おじゃれ八丈島

八丈島からこんにちは

【ぶらり静岡一人旅】最終日 魅惑の大井川鐵道編

車中泊の朝は早い。
5時半に目覚める。
なんか、起きちゃうのだ。
キャンプ場の朝は早い、と同じ様なことだろう。

IMG_0258


朝ラーにしようかとも思ったけど、道が不案内なので、
そのまま道駅のファミマでサンドイッチとコーヒー買って朝食を済ます。
屋外で飲むコーヒーはなんか美味い。気がする。
ホントは朝ラー食べたかったけど、理由を付けてこっちが正解だと自分を納得させる。

予定を考える。
当日の予定は当日考える。
今日は早くも旅の最終日。13時までにレンタカーを返さねばならない。

タイムリミットまで後7時間。静岡市に戻るには早過ぎるけど浜松までは遠過ぎる。
じゃあ、東か西じゃなくて、北にしちゃおう。
昨日は海を見たから今日は山に行こう。


って事で、大井川を上流へ遡ってみることにした。
473号線から362号線をぐるっと周ってくれば、
時間的にもちょうどお昼くらいに静岡市内に戻ってこれると予測。


IMG_0293


ということで昨日静波海水浴場から北上した473号をさらに北上。
大井川沿いのドライブ。
山あいの広い河川が美しい。
カーブの度に絶景が垣間見える。
山道だったり、開けたり、メリハリがある。
良い。

DS8_8315


途中、大井川線の踏切を渡る時、すぐそこに駅が見えた。
気になったので立ち寄って見る。
これがもうノスタルジックな無人駅。

DS8_8341


IMG_0314


IMG_0312


IMG_0310


DS8_8333


IMG_0316


DS8_8335


手書きの料金表とか、すげえいいなーと思って見てたら、
踏切が鳴り出した。

おおお!走ってる電車を見られるとは思ってなかった!
慌ててカメラを構える!
ちょっと大した写真撮れなかったけど、これは嬉しかった。

DS8_8320


IMG_0306


レンタカーを返すのがあまりギリギリの時間になって慌てるのは嫌だったので、
本当は寸又峡まで行って見たかったけどそれは諦めた。
もうあまり寄り道しないで先に行こう、と思いつつ、もう一駅見たくなったので
大井川鐵道本線終点であり、井川線の始発駅でもある千頭駅に立ち寄る。
駅員もいるしお土産屋もある。
井川線の小さな車両が並んでいてなんとも可愛らしい。
IMG_0327


IMG_0331


DS8_8357


DS8_8359


DS8_8363


DS8_8365


こうなると、井川線も見たくなった。
ということで、362号線を外れ、もうちょっとだけ奥まで行くことにした。
次の駅の川根両国を見事に見落とし、橋を渡るとすぐ横に吊り橋が見えた。
吊り橋の袂に車を止め、歩いてみる。

DS8_8366


DS8_8385


絶景だ。

吊り橋を渡ったところに鉄道車庫が見える。車輛が3台ほどある。
そのうちの1台のエンジンがかかる。
もしや、走るかもしれない。
今か今かと待つこと15分。走った。

IMG_0372


DS8_8377


時刻表を全く確認してないのに、井川線でも動く車輛が見られた。
客車を連結してないやつだけどね。動いてればなんでもいいさ。

IMG_0391


それなりに時間を費やしてしまったので、いよいよ脇目を振らず
レンタカー屋に戻ることにした。

標高が高くなったのか、霧がかかる。と言うか、雲の中なのだろう。
雰囲気が良い。
渓流でフライフィッシング、生活用の吊り橋、山肌の茶畑などちょっと脇目を振る。

DS8_8397


DS8_8399



それでも11時ちょっと過ぎにレンタカーを返すことができた。

あとはお土産を買って帰るだけだ。
来る時はリッチに新幹線を使っちゃったけど、帰りは高速バスにした。
バスのチケット売り場で時間を確認すると、あと10分後に発車。
慌ててそれに乗る。

IMG_0417


お昼のお弁当は買ったけど、とてもお土産を買う余裕はなかった。
妻子ほったらかしの一人旅で、お土産もないんじゃマズイよなー。
一応、前日ですさんと買った静岡おでんのふりかけと、
ワサビ入りのジンジャーエールがある。
無いよりマシかと開き直ったが、高速バスって途中サービスエリアで休憩があるので、
そこでお土産ゲット。

