も服用後 すぐには分かりません。

 濃縮度が 低い為にすぐには副作用が発生せず 
恐いのは知らず知らずのうちに
上記のような症状となり 気付かない
やせ薬だからと思い飲み続けることです。

その様な場合 大部分の方が年齢のせいで体力が無くなったのでは
と考えておられます。

濃縮度の高い漢方薬でしたらすぐに結果がわかりますので間違えて
服用しました場合すぐに下痢となりますので
原因が解り中止できる利点がございます。

下記3点の成分です。

1、大承気湯の成分; 大黄(だいおう) 芒硝(ぼうしょう) 厚朴(こうぼく) 枳實(しじつ)
 
2、桃核承気湯成分; 桃仁(とうにん) 桂枝(けいし) 大黄(だいおう) 芒硝(ぼうしょう) 甘草(かんそう)

3、防風通聖散成分; 当帰(とうき) 芍薬(しゃくやく) 山梔子(さんしし) 
 川芎(せんきゅう) 連翹(れんぎょう) 荊芥(けいかい)
 防風(ぼうふう) 麻黄(まおう) 生薑(しょうきょう) 大黄(だいおう) 
白朮(びゃくじゅつ) 薄荷(はっか) 桔梗(ききょう) 黄芩(おうごん) 
甘草(かんそう) 滑石(こっせき) 石膏(せっこう)

商品の成分表示には
芒硝を 別名で記載しています
●硫酸ナトリウム+水塩
●乾燥硫酸ナトリウム  等々です。

内容成分から説明致しますとと
1の(大承気湯)と
2の(桃核承気湯)は下剤効果の有る
攻裏の剤の風邪薬です。

3、の(防風通聖散)も大便があり次第中止しなければならない
下剤効果の高い 表裏の剤の風邪薬です。

間違って服用した場合
小柴胡湯、大柴胡湯の比ではありません。

第2の間質性肺炎という事故が起きない事を祈るばかりです。


※木室ミヱ子
間質性肺炎は肺胞が硬く萎縮して空気を取り込めない
息ぐるしい 深呼吸をしようとすると咳嗽をする
筋肉が痛む 特に肩甲骨痛や背中痛です。

醫方集解  の著書に記載されています
肺が熱をもつと筋肉が委縮する  吐血する 咳嗽をすると!

間質性肺炎の方は肺に熱がある為 体幹部が熱い
熱は気を食べます。
気が不足しますと脱力感となります。

 熱は水分を取り除き 筋肉を乾燥させ 硬く 全身が硬く 委縮
全身の筋肉が痛んできます
身長も脳も縮みます。
記憶が消えるのもそのせいと考えております。
伸縮性の乏しい肺胞となり 呼吸が難しくなります。

大柴胡湯や小柴胡湯は素晴らしい処方です。

上記の漢方薬は風邪薬です。
長期に連用しますと必ず 胃腸障害が発生し
消化不良 消化吸収力低下 栄養を体内に十分に取り込めない

粘膜→ 皮膚 →筋肉の順に弱体化します。
肺に充分は栄養を与えられなければ 肺臓は疲れやストレスで火が上がりやすくなり
間質性肺炎が発症していると私(木室ミヱ子)は考えております

その証拠に間質性肺炎の方は
必ず胃腸障害があります ※



ohtani_kanpou at 07:00|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2017年01月10日

生理痛は古来より漢方書物に原因と治療法が記載されています

生理痛には色々な痛み方があり
それぞれに異なった原因や治療法があり
薬も大きく異なります。

しかし
全国からご来局される患者様を見ていますと
生理痛にピルを処方している
病院も多いのです。

子宮や卵巣になにも原因がないのに
生理痛や生理不順にピルを 処方されている事に
木室ミヱ子としては大きな矛盾を感じています。
ピルの副作用報告を見た時に
安易にピルの服用はすべきでないと思うのです。
  
經未來腹先疼
其經來多是紫黒塊
人以為寒極而然也
誰知是熱極而火不化乎。
肝属木。其中有火。
舒則通暢。
鬱則不揚。
經欲行而肝不應。
則氣抑過而疼生。
至經満不能内臓。
而鬱火又隨之怒洩。
其紫黒者。
水火兩戦之象也・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 生理の前に腹痛 生理がきたら多くは紫や黒の塊  
原因:熱の極によって火がスムースにならない。紫と黒は火と水が戦った後  
治療法 :肝臓の火を大きく出す

◆生理の後脇腹の辺り子宮が痛む
生理の2〜3日前に臍の下が痛む刀で刺す如し

※木室ミヱ子
私の孫が余りに生理痛が酷く
見るに堪えない 余りに痛そうで可哀想
と娘から相談が有り

彼女に尋ねました。
刀で刺す如しの痛みなの?

ウーン 刀で刺された事ないから分からない。

ごもっとも 納得

でも 転げまわるほど痛いんだ
酷い痛み取れる漢方薬を渡しました。
10日分程渡したのですが 2〜3日分の服用で完璧に
痛みが二度と起きなくなったそうです。


★生理の前に吐血する(生理1〜2日前に突然腹痛して吐血する)


