ブログネタ
競馬予想 に参加中!
2016年11月27日(日)
ジャパン・オータムインターナショナル ロンジン賞 第36回 ジャパンカップ(GI)(国際招待) 3歳以上オープン 2,400 (芝) 定量


追い切り重視の予想です。 他にも枠、コース、距離適正、騎手、オッズ等も考慮します。 データは気にしません。 パドック、返し馬も気にしないので、枠が決まれば予想できますが、馬場状態は気にしますので、前日予想が限界です。  

スポンサード リンク





にほんブログ村テーマ ジャパンカップ(GI)へ
ジャパンカップ(GI)


雨が降ると思ってたのですが、あまり降らない予報に変わっているというか、もしかしたら降らないかもぐらいで。 実際どうなるかわからないですけど、気にしないことにします。
土曜の競馬を見てると、ラチ沿いが良いという馬場ではなく、内から5頭目ぐらいが良さそうで。 ペースは速くならないと思うし、前めのほうがと思いますが、差し馬も来れるレースになるとは思います。


ジャパンカップ2016の1週前追い切りまでの様子はコチラ


ゴールドアクター
11・23(水) 美浦南W 重 6F85.9-69.8-54.7-40.3-12.9(強め)
オールカマー勝ちから以来の約2ヶ月ぶり、乗り込み量多く、4、3週前Wコース軽め、2週前Wコースなかなか、1週前Wコース猛時計!で、最終追い切りはWコースでまずまずの時計。 5ヶ月弱ぶり前走時と比べると、量少なく、時計はやや上、約3ヶ月ぶり日経賞時と比べると、量少なく、時計は上、中6週有馬記念時と比べると、量五分、時計はやや上ということで良いとは思うけど、最終追い切りはこれまでで1番ぐらいに弱い。 中6週有馬記念時がWコース5F69秒台1F12秒台だったのでこれでもいいとは思うし、春天で折り合いを欠いたのでゆっくりにしたのかもだけど、次でMAXにという仕上げのような気も。 それでも十分良いと思うし、ほぼ文句なしだけど。
初対戦の馬が多く、メンバーは強いと思うけど、十分通用する力はあると思うし、先行力があるのはいいし、東京2400mの実績もあるわけだし。 2、3番手からの競馬で、キタサンブラックを目標にすれば、普通に勝ち負けと想像。

リアルスティール
11・23(水) 栗東坂路 重 4F54.1-38.6-24.6-11.9(馬なり)
天皇賞(秋)2着から中3週、2週前まずまず、1週前Wコース好時計で、最終追い切りは坂路で終い好時計。 5ヶ月弱ぶり前走時は態勢は十分は整ってたと思うけど、最高ということはなかったと思う。 この中間は意欲的で、1週前は前走時を上回り、最終追い切りも前走栗坂4F53.8-12.5とほぼ五分ということで上積みはしっかりありそう。 同じ中3週の菊花賞時より良く、皐月賞時とは量多く、1週前Wコース6F80秒台1F11秒台とほぼ五分、最終追い切り栗坂4F52.1-12.3に劣るという内容は良いと思うし。 最終追い切りがやや控えめなのは2ヶ月半弱ぶり安田記念時の敗因のひとつとして最終追い切り栗坂4F50.8-12.0が強すぎたと考えてるらしいので、意識的に弱めにしていると思う。 と言っても十分優秀な時計は文句なしだけど。
ゴールドアクターの大目標は有馬記念という気がややするので、真ん中あたりの枠に入れば本命と思ってたけど、折り合いに不安はある馬で、さすがにこの枠となると道中は中団やや後ろになりそうだし、折り合いを欠いたりでもしたらジ・エンドだし。 ムーアJが乗るわけだし心配はしなくていいのかもだけど。

キタサンブラック
11・23(水) 栗東CW 重 6F85.0-69.1-54.0-39.3-12.0(馬なり)
京都大賞典勝ちから中6週、2週前Wコース好時計、1週前Wコース猛時計!で、最終追い切りはWコースで終い好時計。 中7週宝塚記念時と比べると、量少なく、時計は劣り、中3週春天時と比べると、量五分、時計は上、約2ヶ月ぶり有馬記念時と比べると、量少なく、時計は五分、中4週菊花賞時と比べると、量五分、時計は上ということで、まだ控えめで、大目標は次という気はするけれど、余裕残しだっただろう前走からの上積みは十分だと思うし、悪いということは全然ないので。
ダービーはわりと敗因がハッキリしているので、そこはほぼ気にしてないけど、逃げるだろうということと、ラチ沿いが良い馬場ではないというのもちょっと。 その辺を気にした宝塚記念があの強さだったのであっさりかもだけど。

