ゆりの家族旅行も最終日


朝5時からメール
空いている時間を見つけての短いメール
だが、十分なくらいのやりとりができている
気を使ってくれていることがわかる


メールからもだいぶ疲れている様子
車の運転をして…
計画立てて…
洗濯をして…
「一緒だったらそんなに疲れさせないのに」
と一人思ったりもする


少しでも役に立てればと思って
自分が行ったことのある場所だったので
回るコースのアドバイス
道路状況もPCで検索してメールで伝える


「○○に着いた!」
ゆりからメールが届く
「子供達と3人で動いてる。
私は疲れたからひとりで休憩。」
もしかしたらゆりの声が聞けるかも…


「電話できる?。」
そう送るとすぐに返信が
「できるよ。」
メールを見たと同時に電話をかける
時間は限られている


「お疲れ様。
だいぶ疲れているんじゃないの?」
「大丈夫。
昨日まで元気だったんだけど、ちょっと疲れが出てきてるかな。」
久しぶりに聞く声
随分間が空いたような気がする


10分間の短い時間だったが
ゆりと話すことができた
声を聞いたら我慢していた逢いたい気持ちが
溢れ出してくる


「逢いたい…」
これを言うのはもう少し我慢しよう


無事に帰ってきてくれることを祈ってる

IMG_147432417010827
(画像は本文とは関係がありません)