関連ブログ
2017年1月8日
「ピルによる死亡例 頭蓋内静脈洞血栓症、肺塞栓症、脳塞栓症・下肢深部静脈血栓症」
 
2017年1月9日
「生理不順は古来より漢方書物に原因と治療法が記載されています」


 ※木室ミヱ子の症状別改善別レポートも合わせてご覧ください※

ohtani_kanpou at 07:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年01月09日

生理不順は古来より漢方書物に原因と治療法が記載されています

生理不順には色々症状があり
それぞれに異なった原因や治療法があり
薬も大きく異なります。

しかし
全国からご来局される患者様を見ていますと
生理不順は全てピルを処方しています。

木室ミヱ子としては大きな矛盾を感じています。


例として
婦人有紗先期經來者。
其經甚多人以血之偏熱也。
誰知是腎中水火交旺乎。火太旺則血多。
・・・・・・・
・・・・・・・
 生理が早くきて 生理の量が多い

原因 腎臓の中の水と火の交わりが旺盛であるため 血が熱っしてくる。
火が旺盛だと血が熱っする。
水が旺盛だと血が多くなる  


関連ブログ
2017年1月
ピルによる死亡例 頭蓋内静脈洞血栓症、肺塞栓症、脳塞栓症・下肢深部静脈血栓症

治療法:熱を少し清める

          例として挙げました。


◆生理が早く来て 生理の量が少ない 1点 2点程


●生理が遅れる。(生理の量が少ない)

ぁ生理が遅れる。(生理の量が多い)


ァ生理が前後して定まらない


Α生理が来たり止まったり寒と熱が往来


А 生理が来た後再び来る(生理の量が多い)


─生理が数カ月に1回

●生理の前に腹痛
  
●生理の後わき腹の子宮のあたりが痛む

●生理の2〜3日前に臍の下が痛む  刀で刺す如し
 或いは寒と熱交作し生理で下ってくるものは生理の色は黒豆汁  


●生理の前に吐血する(生理1〜2日前に突然腹痛して吐血する


●生理の1日前に血便する   


●生理の前に水が1〜2滴洩れる



●高齢となり閉経した後再び生理が来る 
或いは紫や黒の塊が下る  
或いは紅く血淋の如し  


亜閉経期ではないのに 生理が来ない

院閉経したのに再び生理が始まった

押閉経の年齢ではないのに生理が来ない  


以上 傅青主男女科の漢方の書物には
原因や治療法が
詳しく記載されています。

 木室ミヱ子の漢方処方は上記の本を参考に
生理不順の症状
原因  
治療法を掴み 漢方薬を処方致しております。


関連ブログ
2017年1月8日
「ピルによる死亡例 頭蓋内静脈洞血栓症、肺塞栓症、脳塞栓症・下肢深部静脈血栓症」
 
2017年1月10日
 「生理痛は古来より漢方書物に原因と治療法が記載されています」


※木室ミヱ子の症状別改善別レポートも合わせてご覧ください※




ohtani_kanpou at 07:00|この記事のURLComments(0)

2017年01月07日

尋常性白斑が漢方薬で消えたり 薄く目立たなくなった白斑写真です。

お母様が白斑写真をブログに掲載する事を
大変 快く 承知して下さいました。
大変 感謝です。
有難うございます。

男児 7才 福岡県
尋常性白斑改善漢方薬90日分服用結果です。
合計金額 4万3千650円

2016年8月に気づき 皮膚科に行きました。

 「残念ながら白斑ですね」と医師に言われ 
クリームを 塗っても治らない。 
一生つきあわなければならない 
こころは がーん 
どうしよう 
ネットで漢方 と検索したら 
 東京では 毎月 4万円 
期間も予想ができない 
その金額は出せない 

大変 悩みました。
そんな肌になったら 結婚できない 
先が長い悩みました 。

どうしよう 
福岡 1万4千550円 これなら払える 

皮膚の移植まで考えましたが 
再発可能性も有りると言う事移植はしない
主人に相談したら
もう一か所 セカンドオピニオンでと言われましたが
無駄に皮膚科に通うより 
漢方で 治した方がいいと思い
 皮膚科は一か所しか行っていません。

オータニ漢方薬局さんとの
出会いに感謝です。 

漢方薬服用前に 比較して
よく食べるし アイスクリームも異常に多く食べる事もなくなり
 集中力も 暗記力もいい 
よく話すし 明るい 
外で遊ぶようになりました。 

好き嫌いなくなり 野菜が大好きになりました。
 性格が癇癪を起こさない
言えば納得 話せばわかる子になりました。
頭痛や 腰痛も無くなり
1日歩くと 膝が痛んで 足を痛がる事が無くなりました。
漢方薬服用前は寝付くまでに 1時間かかっていましたが
今は早くて5-10分
 遅くても20分〜 30 分で眠れるようになりました。
好き嫌いなくなりなんでも食べれる様になり 
量も沢山食べれます。 
良く食べる様になってからは外でよく遊ぶ様にもなりました。


【漢方薬服用前 問診時の症状 2016年8月18日】
症状(主訴)】
●2016年6月から右手の薬指2ケ所白斑が発生 広がっている
●2016年7月に皮膚科で白斑の可能性。
●緊張すると吃音になる。
●痰がたまに出る
●身長の伸びが遅い
●油物、肉類を食べたくない 
●食べ物に興味が無い 
●癇癪もち 
●野菜を食べない  
●冷たい物は食べる 
●温かい物は食べない 
●甘い味を異常に好む(アイスクリーム大好き) 
●食べる時間が長い(30〜40分)
●尿が漏れる 
●腰痛筋が硬い伸びない
●鼻血が出やすい 
●頭痛(暑い部屋にいる時に痛む)
●膝が痛む(1日歩くと足を痛がる) 
●寝付くまで時間がかかる(60分)

【医療機関の受診】有・皮膚科(月1回)

【病院薬】
ロコイド軟膏0.1%(ステロイド)

