One Touch Stocker

その日感じたことをただ書き綴る徒然日記

2005年02月

やさしい「HIP・HOP」講座 −チェケラッチョからはじめよう−

What's up? What's up?


♪俺のlyric聴いてくれ!俺のrhymeは最高だ!

 俺のシューズはハイテクだ!

 俺のシューズを履いてくか?




( ゚Д゚) ダッ、ダジャレ!?


というわけで、こんばんは。

やさしい「HIP・HOP」講座 −チェケラッチョからはじめよう−

講師のEAST END×山口のボーカル、山口です。


現在、世の中空前のHIP・HOPブーム!

そんなHIP・HOPをもっと身近に感じてもらうために、HIP・HOPを紹介していきたいと思います。



まず、僕について話しますと、出身は三重県なんですが、育ったのはHIP・HOPです。

まぁ俗にいうところの、「俺は三重県生まれHIP・HOP育ち♪」というわけですね。

なんでも、第一声が、医者を指さして「CHECK IT OUT YO MAN!(チェゲラウトメーン)」だったそうです。

うーん、俺は生まれてきたぞ、チェックしろよ、と。そういう意味でしょう、多分。



そして、2歳のときには、口癖が「Everybody! Say Yeah!(エビバディセイイェー)」だったそうです。周りドン引き・・。



HEY YO「エビバディセイイェー!」山口2歳の頃。



そして、3歳のときには、あの伝説のバブルガムブラザーズを排出したハコで初DJを体験しまして、店の売り上げを2倍にまで引き上げました。




DJ「DJデビュー」山口3歳の頃。



そんなわけDE

現在の僕に至るわけです。



15「4月からフレッシュマン!」山口24歳。




そんな僕が要チェケなCDがコチラ!

「WHAT'S UP HIP★HOP GREATEST HITS!」


このCDは、世界のカリスマ、エミネムはもちろん、全米で人気のヤバイ曲を多数収録したガン盛り上がりマチガイナシ!(ジャケットのコピペ・・)のCDなんです。


例えば、

夏といえばこれ。「トーント、トン、トン、トーン♪」ビルボード3位。(コピペ・・)なシスコ feat.フォクシー・ブラウン

とか

12歳でデビューした"お子様"ラッパーの草分け。なA+

などが収録されてます。


12歳で"お子様"ラッパーなんて言われてもピンと来ない方もいるかもしれませんが、日本で言うところのレモンガス(Click!!)を想像してもらうといいかと思います。


というわけで、長々HIP・HOPとか書いてきましたが、詰まるところ、レモンガスを紹介したかっただけなんですけどね・・。



さて、次回はいよいよこのCDについて解説を行っていきたいと思いますので、まだこのCDを持ってない人は要チェケ!

シカゴ vol.9


なんで石鹸入れが Iくんの買ったエロ本のビニールなんだよっ!


というわけで、こんばんは、山口です。


カナダ旅行のときにモーテルでもらってきた石鹸の入れ物が、Iくんがシカゴでわざわざ年齢証明にパスポート出してまで買ったエロ本のビニールになってました・・。


えー、シカゴ旅行もついに6日目です。

本日の予定は、昨日カナダから帰ってきたばっかりということもあり、結構のんびりしてまして、寮の近くにある科学産業博物館(Museum of Science and Industry)に行って、あとはそのミシガン湖周辺をぶらぶらという感じです。



というわけで、まずは科学産業博物館へ。


チケットを買い、博物館の中へ入ろうとすると、


Iくん「メアリーケイト&アシュレーや!」


見ると、たしかにポスターには

MARY-KATE AND ASHLEY

    FASHION SHOW!!!


の文字が!



メアリー・アンド・アシュリー ポスター



メアリーケイト&アシュレーといえば、みんな大好き「フルハウス」に出演していたミシェル役の女の子で、今や全米の人気者です。




フルハウス 左の女の赤ちゃんがミシェル


もちろん、僕もIくんも「フルハウス」ファンであり、「メアリーケイト&アシュレー」ファンであります。


そして、ファッションショーの開始時間を見ると、本日の午前11時から。

時計を見ると、なんと午前10時50分!


マジで? たまたまシカゴで、たまたまジャストな時間やん!

なんか運命感じちゃわない?

とウザい日本語を発しながら、2人ジャパニーズはドキドキ猛ダッシュ!



しかし、博物館は広い・・。なかなか会場までたどり着けません・・。

ここで、Iくんの英語能力がフルパワーに!


係の人に聞きまくり、なんで、このジャパニーズはこんなに必死なの?Why?という顔をされながら、なんとか時間内に会場にたどり着くことができました。



山口「いやー、なんとか開始前に着いたなぁ」

Iくん「そうやね。こればっかりは見逃せへんからなぁ」











        −10分経過−









山口「いやー、さすが大物やね。10分押しなんて当たり前やなぁ」

Iくん「そりゃそうやろー。なんてったって、メアリーケイト&アシュレーやからなぁ」












      −さらに10分経過−












山口「いやー、さすが大物やね。20分押しなんて当たり前やなぁ」

Iくん「そりゃそうやろー。なんてったって、メアリーケイト&アシュレーやからなぁ」


山口「それにしても、あんまり会場の席埋まってないよなぁ」

Iくん「これはかなりの激レア情報やで!あっ、始まった!」




ファッションショーっぽいカッチョ良い音楽が流れ出しました♪

すると、奥から人影がっ!

よし、シャッターチャンス!


