こんばんは

どうも店長の酒井です

昔、若い頃、彼女がうつ病になったとテレビで放送をされていた事を覚えています

今回の死因は何だったのか気になりますね

https://deriheruhotel.com/hotel/index/osaka/osakashi-chuo/

こんばんは

どうも

店長の酒井です

参考サイトの紹介となります

良ければ活用を宜しくお願い致します^^

「さ」

「さすがですね」というひとこと。
人は自分の知識や経験を認められると、心地よいと感じるもの、そんな時に使えるのがこの言葉です。

ある程度親しくなったお客様とは、接客中に雑談をすることもあるかもしれません。
そういったときに、お客様が自分の知らない知識を話し始めたら「そうなんですね」や「なるほど」と返すより、「さすがですね」とお客様の承認欲求をくすぐる返答ができるようになりますよ。

「し」

知らなかったです」という言葉も、「さ」と同じようにお客様の教えたい欲求を刺激する言葉。
誰かに、「その人が知らないだろう役立つ知識や経験」を話すというのは気持ちがいいものですよね。
日頃のちょっとした雑学や体験談も「知らなかった!」と、新鮮な反応で聞いてくれる店員のいるお店には頻繁に顔を出したいなと感じるのではないでしょうか。

もうひとつの「し」

「し」には「知りません」という応え方もあります。

たとえば料理について質問された時、その料理について詳しく知らなければ正直に「知りません」と答えましょう。しかし、それで終わってはいけません。
勉強不足で申し訳ありません、すぐに確認いたします」と伝え、すぐにその質問に答えられる人に情報を確認しましょう。

そうすることで、お客様からは知ったかぶりをしない、誠意のある対応ができる店員というイメージを持ってもらえます。

「す」

すてきですね」「すばらしいです」といった褒め言葉を、接客の中に何気なく取り入れてみましょう。あまりおおげさに連呼すると嘘っぽく聞こえ、逆効果になる可能性もあるので注意してください。

たとえば、お召しものがよそいきの装いだった時や、イベントに出席して感動したという話を振られた際に、何気なく口に出てしまったという風に言うことで、信憑性の高い賛辞の言葉として受け取ってもらえるはずです。

褒められて嫌な気分になる人なんていませんよね。

「せ」

水商売における「せ」は「センスがいいですね」という褒め言葉だそうです。

相手の服装、考え方、身につけているものなどに対して「センスがいい」と褒めるのは会話が広がる糸口になるでしょう。「すてきですね」と上手に織り交ぜて使えるといいですね。

飲食業界の「せ」について

それに加えて、飲食業界における「せ」には「せっかくですから」や「ぜひ」といった言葉が存在します。

たとえば、旬のオススメメニューを売り込みたい時などは、ただ「これがオススメメニューなので」と言うよりも、「せっかくですから、この季節の味覚を楽しんでください」などと一言添えるだけで、上から目線を解消しナチュラルに商品を売り込めます。

今しか味わえない!という特別感を出すと、メニューに対する興味をもってもらうことにつながりますよね。

「そ」

接客トークは、お客様が主体となって会話が続いていきます。
お客様の話に対して、上手に相槌を打たなければならない場面も多くなりますが、「はい」や「へー」など単調な相槌が続いてしまうと、興味が無いのでは?と思われてしまうかもしれません。

そんな時に使えるのが、「そうなんですね~」「そうなんですか?」という相槌の言葉。

この言葉を使うと、相手の話を真剣に聞いているというイメージをつけるとともに、「そうなんですか、でしたら●●は…」というように、料理の説明やオススメの話にスライドさせやすくなります。

---------------------------------------!
癒しのオイルマッサージ 
        CLOVER(クローバー)
www.oilclover.com

---------------------------------------! 

↑このページのトップヘ