【アレルギー情報】無。

【漢方薬服用歴】
2016年8月18日 30日分 1万4千550円

2016年9月20日 30日分  1万4千550円

2016年10月21日 30日分  1万4千550円

  以上 漢方薬90日分の服用結果です。

※木室ミヱ子
小さなお子さんは細胞分裂が大人より 
著しく早い為
 10代のお子さんは完全に消えていますし
改善する期間が短いのを何時も実感します。

【2016年8月18日初来局時手の白斑】
20160818手の白斑

【2016年9月20日漢方薬服用28日後手の白斑】
20160920手の白斑

【2016年10月21日漢方薬服用64日後手の白斑】 
20161021手の白斑

【2017年1月6日漢方薬服用141日後手の白斑】 
 20170106手の白斑

【2017年1月6日漢方薬服用141日後手の白斑その◆
20170106手の白斑5

【2017年1月6日漢方薬服用141日後手の白斑その】
20170106手の白斑2
 
【2017年1月6日漢方薬服用141日後手の白斑そのぁ
20170106手の白斑4

 ※木室ミヱ子
尋常性白斑がありますと肌が全身 異常に乾燥しています。
特に白斑部分は 悪化している人程白斑部分が真っ白く
白斑の周囲の色は茶や黒や黄色の色でくすんでいます。
しかし
食欲も旺盛になり 肌に充分な栄養が供給できますと
粘膜や皮膚が潤い
潤った部分は黒くくすんだ部分がクスミが取れて
色が白くなり
白斑部分の真っ白部分は白色から→ピンク→肌色という風に
色がついて行き
境目がぼやけて 分からなくなるのです。※

※木室ミヱ子の症状別改善別レポートも合わせてご覧ください※

ohtani_kanpou at 15:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年12月16日

リュウマチが漢方薬で回らない手が背中に回るようになりました。

10月31日にお話しして 下さいました。
長野県 57才 女性

「リュウマチと診断されて 
病院では リュウマチ治療を長年受けていましたが
漢方薬を服用して体が楽になり 
体の硬さがだいぶ楽になってきました」

「忙しい仕事が 難なくできています。」
 
「漢方薬のんで 以前と 全然 違うんですよ」
「飲んで2日目で 今迄 回らなかった手が
背中に回る様になって」
「もうね びっくりです」

「胃腸が元気になって お腹がすいて困るんですよ」
「でもね 体重が 肉食べたい 牛乳飲みたい 
もう 以前と 好みがすっかり変っちゃって
「牛肉食べたいし レバー食べたいし」

今迄 牛乳を飲みたいなんて事はない
シリアルを食べるから牛乳をかけてるだけで
牛乳だけを飲みたいなんてことは 今迄なかった事

牛乳飲みたくて ごくごく飲んだり 
20日位飲んだら 髪の毛がすべすべになって来て 
髪の毛を 洗う時に ほぐす と 
もう その時点で 髪の毛がすべすべしているんですよ

もう 全然 違うんですよ 
もう 娘がびっくりしちゃって 
早く オータニの伝説の王妃シャンプーを
早く 注文して買ってちょうだいと言うくらい

目の前で 私が変わっていくから
シャンプーと伝説の王妃石鹸の泡切れが ものすごくいいのと
私の肌が どんどん目の前で変わって行くから
私の娘は 若白髪が有って とっても気にしているんですよ

白髪にも いいかも知れないと言って 
シャンプーを 早く買ってくれと言って
 今回シャンーを買って
歯磨き(デンタルペースト プロポリス歯磨き)を買って
 
私の為に マカデミア化粧水Aを買ったんですけど 
びっくりしちゃって
私が2週間に1度 
整体の先生の処に言ってんだけど 
整体の先生がびっくりしちゃって 
顔の色が変わって来てると言って 

最初 うつ伏せになって手を
ベットの処に ペターとつけるんだけど
 
なんか 手の色が違いますよね 
どうしたんですか?という話になって

今度 土曜日にいったら 顔色も変わって来た

毎日 会っているひとよりも たまにしか会わないから
分かるみたいで
 黄色の肌色が取れて来て 
顔も 表情が柔らかいし 
体も 筋肉が柔らかくなっている

其れと 胸の 上の胸筋と言うんですか?
胸筋がふわふわになって来て
 肉がついてきて
私は 昔から凄い ペチャパイなんですよ。
それが 今迄 全然付いた事の無い
 胸の上の筋肉が 鳩胸みたいになってきている 
鳩になっている

もう びっくりして
「娘達はみんな鳩胸なの」
だけど 私だけ 凄いペチャパイで
そんな 鳩胸なんて夢の夢で

「肉が もこもこ 鳩胸の処に肉がつくから胸が張るんですよ 自然と」
「 娘が母さん胸大きくなってきてるよ」
「 57才ですよ。胸が大きくなってきた」
「とっても嬉しいんですけど」
「びっくりして ウソみたい」

※木室ミヱ子
「そんな 胸の大きくなり方が有る凄いですね
初めてです そんな 結果」※

「いかに 今迄 
胸に行く栄養が 回ってなかったというか
 きっと 
内臓が凄い変わってきているんだろうなと思って」

「もう 先生(木室ミヱ子)のお陰で 
楽しい 毎日 楽しい 」
「楽しすぎて 心臓が痛い」

「毎日 心臓が 夜になるとドクドク痛いんです」

※木室ミヱ子
「以前は もっと 心臓はドクドクして痛かった筈よ
最近 血や気ができて 知覚神経が正常になり
痛みや 動悸を 感じられるようになっただけの事ですよ」※

