やや時差ボケがある
でも仕事はいつもどおり
いつもの時間に職場に着くと
自分のデスクの上は書類で山積みになっていた


誰もいないオフィスの中で
山積みになった書類を片っ端から目を通し
修正や加筆
そして印を押す


そろそろゆりが出勤する時間
きりのいいところで仕事を中断し
コーヒーを持って外に出る


「出たよ。」のメールが来たのを確認し
電話する
久しぶりの電話
久しぶりのゆりの声


変わってなかった
よかった


付き合い初めてから
こんなに長い間
声を聞かなかったことはなかった
お互いに不安だった
でもいつも通りの会話
安心した


帰りも電話することができた
いつも通りの会話
「何でそんなに笑う?」
ゆりが言う


私の中では
笑う=楽しい、嬉しい
ゆりはいつも笑いすぎというがそれが日常


ゆりの声を聞いて
ようやく本格的に日常が戻ってきたと実感した


IMG_34981843827835
(画像は本文とは関係がありません)