大石コーチのテニス上達日記

ウッドからカーボンへ、クローズからオープンスタンスへ、トップスピンからエッグボールへ…。テニスの進化とともに歩んできた25年のテニス歴だから、変化への対応力には自信がある。 ナダルみたいにボディーを使ったフルスイングはできないけれど、ナダルを夢見る若者のボールくらいは「まだまだだね!」って受け止めたい。 生涯上達を目指すベテランコーチの日記にはうまくなるためのヒントが満載!

東北沢テニススクール 無料体験レッスン実施中
http://www.seifuu-club.com

ナイスクテニスキャンプ 宿泊付テニス教室
http://www.NAISG.jp

ループ

ストロークのバックスイングからフォワードスイングへの切り替えにかけて、円を描くようにラケットを動かすことをループスイングと言います。

こうすると小さなエリア、少ない力でもスイングを加速させることができるようになります。

その後のフォロースルーまで含めて8の字スイングなどと呼ばれることも多いです。

ループの日本語訳は「輪」や「環」で、ひとつながりで1周する円の縁のことです。

その円の縁を丁寧になぞるようにイメージしてラケットをループさせましょう。

ラケットの軌跡のみならず、そのしなやかさ、重み、加速、タイミングなど、多くの情報を得ることができるのではないでしょうか。

ループの大きさ形は様々で、パワー系の大きなループ、ライジング系の小さなループ、フラット系の高いループ、トップスピン系の低いループなど、個性や状況に応じたスイングがあります。

最近は相手のボールは速く、自分のラケットは軽くて性能がいいので、小さ目なループでも十分いいボールが打てるとは思います。

応用として、多くの方が苦手なサーブ、スマッシュのスイングにループを組み込むことにもチャレンジしてみてください。

こちらもストローク同様、多くの人にとって小さ目のループがいい結果につながるのではないかと想像します。


全豪オープンを見て

今年の全豪オープン、
ほぼ毎日テレビにかじりついてました。

若手からベテランまで
ほんとにじっくり見させてもらいました。
こんなにもプロの試合を観察したのは
10代の頃以来だと思います。

その頃の自分が見ていたのは、
打つ瞬間の「フォーム」のみでしたが、
今は「ボールの動き」と「人の動き」にも
注意を向けることができます。

それによってゲームの流れや今起きている事が
昔よりずっと見えるようになりました。

それらに対処しようとする「心の動き」も
少しは想像できるようになったかなと思います。

この先もテニスを続けていくわけですが、
5年後10年後には一体どのようなものが
どんな風に見えるのでしょうか。

今は想像することしかできない、
選手達の「血流の動き」までもが
手に取るように分かってしまう、
そのような達人でありたいと思いました。


後ろから前

すごく久しぶりの更新です。

サーブでもストロークでもボレーでも、
フラットでもスピンでもスライスでも、
スイングの基本は「後ろから前」なのかなと思います。

「後ろ」とは具体的に言えばテイクバックで、
「前」とはフォロースルー。
どちらも飛距離とコントロールに大きく影響します。

「後ろ」が大き過ぎれば「前」が振り遅れる
「後ろ」が小さ過ぎれば「前」が力む
「後ろ」がガチガチだと「前」が進まない
「後ろ」がグニャグニャだと「前」が制御できない

「後ろから前」に安定したスイング軌道を見つけて行ってください。








記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    プロフィール

    oishitennis

    カテゴリ別アーカイブ
    タグクラウド
    QRコード
    QRコード