「そうかもしれない」
「だって 他の症状は もうなんでもない」
「胃腸が 元気になり 食べ過ぎて口角が切れたりね」
「口回りに吹き出物ができちゃうんだけど」

「でも お腹が空くから 牛乳がぶがぶ飲んで」
「今 息苦しさは 大分楽です」
「深く 吸ってる 吐いている感じがして
「動悸は 無いです 」
「ただ 心臓が 痛いというかきついというのは有ります。」
「以前から その症状はきつい痛みで有りました
心臓の痛みは軽いです」

※木室ミヱ子
貴方は以前から心臓が痛い 
きついというのは有ったのよ 
全身の筋肉が痛むというものを
持っていたのよ」※

「そうです そうです 全部痛い」
「痛み方は 柔らかい です」
「筋肉も全身 手も顔も足ももう 足首も足の裏も全身 股関節も柔らかいです。

※木室ミヱ子
「そうですよ」※

「胃が凄く悪かったから 
漢方薬を 服用して3日目位で整体に行ったんですけど 
胃の(はんちゃく)が (はんしゃ)がよくなっているといわれて 

だから 
これは もう食べても大丈夫だと思って 
スッゴイたべたら
次の時に 食べ過ぎですねと言われて

呼吸は 未だ浅いですが 
深呼吸をしたい程ではありません」

「本当に 楽しいし 嬉しいです」
「もう 先生(木室ミヱ子)のお陰ですよ」
「有難うございます」

「髪はまだ 抜けているので 
と昨日から送って頂いた 伝説の王妃シャンプーにして
 もう 
じわじわとっても洗って気持ちが良かったです。」

「最初 洗ったら いい物が頭皮に浸透していくみたいな感じ」
「3日前に美容院に行ったんですけど
 髪の毛が全然違うよ 
髪の毛に まとまりが出来ているよ」と言われました。

「いつも ものすごく 髪を空くの 髪の毛が変な所に飛んでいるから
 其れが 
全然 空かなくて好いよと言われて
 スッゴイまとまっているよと言われて 全部 よくなっている」

「声のかすれもだいぶ 取れました」
「悲しい感情も 余り悲しくなくなりました」
「悲しくなっても まー いいっかーて
思うようになったので 悲しさが続かないです」
「こんなに 元気になったんだから まー
いいやって思える」

「耳鳴りは 漢方薬服用後 1回しか起きなかったです」
「今迄は 週に1〜2回ありました」
「1カ月に1回しかないです」
「耳鳴りも音が小さくなりました」
「キーンがボワッと消えます」

「気持ちもイライラ カリカリしません」
「どうでも いいです」
「耳は 元々難聴だったので 
まだ 
人の お話しが 勘違いして聞こえたりというのは有りますけど
以前より いい感じです」

「遠くの音が聞こえる様になって来たので」
「耳がつまっている感じは 
今は もう無いです」

「目は 横から太く伸びてた 赤い血管が細くなってきました」
「アザは今の処 できてないですね」
「当たっても 以前みたいにならないですね」
「漢方薬凄いです」

「足元 が寝るときに冷たかったのが 
今 足元に1枚 2枚 余分にかければ全然寒くないです」
「今迄は 靴下履いたり レッグウオーマー巻いたりして寝てました 」

「秋になると 
足が 冷えるので 何かしら巻いていたんですけど 
足が冷えて 起きると言う事がないですね」
「足がとっても楽になりました」
「歩くときにとても楽です」
「足が重くないから」

「肩こり首こりは 寒くなってきたら首と肩が硬い感じがします」
「長野県は寒い 首と肩がきついです」

「でも 以前より 凝りは全然ほぐれています」
「足は一回だけ 右足が軽く釣った感じが有りましたが10分くらいで収まりました」

以前は2時間くらい ずーと気持ち悪くて足を持ち上げて いました
「先生の漢方薬凄いです」
「 こんなに凄いのは無いです」

「体のだるさだいぶ取れました」
「テレビ見える様になりましたから」
「見てても 寝ちゃう状態でした」
「今は お掃除もしたくなる」
「片付けもしたくなるし
 それって きっと
漢方薬のお陰だなと思います」
「部屋を綺麗にしたくなる」
「諸んな汚れが目についてくる」

「今迄は疲れているから 下向いて 早く寝ちゃおうって思っていたのが」
「今 諸んな事に気が付きます」
「やる気にもならなかった」

「以前の 具合悪い時と比べると 全然違います」
「すぐに 横になりたいというのも無くなりました」
「早く起きて片付けして やる事してから会社行こうって」

「いぼ痔ね びっくりなんです」
「先生が送ってくれたでしょう」
「先月の時 いぼ痔の漢方薬が入っていて」
「もう ウソみたいね 漢方薬飲みだしたら
違うところからいぼ痔が出て来たの」
「反対側がビリビリビリと痛くなったの 今迄痛くなかったのに」
「痛い と思って 」
「娘がまるで 
先生 見えているみたいねと言っていたんです」

「でも 頂いた 急性疾患の痔のお薬は飲んで居ないんです」
「飲まずに治りました」
「だって 飲むのはもったいない 」
「もっと酷くなってからのもうと思って」

「でも 体質改善の漢方薬だけで 痔は痛くなくなりました」
「治りました」

「全ての症状が治ってきているのが 凄くわかります」
「咳嗽も 漢方薬飲んで 2日で止まりました」
「もう 咳嗽なんか全然出てこなくなりました」
「不思議です」
「後は 鼻の入口の処だけがいつも乾燥してカぴかぴになって来るんです」
「目が疲れなくなりました」
「凄い」


※木室ミヱ子

彼女は病院でリュウマチと診断され 
長年治療してこられています。

しかし 東洋医学の立場で問診しますと
リュウマチとは考えられない。
リュウマチ体質と全く 間瘧(まぎゃく)

