ブログネタ
競馬予想 に参加中!
2016年10月30日(日)
第154回 天皇賞(秋)(GI) 3歳以上オープン 2,000 (芝) 定量


追い切り重視の予想です。 他にも枠、コース、距離適正、騎手、オッズ等も考慮します。 データは気にしません。 パドック、返し馬も気にしないので、枠が決まれば予想できますが、馬場状態は気にしますので、前日予想が限界です。  

スポンサード リンク





にほんブログ村テーマ 天皇賞・秋(GI)へ
天皇賞・秋(GI)


Bコースに替わっても外差し優勢の土曜だったし、歴史的にも外差しのほうが優勢なので、前めが悪いとは言わないけど、後ろの馬が不利とは思わず予想しました。


天皇賞(秋)2016の1週前追い切りまでの様子はコチラ


ルージュバック
10・27(木) 美浦南W 良 4F51.7-37.1-12.2(馬なり)
毎日王冠勝ちから中2週、日曜に美坂4F56.5-12.6で、最終追い切りはWコースで好時計をマーク。 4ヶ月弱ぶり前走時が日曜Wコース6F83秒台1F13秒台、最終追い切りWコース4F51秒台1F12秒前半、中3週エプソムC時最終追い切りがWコース4F51秒台1F12秒前半だったので、ここ2戦時と五分の時計で、レース間隔を考えれば十分な内容。 動きも前走時よりはやや良く思えたし。
東京2000mなら、このメンバーでも1番強いんじゃないかなと思うので素直に。

ステファノス
10・26(水) 栗東CW 良 6F84.0-67.1-52.0-39.0-11.7(一杯)
毎日王冠5着から中2週、1週前Wコース終い好時計で、最終追い切りもWコースで終い好時計。 約3ヶ月半ぶり前走時は休み明けとしては最高級の調教内容で、態勢は十分整ってたと思うけど、次のほうが良い馬ではあるので。 この中間の内容は同ローテ前年時と比べると、1週前は良く、最終追い切りはほぼ五分ということで良いけれど、前年時は日曜にWコースで好時計を出してるので、今回のほうが良いということはないけど、中2週宝塚記念時よりは良いし、ほぼ文句なし。 宝塚記念以上、前年時に負けてないと思うし、ということは過去最高級だと思う。
前走で決着がついたということはないし、本命にと迷ったのだけど、ルージュバックのほうが強いかなと思うので。 東京2000mはベストと思うけど、去年よりメンバーは強くなってると思うし。

モーリス
10・27(木) 美浦南W 稍重 5F68.9-54.1-38.7-12.8(馬なり)
札幌記念2着以来の2ヶ月半弱ぶり、乗り込み量なかなかで、3週前Wコース軽め、2週前Wコースまずまず、1週前Wコースなかなかで、最終追い切りはWコースでまずまずの時計。 約2ヶ月半ぶり札幌記念時と比べると、量五分、時計は五分、約5ヶ月半ぶりマイルCS時と比べると、量少なく、時計はやや劣り、約2ヶ月ぶり2015年安田記念時と比べると、量五分、時計は劣るということでやや物足りず。 物足りない1番の理由は最終追い切りで、前走時は芝コースで5F62秒台1F11秒台、マイルCS時はWコース4F52秒台1F12秒台、2015年安田記念時は4F52秒台1F12秒台だったので、今回はやや平凡。 前走に劣るとは思わないし、態勢は整ってるとは思うけど、最高のデキという感じはせず。
ぶっちゃけ前走2着は物足りない結果だし、東京2000mがベストということはないと思うし。 ただムーアJが乗れば変なことになることはないと思うし、この馬が先頭に立ってる場面もあると思うけど。

アンビシャス
10・26(水) 栗東坂路 良 4F53.8-39.2-25.2-12.7(一杯)
毎日王冠2着から中2週、坂路でなかなかの最終追い切り。 約3ヶ月半ぶり前走時は、乗り込み量なかなか、時計もなかなかは悪くはなかったけど、量、時計とも最高ではなく、万全とは思わなかったので今回のほうがとは思うけど、今回の最終追い切りも最高という感じではなく。 前走時が栗坂4F52.8-13.3、中4週大阪杯時が栗坂4F52.3-12.6、約4ヶ月ぶり中山記念時が栗坂4F52.7-12.7、同ローテ前年時が栗坂4F52.2-12.5だったので、やっぱり52秒台は見たかった思いは。 中6週ラジニケ賞時は栗坂4F53.4-12.5だったし、若い頃は54秒台とかもあったから悪いとまでは思わないし、前走以下ということもないと思ってるけど。
前走はルージュバックより1kg重いし、それを考えればだけど。 やっぱりベストパートナーはルメールJと思うというのもあるし。

