2009年02月05日

コメ事業者への立ち入り、拒否なら懲役刑も 農水省検討

 農林水産省は農薬汚染などの「事故米」問題を受け、コメの流通ルートの解明などで事業者が立ち入り検査を拒否した場合に懲役刑を科せるようにするため、食糧法を改正する方針を固めた。現行では30万円以下の罰金のみで懲役刑はない。5日に政府の有識者会議や自民党に改正案を提示。今通常国会に提出し、年内の施行を目指す。

 改正案では罰金の上限を50万円に引き上げ、6カ月以下の懲役刑を新設する。昨秋に発覚した事故米問題では、業者が立ち入り検査に応じなかったことなどから、流通ルートの解明が進まなかった。悪質な事件を防ぐ抑止力として罰則を強化する。

oiuneuy at 14:28│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