そのため 今回 リュウマチを改善するような
漢方薬は一切使用していません。

リュウマチを治療する漢方薬は
腎臓を潤わせて 水を与えて骨を強化させる
風の邪や 寒の邪や 湿の邪を取り除く漢方薬です。

しかし
彼女は乾燥して 筋が 干からびてる状態  
萎縮して 縮む 骨を締め付ける
だから 猫背にもなる 肩も曲がる
骨は強い 骨の障害は有りませんでした。

筋肉が萎縮して縮んで 関節を締め付けるために痛む
全身が凝ったり 肩凝り 首コリ 関節が痛んだりしています。

腎臓を潤わせる漢方薬は
胃腸の弱い彼女が服用しますと 忽ちに下痢したり
もたれたり 胃が痛んだり
 食欲不振に陥る
風の邪や 寒の邪や 湿の邪を取り除く漢方薬は彼女の
干からびて乾燥している 筋肉を逆に干からびさせる。

リュウマチを改善する漢方薬は一切使用していません。

最近 リュウマチとは思えないのに
リュウマチと診断され病院で治療されているが
一行に改善されないと言う方が 

何故か 非常に多い
此処1年ほどの兆候です。 

 

【2016年9月26日 問診時の症状】 
40才から 生理が止まり 42才から更年期始まり  

●生物製剤使用 これを仕様しないと 
身体が硬く びくとも首も動かない 
目玉しか動かない 起き上がる事も出来ない。

●咳をしやすい  35.6-35.8分のせい 薬のせい 
●ひと月 4万円 保険が効いて 身体障害者の認定
●脈が遅い( 60回)  
●火照りで不眠有りました。  
●消化吸収力低下
●甘い味を異常に好む
●胃痛(痛み方 しめつける )
●吐き気(たまに食べ過ぎの時
●朝食べれない 夜馬鹿みたいに食べる ) 
●口内炎になりやすい
●口角炎になり易やすい(たまにある )
●人と話したくない(時々ある)
●憂鬱
●マイナス思考
●残尿感(1年に1」回今は無し) 
●頻尿(よるになると 3回多いとき 排尿痛なし)
●顔色が黄色 
●手の上がらない  
●息苦しい(整体に行くと楽になる )
●呼吸が浅い(深呼吸したい )
●髪が抜ける
●顔に深いしわが寄る(口回り )
●鼻が乾燥する 
●声がかすれて声が出なくなる
●悲しい 
● 大便初め硬い後柔らかい
●排便力が弱い
●いつもお腹が苦しい 
●膨満感 
●大便1日1回あるが膨満感 
● 白目が赤く充血(角膜化出血する )
●目がかすむ(小さい文字)
●眼底出血(左目 右目 ) 
●飛蚊症
● 眼底亀裂できれいなオーロラみたいな断裂 眼底は一回裂けて治っている 
●難聴(昔 大きな音のする職場 )
●耳鳴りする(1カ月に1回)
●耳がつまる  
● 皮下出血しやすい
●アザができやすい
●乾燥肌 
●冷えやすい(手足  足が特に冷たい ムズムズ寝るとき  )  
● 夕方浮腫んでパンパンに痛む
 ●足がつる(右足がいつもツル)
●肩こりがきつい
●首こりがきつい(頸椎4ミリ連れている ) 
●腱鞘炎の様に手首が腫れ上がり痛み 力が入らない 
●食物アレルギー(だいず)
 ●血圧が低い(上 100   下 70-60 )  
●体がだるい 重い すぐ横になりたい 疲れやすい 回復しにくい
● 12時に眠たくならない 
●夕飯あとにすぐに寐る 8-10時まで寐る 
●目を開けて居られない 
●昼間眠くない 
●イボ痔(今あり 出てない
●排便時にでて引っ込む )  中学生から 

薬の服用歴(【現在の薬】
●エンブレル(リウマチ治療で使う遺伝子組み換え製剤) 
●ツムラ18桂枝加朮附湯
●ツムラ97大防風湯 2つとも飲みたくない胃痛になる服用していない

【健康食品・サプリ】●ユウカリ茶●クエン酸●ビオチン●ビタミンB・Q10

(医療機関の受診】●リウマチ科  

 【アレルギー情報】 ●食物(大豆)

【2016年9月20日漢方薬服用前の舌表】
20160920舌表1

【2016年12月4日漢方薬服用中の舌表】
20161204舌表


【2016年9月20日漢方薬服用前の舌裏】
20160920舌裏

【2016年12月4日漢方薬服用中の舌裏】
20161204舌裏

【当局でのご購入歴】
2016年9月26日
*体質改善 30日分 19,440円
*風邪ひきはじめ薬 秋用 10日分 6,480円
*オータニ仙人丸 6+1セット 77,760円
2016年10月27日
*伝説の王妃シャンプー(植物成分入り)100ml 2本セット 5,142円
*潤い化粧水B(ホホバオイル)150ml 1本 3,240円
*aiデンタルペースト 100g 2本 3,888円
2016年10月31日
*体質改善 30日分 19,440円
2016年12月8日
*体質改善 30日分 19,440円
*伝説の王妃石鹸(植物成分入り)80g 2個セット 5,554円

※木室ミヱ子の症状別改善別レポートも合わせてご覧ください※
 
 


ohtani_kanpou at 15:25|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年12月14日

 間質性肺炎  KL-6が1871が1100に落ちました。

男性のお客様です。
 
 間質性肺炎   男性 68才
KL−6が先月中旬ごろの検査で600程落ちました。
1100です。凄いですね
だから 呼吸が苦しくないというのはそこから来ていると思うですがね
以前はKL−6が1871でした。 
※木室ミヱ子
「病院の先生はなんと言っていますか?」