レインボーライン
11・23(水) 栗東坂路 重 4F59.4-41.3-26.3-12.6(馬なり)
菊花賞2着から中4週、1週前坂路軽め、日曜坂路好時計で、最終追い切りは坂路で軽め。 いつものパターンで、いつもほぼ五分の時計で。 この厩舎の馬は凄く良いと思うことはほぼないのだけど、いつも同じ感じで、これまでと同じぐらいだろうなと思うことが多く、今回もそんな感じで、前走と変わらずぐらいはありそう。
東京2400m替わりがいいとは思わないけど、予想以上の走りをしてるここ2戦だし、今回もその心配をあっさりクリアしてきそうな気がしなくはないので。 春の印象で考えてはいけない気はするし、ここ2戦の結果からは普通に最上位の可能性すらあるし。

×ディーマジェスティ
11・23(水) 美浦南W 重 5F67.8-52.0-37.9-13.0(強め)
菊花賞4着から中4週、2週前Wコースまずまず、1週前Wコースなかなかで、最終追い切りもWコースでなかなかの時計。 中4週前走時と比べると、量五分、時計は劣り、中5週ダービー時と比べると、量少なく、時計はやや上ということで、上積みは感じないけど、3戦目になるし、これでもいいかとは思う。 最終追い切りのラスト1F13.0はややらしくはないけれど、最後は流してた感はあるし。
前走はどう考えてもレインボーラインのほうが強かったので。 東京2400mで巻き返してもと思うけど、展開が向くということはないと思うし。

×ルージュバック
11・24(木) 美浦南W 不良 4F52.2-37.2-12.7(馬なり)
天皇賞(秋)7着から中3週、Wコースでなかなかの最終追い切り。 ここ3戦時とも最終追い切りはWコース4F51秒台1F12秒前半だったので劣る時計ではあるけれど、この日は雪が降る悪コンディションだったし、時計が落ちるのは仕方がないと思うので。 動き自体はここ最近と変わらずと思えたし、上積みはないだろうけど、前走とほぼ変わらずのデキにはあると思う。
1800mで強い競馬をしてきたので距離延長がプラスとは思わないし、モーリスこそいないけど、古馬、3歳のGI馬が加わり、メンバーは強く、去年よりは確実に揃ってるし、そこも簡単ではないと思う。 それでも運が向けば勝ってもぐらいの爆発力はある馬だと思うので。

×ビッシュ
11・23(水) 美浦南W 重 5F68.3-52.2-38.6-12.2(強め)
秋華賞10着から中5週、1週前Wコースまずまずで、最終追い切りはWコースで終い好時計。 中4週前走時と比べると、量五分、時計はやや劣るという内容だけど、春時よりは断然良いし、この馬にしたら十分な内容で、ラスト1Fの時計も好感だし。 秋になって調教をしっかりやれてるのは好感で、体重の心配がなく、体調が良い証拠だと思うけど、そんなに調教はしないで結果を残してきた馬だし、これでも強いぐらいだけど、そこも体重、体調に不安なしと前向きに捉えて。
前走の大敗が気にならないはずはないけれど、オークスではシンハライトと0.1差だし、紫苑Sは強かったし、53kgの恩恵があれば馬券圏チャンスはあってもと思うので。


にほんブログ村 トラコミュ 今週の重賞・メインレースの予想へ
今週の重賞・メインレースの予想


ゴールドアクター
リアルスティール
キタサンブラック
レインボーライン
×ディーマジェスティ
×ルージュバック
×ビッシュ


以下の回収率を集計してみます。
単勝、複勝◎○▲
馬連、馬単◎-○▲☆△、○-▲
ワイド◎○▲Box
3連複、3連単◎-○▲☆△-○▲☆△×
実際はこんなに買うお金はないので、馬連か3連複をボチボチとです^^; 場合によっては馬単、ワイド、3連単も買いますが、単複はほとんど買いません。


にほんブログ村テーマ 京阪杯(GIII)へ
京阪杯(GIII)


サブブログ「追い切り至上主義」絶賛不定期更新中( ´_ゝ`)ノ 新ブログ「馬券術で競馬は勝てる?(仮)」もヨロシク