2017年02月24日

初)一鶴(いっかく) @横浜西口店5


「横浜駅」西口より徒歩5分くらい、南幸橋を渡った直ぐ右手のビル6階にある骨付き鳥の専門店 一鶴(いっかく) 横浜西口店です。
 
アレルギー性鼻炎で辛い日々ですが、たまには狭い井戸から抜け横浜方面へ出掛けましょっと。いつもどおり転んでもタダでは起きたくないおさん、まずは第一目的の伊勢佐木町へ行く前に、「四国香川・丸亀市で鳥の骨付モモ肉一筋60年」という老舗店へ。いまのところ関東ではコチラでしか喰らえないということで、何時か来たいと思てたお店ですわ。

土・日曜日のみ(11時00分〜)のランチ営業に寄りました。


歯むほどに旨味が増す「おやどり」、柔らかくジューシーな「ひなどり」という特徴の2種類から選べます骨付鳥、おさんでもひじょうに分かりやすいシンプルメニュー。

他に、ご飯・スープ・サラダ類などのサイドメニューもあります。
さいどめにゅ
 クリックで大きくなります。


ちょっち先に生ビールでクピクピ喉を潤したところに、ガブリと噛みやすいようにカットされ、特注窯で香ばしく焼き上げられた肉々しい骨付きモモ「おやどり」とザク切り「生キャベツ」が登場。


スパイシーに味付けされた骨付鳥は骨部分を紙ナプキンで巻いて豪快にかぶりつき、付け合せの生キャベツは金属製トレーに溢れた鳥の旨味油(肉汁)をすくって食べて下さいと。

あたしにはかなり濃くしょっぱ過ぎるぐらいのスパイシー味、その中和剤のような役割をしてくれましたのが、付け合わせキャベツとビール

総入れ歯の方は絶対無理で、部分入れ歯・差し歯の方々には注意が必要かなと思われるおやどり、レンジで何度も温めなおしたようなゴム肉食感、噛んでも噛んでもしぶとく同じ型を保ち喉につかえそう (+。+)、年寄りには呑み込むタイミングが中々わかりづらかったですわん(^^;




今日の余計な一言 ・・・・
年齢の割りに噛み応えのある肉が好きで寄ったんですが、「おやどり」は予想以上に頑固で硬い歯応えがありました、まさしくある地方の方言で耳にする【すない・しない】でしたわん(゚_。)?、また来れる時がありましたら素直に「ひなどり」でも喰らってみましょと。

さてと、ここから桜木町、関内方面にトボトボと歩いて行きましょと。

横浜家系の総本山と呼ばれてます人気ラーメン店のまえを通り。

日本の“焼き餃子”発祥といわれてます中華料理店のまえを通り。


やっとこさ目的地に到着、伊勢佐木モールに着きましたのでチト休憩

ムチ打ったご老体を気遣い、軽〜くお疲れさま会でもしときしましょと (^-^ゞ


骨付鳥 一鶴 HP) 横浜西口店、西区南幸2丁目15−1 TINOビル6階、
【月〜金】17:00〜23:00、【土・日・祝】11:00〜23:00(L.O.22:30)、無休。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. 投稿者 みやっち   2017年02月25日 18:23
私はここではいつも「ひなどり」を食べてます。
柔らかくてスパイシーで、美味しいですよ。
2. 投稿者 オイです。   2017年03月08日 08:40
みやっち さんこんにちわ。
おやどりに関しては肉を味わうというより、歯ごたえを楽しむという感じでしたですね、つぎに寄らせていただいたときには是非ともわかどりを食べてみたいと思ってます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