「まあ 良くなってはいないねー」と仰ったんですけども」
「レントゲン写真やMR写真をみてそう仰ったんですかね」
「MRIでみて 針みたいなのが一杯有って 肺臓の中にそれが前回と変わっていない
針みたいに傷が いっぱい肺臓についているんですね
「今回は肺活量の検査はしませんでした」
「この夏の猛暑に何事も無く過ごせたと言う事は随分は間質性肺炎はよくなっていると自分では思うんですね」
「買い物にも歩いて行くんですけど 100mほど
軽く走ってみたんですよ」
「全然 息切れしないんですね」
「走った後も」
「普通でしたら息切れすると思うんですけど」
「先生とこにお邪魔した時は歩くだけでだいぶきつかったんです」
「初めの頃は」
「それが走れたから これはひょっとしたら間質性肺炎は良くなっているなと思って」
「もっと 根性いれて頑張れば 来年はもっといい
検査結果が出るかなと思っているんです」
※木室ミヱ子
その割には真夏の熱い間 漢方薬服用されていないですよ
5月から 今日まで 薬切れていますよ
「凄い 体良くなっていますね」※
有難うございます
「呼吸の浅いは無くなりました
 殆んど苦になりません」
「今は咳だけですね」
「せき込むと言っても こうしてお話しをしていると 咳が出てきたりですね」
「普段 ジーとしている分には咳は出ないです」
「筋肉の痛みは咳嗽で肩甲骨が痛みます」
「問題はこの咳が何とかなれば いいですが」
「体の火照りとか 殆んど他の症状は異常はないですね」
「もう 夜もぐっすり眠れます」
「こういう数値が出たんで 今度はお酒もしっかり止めて やり直そうと思います」
「嬉しくなって 病気を治そうというやる気が起きてきました」
「肩こりも首コリも有る様な無いような感じるほどではないです」
「気にならないです」
「関節が痛むとか筋がつるとかは殆んどないです」
「今の処 咳だけです」
「胃腸の症状もいいです」
「食欲不振も  もうないです」
「動悸も無いです」
「心臓は咳嗽によるものなのか 胸の処が時たま痛む時が有ります」
「心臓の痛みではなく 胸の筋肉の痛みと思っています」


【2015年10月24日検査結果】

※画像をクリックされますと、拡大され見やすくなります※
20151024検査結果
【2016月11月12日検査結果】
20161112検査結果

【2015年10月29日初来局の舌表】
20151029舌表
 
【2016年5月11日漢方薬服用中の舌表】
20160511舌表

【2015年10月29日初来局の舌裏】 
20151029舌裏

【2016年5月11日漢方薬服用中の舌裏】
20160511舌裏

※お客様は今も漢方薬服用継続中ですが、
 舌表・裏のお写真は郵送の為毎回難しいとの事、
 古い分しかございませんご了承くださいませ※

【当局でのご購入歴】
2015年10月29日
*体質改善兼間質性肺炎薬 30日 19,440円
2015年11月27日
*体質改善兼間質性肺炎薬 30日 19,440円
*ガン腫瘍改善薬 7日 4,536円
*風邪ひきはじめ薬 冬用 10日 6,480
2015年12月17日
*胃腸薬 7日 4,536
2015年12月25日
*体質改善兼間質性肺炎薬 30日 19,440円
2016年1月25日
*体質改善兼間質性肺炎薬 30日 19,440円
2016年3月3日
*体質改善兼間質性肺炎薬 30日 19,440円
2016年4月7日
*体質改善兼間質性肺炎薬 30日 19,440円
2016年5月13日
*体質改善兼間質性肺炎薬 30日 19,440円
2016年8月5日
*体質改善兼間質性肺炎薬 30日 19,440円
*火照り改善薬 7日 4,536円
2016年9月9日
*体質改善兼間質性肺炎薬 30日 19,440円
*風邪ひきはじめ薬 秋用 3日 1,944
2016年10月24日
*体質改善兼間質性肺炎薬 30日 19,440円
2016年12月6日
*体質改善兼間質性肺炎薬 30日 19,440円

※木室ミヱ子の症状別改善レポートも合わせてご覧ください※
 

ohtani_kanpou at 14:35|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年12月12日

東洋医学の現場からパニック症状 鬱症状は決して 脳の異常でな無いと考えます。


※木室ミヱ子
パニック症状は決して
脳の異常によるものではありません。
鬱症状も同じ 
脳の異常によるものではありません。

抗鬱薬を投与する事に
疑問を覚えます。


脳の異常と言う考えは 
その方の人権を非常に傷つけています。

パニック症状は決して
脳の異常によるものではありません。
鬱症状も同じ

脳の異常という考え方は
その方の人権を非常に傷つけています。

何故 断言できるのでしょうか?
 