IMG_0454


事故渋滞で40分ほど遅れたけど、無事新宿に到着。
新宿を降りるとクソ暑い。東京のバカ。

IMG_0462


今回の旅の心残りは、まったく富士山が見られなかったこと。
また行こう。富士山を見にまた行こう。

【ぶらり静岡一人旅】2日目午後 右往左往編

レンタカー屋はニコレンをチョイス。
東京でもよく利用している安いレンタカー屋さん。
安さゆえ、カーナビなどはオプションとして付けることになる。
カーナビオプションは1000円かかる。
なので、僕は車は持ってないがカーナビは持っている。
8000円くらいのチープなやつ。
8回レンタカーを利用すると元が取れる。

IMG_0151


IMG_0153


今回の旅は出発当日の仕事前に急遽計画した。
出勤前に慌ててホテルとレンタカーを予約して、
仕事が終わってから行き当たりばったりの新幹線で静岡入りした。
そりゃもう何らかの忘れ物がある。

IMG_0158


ということで、カーナビを忘れてきた。
ネット予約の際、カーナビのチェックも入れていない。
まあ、当日お願いすれば何とかなるだろうと高をくくっていたら、
全て出払って、無いと言う。

初めての土地で、カーナビ無し。
すごく心配だけどどうする事もできない。
それこそ武器なしではいかんともしがたいので、本屋さんでるるぶ的なやつ購入。

そもそも目的地も知識も無かった僕にはガイドブックは有効だった。
一人旅は多少迷うくらいがちょうど良いので、青い看板頼りのドライブの方が快適な気もする。
レンタカー屋を出てから本屋を見つけるまで、どこを走っているのかまったく分からなかったけど、
三保の松原方面へ向かっていた。

IMG_0161


静岡市からの移動は富士山方面へ行くか、浜松方面へ行くかの大きく2択になると思うけど、
割と近くに世界遺産ではないか。

とりあえず三保の松原を見ながら考える事にした。

DS8_8271


IMG_0181


DS8_8278


DS8_8299


IMG_0190


IMG_0205



曇っている。
富士山は見えない。
富士山の見えない三保の松原は、海岸に松が沢山ある風景だなーって感想。
旬だし、観光客は次々来るので、お土産屋さんは元気いっぱいだった。

富士山方面ではなく、浜松方面へ行くことにした。
海岸沿いを走りたくなったから。

150号線を西へ走る。
海岸にこだわらず、1号線を使えばよもや浜松まで行けたかもしれないが、
静波海水浴場という所で17時を過ぎた。

IMG_0212


浜松どころか御前崎にも行けてない。
そして今夜の宿を決めていない。
いや、宿は実はもう借りている。
レンタカーが移動手段兼宿泊施設なのだ。
いわゆる車中泊。
じゃあどこでもいいじゃん、って事なんだけど、
できればトイレが近くにあって、安心して車を止めていられる駐車場が良い。
つまり、道の駅が良い。
海水浴場で海を背にるるぶ的なやつとにらめっこ。
ところで、るるぶでは無くて『まっぷる』だった。まあ、どっちでもいい。
後ろでは若者たちが波と戯れキャアキャア言ってるではないの。
海パン持ってくれば良かった。
泳ぎたかった。
けど、それよりも道の駅探し。

IMG_0224


規模の大きそうな道の駅が掛川にある。
473号線から1号線に入り、18時過ぎに到着。
道の駅のカレーを食べたけど、寝るにはまだ時間が早い。
そうだ温泉はないのかと調べてみると、
ヤマハリゾートつま恋の森林乃湯というのが結構近い。

IMG_0226


つま恋

吉田拓郎と中島みゆきが共演した、
あの、つま恋なのか。
行こう。

IMG_0228


IMG_0230


電話をしてみると温泉だけの利用も可能とのこと。
夜道を多少迷いながら行ってみると、すげえいい風呂だった。

温泉でも長湯をしない僕だけど、2時間近くも過ごした。
風呂から見える池を挟んだ向こうの森に木々に、富士山の四季の移り変わりの様子が
レーザーやライトでプロジェクションマッピング的に映し出されている。

