2018年6月17日(日曜)
サマースプリントシリーズ 第25回 函館スプリントステークス(GⅢ) 3歳以上オープン 1,200 (芝) 別定

出走(予定)馬の追い切りを分析します。 追い切り分析の説明はコチラ

↓Let'sクリック♪ Twitterフォロー&ランキングUpにご協力お願いします(_ _)
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ    
  ナックビーナス
ナックビーナス函館SS18

1週前のWコースの時計は内めを走ったというのはあるけれど超優秀。 2週前の時計も優秀。 これらの時計はここ2戦以上だし、同じ休み明けのキーンランドC時以上。 昔からWコースで好時計を出してるものの、Pコース追いを混じえながらの調教が多かったし、ぶっちゃけ文句なし。 ただ問題は最終追い切りの軽さで、これは過去最低。 2、1週前が強いのでという考え方もできるけど、(過去の北海道初戦を含み)これまでにないパターンなのはたしかで、速い時計が出せない状態の可能性もなくはないし。 ラスト1Fだけでも良い時計が見たかったというのが本音。


  ジューヌエコール
ジューヌエコール函館SS18

同じ休み明けの前年時と比べると量多く時計は劣るという内容。 時計に関してはちょっとづつ劣っているという感じで全然悪いということもないのだけど。 それより気になるのはオーシャンS時好時計を連発させときながらなぜに凡走したのかということ。


  ティーハーフ
ティーハーフ函館SS18

乗り込み量十分、時計はまあまあという内容は休み明け前走時からの上積みを感じなくもない。 ただ勝った3年前と比べると時計は出てないし、やはりまあまあという感想が一番しっくりとくる。


  ラインスピリット
ラインスピリット函館SS18

2、1週前の時計はこの馬らしく何の問題もない。 問題は最終追い切りで、これまではしっかりめの時計を出してくるのがパターンだったので。 ただラスト1Fは良い時計だし、全然ダメということでもないのだけど、好時計のほうがよかったのはたしか。


追い切り注目馬⇒⇒⇒
最終追い切りは物足りないも、1週前までは良いし、量は十分だし、押さえなら。
↑ランキングUpにご協力お願いします(_ _) 説明欄に馬名が記載してあります。 只今50位ぐらいにいます。 


 にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