・とにかく始めてみる。始めてしまえば、必要な知識やノウハウはおのずと身に付く。

・肩書を3つ持つ。自分が欲しい肩書きを手に入れるにはどうしたらいいか。1万時間を捻出するための計画を具体的に立てる。(1万時間=6時間/日×5年)

・自分にしかできない仕事を考える。他の人ができることは他の人に任せる。

・準備している時間は無駄。見切り発車で始めてみる。後から修正する。(一つ目の・とにかく始めて~に繋がる)

・まずは一つのことにサルのようにハマる。ハマりすぎてアホを飛ばして会社を休んでクビになっても、そのハマっていることを仕事にする。

・飽きる=成長した証

・やらないことを決めることで、進むべき道が現れる。

・教養は身に着けるだけでは意味がない。目の前の仕事に落とし込む意識を持つ。

・知らないことは恥ではない。子どもは「なんで?なんで?」と質問するから成長が早い。質問する癖をつける。

・一度目の前の仕事をする手を止めて、その仕事を半分の時間で終わらせるための一工夫を考える。

・ストレスをかからない仕事の進め方を考えるのも仕事の一部。

・仕事の質は睡眠で決まる。