(・∀・)ノ[◎] カシャ!









少女 メアリーケイト&アシュレーの看板と女の子




(・∀・) あれ?




今、メアリーケイト&アシュレーじゃなかったような・・。

また出てきた!



(・∀・)ノ[◎] カシャ!












少女2 メアリーケイト&アシュレーの看板と女の子2






( ゚Д゚) ・・・・。



うーん、他の人も何人か出てるのかな・・?

次こそ!


(・∀・)ノ[◎] カシャ!


























I くん From カナダ






ヽ[゚∀゚]ノ <きょー!俺のお尻にキスしな!







えー、というわけで、メアリーケイト&アシュレーの文字にばっかり目が行ってしまっていた僕達・・。

しかし、よーく見ると・・、



MARY-KATE AND ASHLEY BRAND

    FASHION SHOW!!!





(つД`) BRAND・・。



メアリーケイト&アシュレーが出るファッションショーではなくて、メアリーケイト&アシュレーがやってるブランドのファッションショーでした・・。公式サイトはコチラ


というわけで、本人なんて出てくるわけもなく、前列を埋めている熱狂的なお客は、モデルの女の子の家族・・。

係の人も、なんでこんなに一所懸命聞いてくるんだ?このロリコンジャパニーズがっ!!とか思ってたんだろうなぁ。(トホホ・・)


というわけで、あとはちょちょいと館内を見学し、博物館を後にするのでした・・。








次なるは、博物館からすぐ近くのミシガン湖に面した公園にやってきました。

当日は、ちょうど土曜日ということで、公園には家族連れやランニングをする人、芝生で本を読む人と色んなシカゴリアンの有意義な休日の過ごしかたを垣間見ることができました。

ホントにアメリカらしい広い公園で、芝生に座っていると、シカゴに来てからのドタバタが嘘のようにのどかな気分が味わえました。


Iくん「こうやって芝生に寝転んでると、地球に抱かれてるみたいだね!」

おっIくん、良いこと言うなぁ。

山口「そのままゆっくりしててよ。ちょっと写真撮ってくるから!」



そうなんです。この公園は、前述の通りミシガン湖に面しているんですが、さらにステキなことにミシガン湖越しにシカゴ中心部の摩天楼が見えるんですよ!これは絶好のシャッターチャンス!





ミシガン湖からの眺め ミシガン湖からの眺め



どうですか?かなりステキ写真でしょ?

シカゴ2日目に見てきた摩天楼なんですが、ミシガン湖越しに見るのも、またステキなんですよ。



どれどれ、もっと近くで写真を!




波 ザパン!




ちょっと波が激しくなってきましたね。





波 ザパーン!





うぉ、波がっ!

負けるもんか!






波 ザパーン!




うぉーっ!







北斎 ザパーン!!









というわけで、シカゴで日本を再発見したびしょ濡れ山口なんですが、

ふとIくんに目を向けると、





Iくん 彼は 抱かれています 地球に.


( ゚Д゚) 地球に抱かれてるっ!



っていうか、外から見たら、遭難者なんですが・・。


寝ちゃダメ!寝たら死ぬよー!(パチパチ)←ほっぺたを叩く音





というわけで、博物館を堪能し、シカゴリアンの休日も味わえた僕達は、今日も大満足!
ヽ[゚∀゚]ノ

時間は18時とちょっと早いですが、これまでのハードスケジュールを考えれば、今日はゆっくりと休もうということで、友達のいるシカゴ大学の研究室へと帰ることに。




研究室でのんびりとカナダ旅行の話したり、ブログの更新してたりしましたところ、時間はもう21時前に。


そういやー、晩ゴハンまだ食べてません。

今日は、Iくんと僕だけじゃなくて、もう何ヶ月か前からシカゴにいる友達のYくんがいますので、どっかおいしいお店に連れてってくれるのかなぁ。なんて思ってました。

しかし、なかなか晩ゴハンの話題にならない・・。

意を決して、こちらから話題をふることに、

山口「晩ゴハンどうするの?」

Yくん「あぁ、晩ゴハン?シカゴの中心部に本場のR&Bとジャズが聴けるバーがあるから行ってくれば?俺は行かないけど」


えぇ!? 今からですか?

これは本当に「夜は暗くなったら、出歩かないこと」ってアドバイスしてくれた人のお言葉ですか?

今まで忠告したにも関わらず、23時に帰ってきたり、「W 90th St」まで行っちゃったりした罰ですか?


お前ら、一度シカゴで怖い目に遭って来い!と・・。

つまり、そういうことなんでしょうか?


さすが、自転車に乗ってたら、いきなり黒人6人に追っかけられたり、自転車のタイヤに空気入れてくれって言っただけで、店のオヤジから説教くらったりしてるだけのことはありますね!言葉に重みがあります・・。



というわけで、21時から街に出て行こうなんて、日本に住んでても思わないんですが、危険でいっぱいの夜のシカゴへと放りこまれたのでした・・。


でも、R&Bは聴きに行って良かったです。帰ってきたのは、0時過ぎてたんですが、特に危険な目にも遭わずにすみましたし。

しかし、カメラを忘れたため、そのときの模様を画像でお伝えできないのが残念・・。



まぁ、R&Bはすごくカッコ良かったんですが、僕としてはR&BよりもB&Bが得意ですね。


僕と僕。

1人ぼっちという意味で・・。



えーっと、お後がよろしいようで・・。
  • ライブドアブログ