此れまでの漢方薬の現場での
数多くの経験から言える事です。

27才まで 西洋医学
に従事しました。

しかし
西洋医学は どこまで行っても
対症療法でしかない。
壁に突き当りでした。

病は 
臓器の機能低下から発生するもの
臓器を元気にする物が欲しい
臓器が病気を治してくれる

行きついた物が漢方薬でした。
漢方薬を勉強しました。

しかし 理解できない。
肯定したり否定したり。

台湾の先生に指導して頂き
謎が解けました。
教えている先生が 
漢方薬を理解していない
分かっていないために
あやふやな中途半端な言い方 教え方
だから 生徒は理解できない。
例えば
黄色の色を 白と言ったり 赤と言ったリ 
黄色と赤と言った見たり
みたいな ちんぷんかんぷん
肯定したり 否定したり

台湾人の漢方薬の先生に出会えた事が
大きく私の運命を開きました。
北京語の古文体を直訳しての勉強法でした。
日本の書物は一切使用していません。

台湾人の先生は 
日本の書物は 
翻訳 間違いしていると言われていました。
過去形になるのは  
16年前に70才で
亡くなられたからです。

日本の書物は 
一つ一つの処方の説明が不十分なのです。
北京語の古文体を直訳する事でストレートに
脳にはいる 分かりやすいのです。

先生には大変 感謝しています。

28歳から61才迄漢方薬に
関わってきました。

此れまで社会復帰された
患者様たち 皆さま 
漢方薬で病んだ臓器を改善する事で
全て 社会復帰されているからです。

東洋医学には
臓器の機能低下により 
支配する感情がございます。

●肝臓を傷つけると→異常に怒る 煩わしい。
●心臓を傷つけると→へらへら笑う(悲しい事があっても笑う)
●胃腸・脾臓を傷つけると→憂鬱 マイナス思考 人と話したくない
       一人部屋にこもりたい 人が笑っていても笑えない
●肺臓を傷つけると→異常に悲しむ
●腎臓を傷つけると→異常に恐れる

逆もまた言えます。
●異常に怒り過ぎると→肝臓を傷つける
●異常に笑い過ぎると→心臓を傷つける
●異常に憂鬱考えすぎると→胃腸・脾臓を傷つける
●異常に恐れすぎると→腎臓を傷つける。

※本草綱目の北京語の古文体の翻訳本を
近いうちに出版致します。

現在
本草綱目の書物を
北京語の古文体の直訳本を

韓国の医学博士 李 豊遠博士
韓国の農学博士 全 炳台博士
と私 木室ミヱ子で著作中です。
 日本語版の 書物を近いうちに
出版 致します。

非常に内容が面白く 
毎回
食事をとるのを忘れてしまうほど
面白い本です。
成分を非常に覚えやすい
現在風に 
効果のある病名を書き込みしています。

漢方薬の原本は病の原因を
風の邪 湿の邪 寒の邪の原因と
書き込んでいますが
現在風の病名が記載されていません。


漢方薬を勉強したい方
  ご購入予約承ります。

未だ 本が完成していないため
価格もページ数も確定していません。
執筆中です。
1冊 1000円程で予定しています。
がまだ 確定していません。


ohtani_kanpou at 07:00|この記事のURLComments(0)

2016年12月11日

パニック症状 デパス マイスリー お酒 漢方薬で克服 感謝のお手紙です。

お客様より 
大変 感謝のお手紙を頂きました。
何故か 彼女の お手紙は読ませていただきながら
胸が詰まる 涙が込み上げてくる
スタッフ一同 何故か 涙が出てくるのです。
お酒と お薬 デパスとマイスリーを飲んで
命が無事だった事 安堵しています。

抗鬱薬と睡眠入導剤 お酒では 血中濃度が一機に上がり
自殺行為とされています。
皆さまは 絶対なさらないで下さい。

そういう危険性を知りながらも
お酒と 薬を飲まなければ 動けない 辛い毎日だった。
10年間 

木室ミヱ子に 私に辿り着いてくれた事 
大変  大変 うれしいです。

お任せ下さい。
幸せと言える人生を取り戻す事ができます。

此れからの 改善具合を
スタッフ一同 
大変 楽しみにしています。


木室先生へ
タテ書きが苦手で 横書きですみません

先生 先日はお忙しい中 お電話ありがとうございます。
胃の変化にびっくりして スタッフの方と
最初 お話しして 納得していた所 
先生より 直接ご連絡を頂き有難いことです。

まず 1週間でどれだけ変わったかを 
これをのせて戴きたく 最初に書きます。

飲用前は 不安感 だるさ 胸のつかえ
動悸があり 1日デパス2mgを3回

マイスリー20咾鯡訝罎覆鼻”毀音に飲んで
いました。
それプラス 午前中はだるさで 家事ができず
酎ハイを350缶を3〜4本飲むと 
少し 気分が ラクになるので 
飲んで 家事、用事たし、飲んでいるので
もちろん 終わったら グッタリですよ。
薬とアルコールに頼っていました。

パニック障害が 34才の時におこり 
体調が悪くなってから
アルコールにたよるようになりました。 

パニック障害→ 自律神経失調 アルコール依存があったと思います。
アルコールがここまでとは
先生には 最初言えませんでした。(多少 言ったかもしれませんが)
飲用 2日目に胃が軽くなるのを感じ あら?と思いました。

3〜4日目に 水分をとりたくない。
食事をガバガバとらなくなる。
(食べ過ぎるとすぐもたれる) 
お酒は この1週間で2日前にジョッキー1杯をチョビチョビやる程度に。
お酒や冷たいお茶をガブガブ、買い物中にも のどがかわき 
ジュース2本を一気のみしていたのに 水分をとりたくない。

まず  胃の変化やのどのかわきがピタッとおさまりました。
そして デパスも 気付けば 手をださなくなりました。
自然に減ったのです。(6mg→2mg)
イライラなし 人との会話も 酒なしでできる。

先生はそういう変化になるのをわかっていらっしゃったみたいで、
あれが 続いていたら 完全に 
アルコール デパスに頼り おそろしいことになっていたに違いありません。