×リアルスティール
10・26(水) 栗東坂路 良 4F53.8-38.4-24.8-12.5(馬なり)
安田記念11着以来の5ヶ月弱ぶり、乗り込み量多く、5週前坂路終い好時計、4週前Wコース好時計、3週前坂路好時計、2週前坂路まずまず、1週前Wコース好時計で、最終追い切りはWコースでなかなかの時計。 2ヶ月半弱ぶり前走時と比べると、量多く、時計は劣り、4ヶ月強ぶり中山記念時と比べると、量多く、時計はやや劣るということで、量多く、好時計もあるけれど、この馬にしたら普通の時計でもあるし、最終追い切りはやや平凡で。 前走の大敗の原因として矢作調教師が強すぎる最終追い切り(栗坂4F50.8-12.0)を挙げていたいたので、意識的に弱くしたと思うけど、中山記念時栗坂4F54.1-11.9みたいにラスト1Fぐらい良い時計が見たかったという思いはあるし、中3週皐月賞時は栗坂4F52.1-12.3を出していたので。 中3週菊花賞時が栗坂4F53.6-12.8だったし、乗り込み量が多いので、中山記念ぐらいの仕上がりには十分あると思うけど、万全とか最高とかはあまり思えず。
前走の大敗も無視するわけにはいかないと思うし。 ただそれ以前の実績からしたら普通に馬券に絡んでもと思うし、M・DJ(ミルコ・デムーロJ)は怖いので。

×サトノクラウン
10・27(木) 美浦南W 良 4F54.6-40.0-13.2(馬なり)
宝塚記念6着以来の4ヶ月強ぶり、乗り込み量なかなかで、3週前Wコース軽め、2週前Wコースまずまず、1週前Wコースなかなかで、最終追い切りはWコースでまずまずの時計。 約2ヶ月ぶり前走時と比べると、量五分、時計も五分、約3ヶ月半ぶり京都記念時と比べると、量五分、時計はやや劣り、約5ヶ月ぶり前年時と比べると、量少なく、時計はやや良いということで、最高ではないし、最終追い切りはもうちょっと良い時計が見たかったけど、宝塚記念時と五分なら悪くはないか。 態勢は整ったとは思う。
3歳春以降はまともに競馬をしてないと思うし、勝った京都記念にしても別に道悪巧者ってわけでもないだろうし、宝塚記念6着も道悪の阪神2200mの15番枠が向かい風だらけだったと思うし。 ダービーではぶっちゃけドゥラメンテより強い競馬をしてると思うし、ここでも好勝負可の力は持ってると思うし、良の東京2000mかつ好枠というのもあるし。 調教が最高だったらというか、普通にステップレースを使ってのほうがいいに決まってるし、ぶっつけ本番で勝てるほど弱いメンバーとは思わないけど。


にほんブログ村 トラコミュ 今週の重賞・メインレースの予想へ
今週の重賞・メインレースの予想


ルージュバック
ステファノス
モーリス
アンビシャス
×リアルスティール
×サトノクラウン


以下の回収率を集計してみます。
単勝、複勝◎○▲
馬連、馬単◎-○▲☆△、○-▲
ワイド◎○▲Box
3連複、3連単◎-○▲☆△-○▲☆△×
実際はこんなに買うお金はないので、馬連か3連複をボチボチとです^^; 場合によっては馬単、ワイド、3連単も買いますが、単複はほとんど買いません。


にほんブログ村テーマ スワンステークス(GII)へ
スワンステークス(GII)
にほんブログ村テーマ スワンステークス(GII)へ
スワンステークス(GII)


サブブログ「追い切り至上主義」絶賛不定期更新中( ´_ゝ`)ノ 新ブログ「馬券術で競馬は勝てる?(仮)」もヨロシク