あおふく

デジャブとはすでに体験したことのように感じることであって既視感と言う。この形状、このネーミング、多くの日本人はこれを知っている。既視感か?

伊勢かどこかに●かふくと発音する『赤●』なる餅の和菓子があるが、これをもって『あおふく』をデジャブとは言わない。見たことがあるように感じているのではなく見たことがあるのだ。類似の商品である。

なんとも愉快ではないか。八丈島といえばアシタバなわけだから、あおいものが出来て『あおふく』。ダジャレた商品だが味はホンモノだからまいる。ほんのり苦味のある大人の味はオリジナル以上と言っても過言ではない。

これはホントに美味い。ぜひ大勢の方に食していただきたいところであるが、生ものであるため日持ちがしない。八丈島で食べるしか術がない。お土産に向かないのがおしい。

このユーモア、この美味しさ。八丈島にアド街がきたら薬丸印の新名物は『あおふく』か『きょんまんが』のどちらかだろう。