すごく美しくて見てて飽きない。
お湯も熱過ぎず何時迄も入っていられる。
ベンチで寝転んだ夜風も心地良い。
温泉って、一人旅の気楽さを満喫できる。

IMG_0238


IMG_0240


22時くらいに道の駅に戻ってきて、iPadで音楽を聞きながら就寝。車中泊。
久々の半野宿。

IMG_0249

【ぶらり静岡一人旅】2日目午前中 静岡カルチャー満喫編

朝の5時に目覚める。
早い。
旅先での目覚めにしては異常に早い。
実は人と6時に待ち合わせをした。

今回の旅は、なにゆえ静岡が目的地かと言うと、
ネットでお知り合いになった「ですさん」と一度お会いしてみたいと言うのが最大の理由と言っても良い。
本来、一人旅はツレがいない方が望ましい。一人旅ではなくなってしまうからだ。
しかし、出会いは別である。出会いは旅の醍醐味と言っても良い。

待ち合わせにしてはなお異常な早さだが、朝ラーメンいわゆる「朝ラー」を食べに行くお約束なので、
朝6時の待ち合わせになった。待ち合わせというか、ホテルまで迎えにきて頂いた。
ホントありがたいっす!感謝!

早朝にチェックアウトして、時間通り迎えにきていただいたですさんの車に乗る。
朝6時に「始めまして」である。
やはりだ。イカすお方だ。お洒落だ。僕のお洒落基準は帽子を被っているか否かなので、
帽子を被っているですさんはお洒落だ。
そして迎えに来ていただいた車は、僕の選択肢には無い車種。
車内に揺れるキューピーがあったりして趣味の良さが尋常ではない。
前日の急なご連絡でも快くご案内くださる優しさも半端ない。



で、朝ラーである。何を隠そう、「朝ラー」は静岡のカルチャーだった。ビックリした。
僕はてっきりですさんの趣味かと思っていたが、静岡には朝ラー文化があった。
朝からラーメン屋に行列ができている。
志太系と言う物になると、温かいのと冷たいのを2杯食う。
器は小さめなんだけど、朝からラーメンを2杯食うって。
中には、朝3時半から開店する店もあるという。もはや早朝とも言い難い。タダの夜中じゃないか。
そして6時には売切れてしまうと言うのだから、まったく意味が分からない。
普通の暮らしをしている人には、「あの店が開いているところを見たことが無い」状態必須。


IMG_0039


とりあえず1軒目は「ちっきん」さん。
う、う、う、美味い!
煮干特濃ですっごい美味い!
煮干系好きの僕にはたまらん1杯!
決して広いとはいえないお店に次々とお客さんが来る。

IMG_0040


IMG_0043


ほんの時々小雨が降る空模様の下、蓬莱橋というところへ連れてきていただく。
大井川に架かるえらく長い木造の橋。

IMG_0044


橋の幅はそれなりにあるものの、手摺りが膝下程度で、つまり手摺りとは言い難い。
結構、怖い。

IMG_0053


『世界一長い木造歩道橋』としてギネス記録にもなっている。
897mのギネス制覇。


IMG_0050


IMG_0059


IMG_0063


IMG_0067


そして2件目のラーメン屋、『マルナカ』さん。
看板がね、無いのね。
店名がさ、お知らせの張り紙にしかないので傍から見ると謎の行列。

IMG_0068


IMG_0069



こちらは志太系ラーメンと呼ばれるもので、温冷の2杯を食べるのが慣わしらしい。
もちろん1杯でも良い。僕らは冷やしラーメン1杯だけにした。
と言っても、朝から2杯目のラーメン。
おじさん2人で早朝6時に待ち合わせをして、朝からラーメンを食べに行くと言う、
健全なようで不健康な謎の行動。静岡カルチャー。

IMG_0078


IMG_0079


IMG_0080


替え玉ではなく2杯出てくるんだよね。
通常、暖かいやつ先に食べて、冷たいのが2杯目らしいけど、
中には冷たいの先って言う人もいたりする。
大盛りも存在するんだけど、温温の2杯を食べる人もいるらしい。
もしかしたら、「大盛り並み盛りの温温」とか言う人もいるかもしれない。
なんでも体験してみなきゃ分かんないけど、
このレベルのものは、フラッと来た観光客には分からんよな。
観光では味わえない静岡カルチャーを体験させていただいて感謝と感動です。ホントに。


海を見に行こうって事で、大崩海岸をドライブ。
海岸と言っても断崖系。
確かに海の岸だけど、いわゆる海岸のイメージを持っていると、コレジャナイ感が漂うかもしれない。