今はデパス2mgを朝1回、
マイスリーは
まだ やめていませんが
先生とお話しして  
これもいずれ なくなるという気がしています。

1か月後 顔の写真をとり ビフォー → アフターで
インターネットでのせて頂いても大丈夫です。

先の病状が少し おさまれば、と思っていたら
すごい 変かにおどろき 
先生に本当にお礼の 気持ちでいっぱいです。

先生は、私の病は 胃腸からきているとおっしゃっていました。
とにかく 食べていました。
体調が悪いわりには 食べたくて仕方ないのです。
焼き鳥屋に夫と行けば、 ジョッキー大3杯  焼き鳥10本以上 
当たり前でした。
そこから また 帰ったら ラーメンなど。

そんな生活で 体重はこの10年で42國58圈

運動、 仕事ももちろん続きませんでした。

人間関係も いつもネガティブ 
マイナス考えだったため うまくゆかず 
夫にも イライラしていたのです。

親とも うまくゆかず 修復がきかないのですが
無理に 修復しようと思っていません。

いつかは 元気になったら より合うのかもしれませんが、
今は ずっと 私がどんな状態でも 
そばにいてくれた夫と 
うまくやっていければよいと思っています。
アルコールがないと 
そんな 
考えにもなれるのかと 今 おどろいています。

先生ともう少し早く出会っていれば と思う気持ちでいっぱいです。

元気になったら 人助けできる仕事につきたいと考えています。
少しでも 私の体験が役にたてば。

先生 スタッフさん 今後もよろしくお願いいたします。

オータニ薬局(オータニ漢方薬局)さんが 
もっと 広まり みんなが元気になってほしいです。

まだ 完全ではなく まとまりのない文ですみません。
また お手紙 書きます。



【12月9日に当局に届いたお手紙の内容です】
ワンクリックしますと お手紙が拡大して
読む事ができます。 

20161209手紙1
トリミング後2
トリミング後3



※木室ミヱ子
パニック症状は決して
脳の異常によるものではありません。
鬱症状も同じ 
脳の異常によるものではありません。

抗鬱薬を投与する事に
疑問を覚えます。


脳の異常と言う考えは 
その方の人権を非常に傷つけています。

パニック症状は決して
脳の異常によるものではありません。
鬱症状も同じ

脳の異常という考え方は
その方の人権を非常に傷つけています。

何故 断言できるのでしょうか?
 
此れまでの漢方薬の現場での
数多くの経験から言える事です。

27才まで 西洋医学
に従事しました。

しかし
西洋医学は どこまで行っても
対症療法でしかない。
壁に突き当りでした。

病は 
臓器の機能低下から発生するもの
臓器を元気にする物が欲しい
臓器が病気を治してくれる

行きついた物が漢方薬でした。
漢方薬を勉強しました。

しかし 理解できない。
肯定したり否定したり。

台湾の先生に指導して頂き
謎が解けました。
教えている先生が 
漢方薬を理解していない
分かっていないために
あやふやな中途半端な言い方 教え方
だから 生徒は理解できない。
例えば
黄色の色を 白と言ったり 赤と言ったリ 
黄色と赤と言った見たり
みたいな ちんぷんかんぷん
肯定したり 否定したり

台湾人の漢方薬の先生に出会えた事が
大きく私の運命を開きました。
北京語の古文体を直訳しての勉強法でした。
日本の書物は一切使用していません。

台湾人の先生は 
日本の書物は 
翻訳 間違いしていると言われていました。
過去形になるのは  
16年前に70才で
亡くなられたからです。

日本の書物は 一つ一つの処方の説明が不十分なのです。
北京語の古文体を直訳する事でストレートに
脳にはいる 分かりやすいのです。

先生には大変 感謝しています。

28歳から61才迄漢方薬に
関わってきました。

此れまで社会復帰された
患者様たち 皆さま 
漢方薬で病んだ臓器を改善する事で
全て 社会復帰されているからです。

東洋医学には
臓器の機能低下により 支配する感情がございます。
●肝臓を傷つけると→異常に怒る 煩わしい。
●心臓を傷つけると→へらへら笑う(悲しい事があっても笑う)
●胃腸・脾臓を傷つけると→憂鬱 マイナス思考 人と話したくない
       一人部屋にこもりたい 人が笑っていても笑えない
●肺臓を傷つけると→異常に悲しむ
●腎臓を傷つけると→異常に恐れる

逆もまた言えます。
●異常に怒り過ぎると→肝臓を傷つける
●異常に笑い過ぎると→心臓を傷つける
●異常に憂鬱考えすぎると→胃腸・脾臓を傷つける
●異常に恐れすぎると→腎臓を傷つける。

※本草綱目の北京語の古文体の翻訳本を
近いうちに出版致します。

現在
本草綱目の書物を
北京語の古文体の直訳本を

韓国の医学博士 李 豊遠博士
韓国の農学博士 全 炳台博士
と私 木室ミヱ子で著作中です。
 日本語版の 書物を近いうちに
出版 致します。

非常に内容が面白く 
毎回
食事をとるのを忘れてしまうほど
面白い本です。
成分を非常に覚えやすい
現在風に 
効果のある病名を書き込みしています。

漢方薬の原本は病の原因を
風の邪 湿の邪 寒の邪の原因と
書き込んでいますが
現在風の病名が記載されていません。


漢方薬を勉強したい方
  ご購入予約承ります。

未だ 本が完成していないため
価格もページ数も確定していません。
執筆中です。
1冊 1000円程で予定しています。
がまだ 確定していません。

 





【関連ブログ】
12月9日に登場して頂きました。
「10年来のデパスが漢方薬1週間で3分の1量に減り飲酒の依存も無しです。」


※木室ミヱ子の症状別改善レポートも合わせてご覧ください※



ohtani_kanpou at 14:46|この記事のURLComments(0)