下鴨ブログ

この度、名称を変更しまして、下鴨ブログとさせていただきました。 この下鴨ブログでは、京都府は下鴨神社在住の私が管理人として運営するブログです。下鴨神社近辺のおすすめスポットをご紹介いたします。 また、たまに他のネタも投稿いたします。 よろしくお願いいたします。

気になるニュースを発見しました。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)がファッションに関する調査をしたところ、男性で一番多かった回答は月の洋服代が 「1カ月平均3000円未満」で、「擦り切れるまで着る」だった。 

ネット上ではこの調査に対し、洋服にはカネをかけたくないという意見が大半で、「最近はユニクロすら高いって思うようになった」などと感想を述べる人もいる。 


news_20170623174953-thumb-autox380-115311
 

「擦り切れるまで着る」 

CCCが2017年6月13日に発表した「ファッションに関するアンケート調査」によれば、男性が興味・関心がある1位は「食」で、 「旅行」「車」「健康」「エンタメ」と続き、女性の34.4%が興味があると答えた「洋服・ファッション」は、16.4%しかなかった。 
男性の1カ月あたりの洋服の購入金額で最も多かった回答は「3000円未満」(30.9%)。購入した洋服を手放すまでの期間について男性は、「擦り切れるまで」(30.4%)が最も多かった。
女性の最多回答は「2~3年程度」(28.5%)だった。このアンケートはインターネットを使い、 「Tカード」を利用する18~69歳の男女1600人を対象に17年5月に行った。

私も若い時には、洋服が好きで、少ない給料握りしめて高い洋服を買っておりました。
しかし、最近では、めっきり洋服を買わなくなりましたね。収入は若い時よりも増えたのですが、なかなか、洋服を買うパワーがなくなってしまいました。 
たまに洋服を買い足す位です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

皆さん。こんにちは。こんばんは。今日は、私が購入した気になる書籍を紹介します。
その名も「闇金ウシジマくん」です。
もうこの漫画は映画化にもなっておりとても有名な漫画ですが、私が気になったのはこのテーマです。
そのテーマというのが「フリーエージェントくん」です。
私も、このブログを始めてそこそこ、収入をいただけるようになりました。
私の場合はググりながら、自力で、ここまで何とかやってきました。
このフリーエージェントくんでは、低収入の若者が、 すでに成功している人から学びながら、学んでくのですが、その内容がエグいのです。
私も一歩間違えると、この若者のように食い物にされたのでは、と思ってしまいました。
読んでいない方は、是非一読下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

皆様。こんにちは。今回は、女性の方必見です。

世の中にはいろいろな仕事がありますが、女性が稼げる仕事とは何なのか?高収入なのは、やっぱり特殊な知識やスキルを要する専門職? 転職市場で女性に人気の企業はどこ? そこではどのくらい稼げるの? かなり気になる「稼ぐオンナ」の実態と、彼女たちの特徴に迫ってみました。

高収入を得るには早期計画が必須



 
上記の結果で見れば、男性とあまり変わらないですね。
あとは責任を取りたがらない傾向が職位すなわち収入を下げる要因になってるんですね。

たとえば、病院や証券・銀行、住宅展示場行けば女性が責任者として活躍してますよね。


また、こんな声も。。。

●看護師はいいぞぉ
地方勤務なら求人たくさんある
夏は南の島に勤務して休日はサーフィンし放題
冬は雪国でスキースノボやりたい放題
都会の同じとこでずっと勤務してると無理やり昇進させられる危険性があるけど、生活場所にこだわらなければこんなにいい仕事はない 

●看護師はマジお勧めですよ
普通程度の頭でなれるし仕事は少しキツいけど給料はいい
結婚して子どもが出来てからも働ける
あと結婚相手を見つけやすい
比較的高収入の男の多い職場だし、外でも男の受けがいいからね
仕事がキツめなのはデメリットだけど世の中で女性がこのレベルの給料をもらおうとしたらこんなキツさじゃ済まんからね
社会的評価も高いしなりやすさとかのトータル評価だと今の社会において女性の最高職だと思う。

女性の皆様の何か参考になれば・・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