曇ってなければ、左カーブの正面に富士山が見えるらしい。
右手に太平洋、九十九折の山道。
この景色は、底土を眼下に見る八丈島の登龍峠を思い出させる。

生シラス丼を食べた事が無い、という話をしたところ、
漁協直営の港にあるお店に連れて行っていただく。
開店は11時。

微妙に時間があるので海の公園で時間つぶし。
この公園の遊具はなかなか楽しそう。ぜひ子供たちをつれてきてやりたい。


IMG_0087


IMG_0097


IMG_0099



漁港で順番待ちをして、11時。
お昼には少し早い、というか、朝からラーメン2杯食ってるんですけど。
そんなことどこ吹く風で、生シラス丼は美味かった!
ついに積年の想いが実り、生シラスデビューを果たした。
ビバ静岡!

IMG_0138


IMG_0139


IMG_0131


IMG_0140


静岡2日目の僕の予定は、13時にレンタカーを借りる計画。
微妙に時間があるので、わさび屋系のお土産屋さんで怪しげなジュースを買ったりする。

IMG_0141


IMG_0143


IMG_0144


IMG_0146




駅まで送っていただいて、ですさんとお別れ。
すごく楽しかったです!
感謝感謝感謝!


【ぶらり静岡一人旅】初日衝動的出発編

2013/7/19
僕は旅に出た。

IMG_0012



金曜日の仕事終了後、研修をドタキャンして新幹線こだまに乗る。
新潟出身の僕は新幹線と言えば上越新幹線で、MaxトキかMaxたにがわ。
二階建ての太い車両に見慣れているので、こだまの1階建ての車両は速そうに思える。
と同時に、こんな細くて折れやしないかと心配にもなる。
幸い、折れなかった。運がいい。


IMG_0015


IMG_0016


目的地は静岡。
静岡風に言うと、「しぞーか」。
たぶん。お土産屋とかに書いてあったから。「しぞーか」って。

富士山が世界遺産に登録された直後だが、目的は登山ではなく観光旅。


IMG_0020




明日から娘たちは夏休み。
妻が子供たちを連れ実家に行くと言う。
お、おお!? 俺自由じゃね?
じゃあ、旅じゃね?
と言う展開。



IMG_0019



初めての静岡駅を降りると、駅ビルはパルコではなく、パルシェ。
なんだそれ。初耳。静岡なまりと言うわけではなく、ちょっと離れたところにパルコもある。
なんか地方っぽくて良い。こういうのが良い。

さて、この初耳のパルシェの屋上が光り輝き、「ビアガーデン」の垂れ幕がある。おやおや。
研修をすっぽかした分、思ったより早めに到着したので
ホテルのチェックイン前に寄り道をしようとしたけど、
さすが金曜日の夜、それなりの順番待ち。


IMG_0025



そもそも一人飲みの似合わない賑やかな場所で、順番待ちまでしたくない。
順番を待ってボッチ感を味わいたくない。
ボッチは場末の居酒屋が似合う。


IMG_0026


IMG_0027



そそくさとホテルにチェックイン。
するとこのホテル、ウェルカムドリンクサービスなるものがあり、
ビールを1杯ただで飲ませてくれるとな。
ありがたい。早速シャワーだけ浴びて、ラウンジへ行く。


IMG_0031



改めて説明を聴くと、サービスは1時間とのこと。
ん?と思いつつラウンジを見るとウィスキー、焼酎、紹興酒と様々な酒瓶が列んでいるではないか。
ビールは1杯だけだが、他の酒は1時間飲み放題の神待遇。
さらに、静岡おでんも食べ放題ときてるからもう訳分からん。
これで、じゃらんからの予約で4300円なんだから静岡すげえ。
ビアガーデン行かなくて良かった。
ラウンジボッチで良かった。


IMG_0034



1時間しっかり飲み食いして部屋に戻る。
猫の恩返しのクライマックスだけ観て、寝た。
明日の朝は早いんだ。

なつですなー。

久々にブログUPしてみたりして。
と言っても、ただのテストだったりする。。。


P1000438


先日実家に帰省した時に見た蝉の羽化。
すばらしかった。
PR
カウント




プロフィール
月別
コメント
八丈島動画

【八丈島1周(時計回り)】


【八丈島1周(反時計回り)】


【おっちょで飛び込み】
LINK達
PHOTO LIBRARY
QRコード
QRコード
ランキング的なもの
  • ライブドアブログ