男性の皆様
「あ!カワイイ子だな」、「あの子とお喋りしたいけど、話す勇気がないな」
このようなことを思われた男性も多いと思います。
そういう子と知り合うには、やはりナンパしかありません。

そこで、ここでは、一般男性から有料アンケートで募集したナンパ経験談を載せます。
ここで、スムーズなナンパの仕方、やり方、ナンパの方法、また、中年、一人でナンパする方も習ってください。
※以下の記事はすべて、コピペではなくて、当方で一般の方から募集したオリジナル記事です。

オーストラリアに海外旅行に行った時、夜の繁華街でオーストラリアの女性に声をかけまくっていた。日本人ということでまた、英語があまりできなかったこともあり全く相手にされなかった。
 一人で飲みに行こうと歩いていたところ、日本人らしき女性がいました。日本人ですか?と声をかけたらそうです、と返事が。
 日本語が話せから嬉しいと言い飲みに誘いました。二人でビールを飲み、盛り上がりました。
 女性はワーキングホリデーでオーストラリアに来ていて、明日帰国すると言ってたました。
 もうこんなチャンスはないと思い、日本での連絡先を聞きました。すぐに教えてくれたのでいけるかもと思い、彼女のホテルの部屋で飲まないかと提案しました。
 するとすんなりOKをもらい、部屋に行きました。日本に帰国してからは連絡はお互いとっていません。異国の地で同じ日本人ということでそういう関係になったのでしょうね。


■夏祭りに参加しており夜も更け神輿を片付けしているときに二人組の女の子が歩いているのに目がいった。
 酔っていた勢いもありすかさず声を掛け祭りの反省会に誘い一緒に飲むことに。面白可笑しく話題をふり話を弾ませた。
 周りの連中が酔っていたことをいいことに反省会の途中ではあったが花火をする約束をした。
 もちろん2対1です。人目の付かない公園まで3人で手を繋ぎ歩いて行った。歩いている最中の会話は彼氏の存在や好きな人の話題をふり存在を聞き出すことに成功。
 1人は彼氏もち、もう1人は彼氏も好きな人もいないとのこと。彼氏もちのほうは顔もスタイルも良くさらに話安い。もう1人は顔はカワイイがおとなしい子。もちろん彼氏の存在がないほうにアタック。彼氏持ちの子の前で告白してみた結果、その子公認で酔ってない時に告白してくれれば付き合ってくれるとのことでナンパ成功しました。
スポンサードリンク