【J3リーグ】 対盛岡戦は後藤と伊佐の活躍で勝利!!



         1023盛岡結果 


トップの二人、後藤と伊佐が非常に良かっただけではなく、中盤の松本雅也、松本玲、八反田、姫野の4人が素晴らしい視野の広いパスワークで、圧倒的に押しまくり前半で3点をたたき出したことが、今日の勝利につながった。

この結果長野以下は優勝の目が無くなったいってよかろう。 トップの栃木との差は勝点差は10であることから、3勝1分の勝点を10伸ばすとすれば、現状6位にいる長野まで可能性がある。

---
<現在の順位>

1、栃木    52
2、大分    49
3、鹿児島  49
4、富山    44
5、秋田    43
6、長野    42
---


<映像>

**【ハイライト】大分トリニータ×グルージャ盛岡「2016 J3リーグ 第26節」






【J3リーグ】 26節 相手は盛岡です。強いですよ~!

             banner1023[1]



勝利する必要があった先日の長野戦は非常に残念な結果だが負けてしまった。 ここ一番勝利しなければならない場面で悉く負けてしまう、お人よしの大分トリニータがおります。


大分トリニータの癖なのかどうかはわかりませんが、絶対勝利しなければならない時に、いとも簡単に負けてしまう。
何というか「ヘタレ」な癖であります。



さて、この次は盛岡戦ですね。アウエーの試合で1-1の引き分けでした。果たして勝利できるのでしょうか?
盛岡は前節は相模原に5-0で圧勝しました。

ボールをよく回しますね。ハッキリ言って勝つのはかなり難しいと思いますが、前節の負けを取り戻すためにもここは勝利してもらいたいと思います。

<参考映像>

      ▸▸ハイライト 2016/10/16 J3 第25節 盛岡 vs 相模原




相模原を相手に5-0で勝利している盛岡は強いですよ。

攻めに厚みがありますね。



大分トリニータの奮闘に期待しましょう。




【W杯アジア最終予選】 オーストラリア戦は勝てなかったね。




news_200754_1[1]


試合
が終わった後での写真だが、全員ガッカリしている。 

それもさもありなん。 勝つための試合を捨てた内容だっただけに、がっくり来ているのだろう。

はっきり言おう、ハリルの采配が悪い。 何で調子の悪い香川を使うのか? 清武しか頼りにならないのに・・・。
絶好調の原口に何と報告したのか

20161012-01723162-nksports-000-2-view[1]

昨日の試合では各関係者から批判が集中しているが、その数はいつもの時より数倍おおい。


《解説者たちのコメント》

 
▸【ハイライト動画&記事一覧】日本1-1豪州|解説:セルジオ越後・釜本邦成・金田喜稔、香川プレー分析、本田・原口らの豪州戦評 etc.  サッカーダイジェストより



上のコメントにもあるが、不調の香川をなぜ使うのか甚だ疑問である。 少し前のブログでも書いたが、清武を使わなければ負けてしまうと予告したが、同じような形になってしまった。
初めから勝つ気がなかったと思われても仕方がない。 全くの弱虫でしかない状態、だからポゼッションが33%では一方的な試合としか見て取れない。

従って、ハリルの心の底を見た感じがした。 首にしてくださいJFAさん。 もう駄目です、限界です。


選手交代が遅い監督は困った問題です。 ポジション取りが悪いトップ下では話にならない。➡➡香川は動きが悪いだけではなく、トップ下の動きを知らない?


こんなにつまらない悪い試合を見せられたのは困った感じがしますね。







【アジア最終予選】 オーストラリア戦は・・・。 追記あり

イラク戦ではやっとのことで勝利した。


今度のオーストラリア戦はこんな下手なサッカーでは通用しないだろう。


この関係もあって、ライターは色々と言っていますね。



20161008-01632051-gekisaka-000-4-view[1]



まあ、イラク戦の反省からよかった選手とやはりだめな選手を篩分けしておくことが必要でしょう。


トップは岡崎が何を考えてプレーしてたかはわかりませんが、全然物足りなかったですね。 ウイングの右は迫力がなく、動きがぎこちない。左は素晴らしかったと思います。
トップ下の清武は絶対に先発でしょう。 香川が出てきたらわざわざオーストラリアに勝ちをプレゼントするようなものです。
話しはそれますが、背番号を清武に10を付けさせてくれませんかね。 今の10は見劣りしすぎで、相手から馬鹿に見られてしまいますよ。


ボランチは長谷部と山口で決まりでしょうね。


DFサイドは酒井高は決まりですが、もう一人は誰がいいのでしょうか? センターバックは森重と吉田でしょうね。



こうやって予想しながら書いていくと、人材不足が浮かび上がってくる。 トータル的な日本の戦力は落ちているのでしょうね。 そろそろ人の入れ変わりの時期に来ているのかもしれませんね。

そんなことを言ってみても時はどんどん進んでいくので、そんな寝言みたいなことを言っても始まりませんね。


<関連記事>

  1、【オーストラリア人記者の日本評】日本は「倒せる」相手に成り下がった

  2、
ハリルJに生まれた世代交代の可能性。“看板選手”不在の勝利。“脱ベテラン”の呼び水か

  3、清武に求められる“タテとヨコ”の使い分け。ハリルJを宿敵オーストラリア撃破に導けるか



勝利が必要な試合がオーストラリア戦です。


勝利を期待しています。




【追記】  …  スタメン比較

20161011-00019542-sdigestw-000-2-view[1]  20161006-00019393-sdigestw-000-4-view[1]

オーストラリア戦の予想                 イラク戦のスタメン


ちょっとすると、トップ下が香川になるかもしれない。 これだと負けてしまいますね。


◇◇◇【豪州戦|予想布陣&プレビュー】“CF本田”復活か!? 香川&清武の「共存」の可能性も






【W杯アジア最終予選】 イラク戦はやっと勝ったんだよね。

     19410_ext_18_0[1]


スコアーは 2-1 であった。 勝ち越しの1点はアデショナルタイムに入ってからの、跳ね返ったボールを山口蛍の鋭いロングシュートがゴールに突き刺さったものである。

ハリルホジッチ監督も首がつながったことを喜んでいた様子。 しかし、次のオーストラリア戦はこんなにうまくは行かないと思う。 先制点は清武から本田につなぎ、更に清武につないだボールを、ゴール前に侵入した原口にキラーパスを出してヒールでGKの股を抜く得点であった。 素晴らしいパスが連続してつながった結果が、得点に結びついた。
だが失点はいただけない。 セットプレーからの失点である。 オーストラリアはセットプレーがうまいし高さもある。
上手くマークをしっかりとつけて防がねば、大量失点につながってしまう。     

      


どの選手が使えてだれがよくない選手か分かったと思うので、修正してオーストラリア戦を戦ってもらいたい。


livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

 JR東京時計
最新記事(画像付)
livedoor 天気
楽天市場
ギャラリー
  • 【事故】 ブルーインパルス事故機の詳細写真
  • 【事故】 ブルーインパルス事故機の詳細写真
  • 【事故】 ブルーインパルス事故機の詳細写真
  • 【事故】 ブルーインパルス事故機の詳細写真
  • 【事故】 ブルーインパルス事故機の詳細写真
  • 【事故】 ブルーインパルス事故機の詳細写真
  • 【事故】 ブルーインパルス事故機の詳細写真
ブログトピックス
J-CASTニュース
Amazonライブリンク
コニカミノルタ ピンクリボンキャンペーン
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